夏が旬の食材

結論ですが、

夏が旬の食材を「果物」「魚介類」「野菜」などに分けて紹介します。

この記事は「健康のために食事を考えたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「夏が旬の食材」がついてわかります。

健康のためにどのような食材を選べばいいですか?

このような疑問にお答えします。

結論をいうと、「旬」の食材を選ぶといいでしょう。

「旬」(しゅん)とは、ある食材が他の時期よりも新鮮に食べられる時期のことをいいます。

日本には四季があります。季節ごとに食べごろを迎える食材があり、それを「旬の食材」「旬のもの」などと言われます。

旬の食材には「栄養価が高い」「味が濃くて美味しさが増す」「必要な成分を補える」「価格が安い」「季節を楽しめる」などのメリットがあります。

では、夏が旬の食材って何ですか?

ということで、今回は「夏が旬の食材」について紹介していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

夏が旬の果物

スイカ

夏の風物詩となっている通り「スイカ」の旬は夏です。

スイカは、そのほとんどが「水分」です。しかし、トマトに含まれる「リコピン」がスイカにも含まれており、シミ・シワ予防になり美容効果も期待できます。
「マンノシダーゼ」という糖質分解酵素もあるため、ダイエット効果につながります。
また、「カリウム」や「シトルリン」が含まれており、むくみ改善効果も期待できます。

さくらんぼ

「さくらんぼ」は、膀胱炎や尿道炎などの泌尿器疾患に効果があることが知られ、古く「生薬」として使用されていました。

「さくらんぼ」は、栄養バランスが良く、糖質・ビタミンA・B・C、葉酸・リン・カリウム・鉄分などが含まれており、利尿作用がありむくみ改善効果、消炎作用、食欲不振、疲労回復効果などが期待できます。

マンゴー

「マンゴー」は、世界三大美果(マンゴスチン・チェリモヤ)の一つであり、その味わいは世界で愛されています。

「マンゴー」には、糖質・ベータカロテン・ビタミンB2・C・E、食物繊維・葉酸・カリウムなどが含まれています。カリウムによる利尿作用でむくみ改善効果、ビタミンによる抗酸化作用で美肌効果、疲労回復効果などが期待できます。

パイナップル

「パイナップル」は、しっかりとした甘み・酸味、たっぷりの果汁や特有の香りが魅力的な果物です。原産地はブラジルです。

「パイナップル」には、鉄分・マグネシウム・カリウムなどのミネラル、糖質、ビタミンB1・C・食物繊維などが含まれています。
とくに夏の暑い時期に汗で失われるミネラル分を補給することができますし、カリウムによる利尿作用でむくみ改善効果、ビタミンによる抗酸化作用で美肌効果、疲労回復効果、食物繊維による便通改善などの効果が期待できます。

ブルーベリー

「ブルーベリー」は、視力が良くなる果物として有名かと思います。

「ブルーベリー」には、ビタミンA・C・E、ミネラル、食物繊維、アントシアニンなどが含まれています。
とくに、「ビタミンA」が粘膜保護に役立っており、「アントシアニン」が視力回復効果があるのではないかと言われています。

ビタミンによる抗酸化作用で美肌効果、疲労回復効果、食物繊維による便通改善などの効果が期待できます。

「ブルーベリー」は、そのまま食べても美味しいですが、ジャムなども良いです。

夏が旬の魚介類

カレイ

「カレイ」は、一般的には夏が旬で、冬には「子持ちカレイ」も出回ります。

主な栄養は、体の材料となる「タンパク質」が豊富に含まれております。また、ビタミンD・E、タウリン・パントテン酸など栄養素もあります。

カレイは、「煮つけ」が代表的ですが、「刺身」や「唐揚げ」にしてもおいしく頂くことができます。

あじ

「あじ」は温暖性で群れをなす沿岸回遊魚です。「あじ」は、じつに多くの種類がありますが、多く出回っているものは「まあじ」は夏が旬です。

主な栄養は、体の材料となる「タンパク質」が豊富に含まれている他、DHA・EPAなどの不飽和脂肪酸、カルシウム・ビタミンB群が豊富に含まれています。

あじは、「切り身」はもちろん、「刺身」や「干物」などもオススメです。

クルマエビ

「クルマエビ」は、北海道南部より南の海域でみられ、波が穏やかな内湾や汽水域の砂泥底に生息しています。「8月から12月」にかけてが旬です。

主な栄養は、体の材料となる「タンパク質」が豊富に含まれております。炭水化物は含まれていないです。また、ビタミン・ミネラルでは、セレンDとビタミンB12の成分が多いです。

