妊娠していますが生肉を食べてしまいました!【妊娠中に注意すべき食べ物】

妊娠中の生活

結論ですが

妊娠中には注意すべき食べものがあります。

この記事は「妊娠中の女性」に向けて書いています。
この記事を読むことで「妊娠中に注意すべき食べもの」がわかります。

妊娠中は少しでも赤ちゃんが良い環境で育つために、食べものや飲みものなど様々な制限があり、ストレスがたまりやすいかと思います。

じつは妊娠中には注意すべき食べものがいくつか知られています。

とくに「食べものから感染症を引き起こされるもの」や、「食べものに含まれている成分」がお腹の赤ちゃんに影響を与える可能性のものなどがあります。

今回は「妊娠中に注意すべき食べもの」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • 妊娠中は「リステリア」「トキソプラズマ」「サルモネラ」など食事からの感染症に注意が必要です。
  • 「レバー」「ピーナッツ」「ひじき」「一部の魚介類」などの食材に含まれている成分に注