クルマエビは、「すし」「天ぷら」「吸い物」「刺身」などで食べられる高級食材です。

ほたて

「ほたて」は、殻が大きな二枚貝であり、ふくらみが強い殻(右)と弱い殻(左)とが合わさっていますが、左右で殻の色や形が違います。貝柱が大きくなる夏の時期が旬で、生殖巣が発達した冬の時期も美味しいです。

主な栄養は、体の材料となる「タンパク質」や「脂質」が豊富に含まれております。また、カルシウム・ビタミン、糖質、鉄分・リン・ミネラル分を豊富に含まれています。

ほたては、生で「刺身」として食べてもいいですし、バター醤油で焼いたりしても美味しいです。

岩ガキ

「岩ガキ」は、時間をかけて成長するため、殻と実が非常に大きく育ちます。
岩ガキの旬は6月から9月頃までです。

主な栄養は、ビタミンB1・B2・B12などのビタミン類、亜鉛・鉄などのミネラル、アミノ酸・タウリン・グリコーゲンなどが豊富に含まれています。

岩ガキは、新鮮なものであれば「生」で食べたり、「網焼き」「カキフライ」「鍋物」「カキ飯」にしても美味しいです。

夏が旬の野菜

レタス

「レタス」は、本来は冬ですが、夏は高原レタスが出回ります。

主な栄養は、ベータカロテン・ビタミンK・葉酸などです。

旬のレタスは、シャキシャキっとした食感があり、そのままおいしく頂くことができます。

トマト

「トマト」は、ミニトマト・中玉トマト・大玉トマト・フルーツトマトなど様々な品種があります。
なお、「フルーツトマト」は、ゆっくり育つ冬から春にかけて多く出荷されます。

主な栄養は、赤い色のリコピン・ビタミンC・カリウム・クエン酸などです。

ヘタが新鮮で、皮にハリがあり、ずっしりと重いものを選びましょう。
旬のトマトは、そのままおいしく頂くことができます。

きゅうり

「きゅうり」は、「白いぼきゅうり」と「黒いぼきゅうり」があり、日本では「白いぼきゅう」が多く栽培されています。

成分の95%が水分であり、カリウムが豊富に含まれています。脱水予防やむくみに効果があります。

太さが均一で、持ってみてずっしりと重みがあり、色つやが良いものを選びましょう。
きゅうりは、サラダや酢の物・漬け物など生でおいしく頂くことができます。

とうもろこし

「とうもろこし」は、コロンブスがヨーロッパに持ち帰り、世界各地で栽培されるようになりました。日本では、明治時代の北海道開拓を機に本格的な栽培がはじまりました。

カロリーが高く糖質が主成分のためエネルギー補給源となります。
また、ビタミンB群・ビタミンE・ナイアシン・葉酸・食物繊維などが豊富に含まれています。

実が先まで詰まっていて、ふっくらとツヤがあるものを選びましょう。
とうもろこしは、ゆっくりと茹でる、電子レンジで加熱などして、おいしく頂くことができます。

オクラ

「オクラ」は、古代よりエジプトで栽培されていたようで、実は「Okra(オクラ)」は英語名なのです。日本では、明治時代に入ってきて、沖縄・鹿児島など一部地域で栽培されていたようですが、昭和50年代から一般市場に普及するようになりました。

オクラは、ねばねば成分である「ムチン」「ペクチン」などの水溶性食物繊維が含まれています。また、カロテン・ビタミンB群・葉酸・カリウム・マグネシウムなども豊富に含まれています。

鮮やかな緑で、うぶ毛が多いものが新鮮です。
オクラは、うぶ毛は塩をまぶしてこすり取り、ガクの黒い部分は面取りするようにむきましょう。沸騰したお湯に入れて、硬めに茹でて食べるようにしましょう。

まとめ

今回は、「夏が旬の食材」について説明しました。

みなさんにとって「健康」というものがとても大切だと思います。
そして、「健康」のためには「食」というものがとても大切です。

食事によって摂取されたものによって、われわれの体が出来上がるのです。
「医食同源」という言葉がある通り、「食」というものはとても重要です。

さまざまなメリットのある「旬の食材」を取り入れるようにしましょう。

この記事をきっかけに、みなさんの普段の食事を見直して頂ければ幸いです。

この記事によって、「夏が旬の食材」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送れることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。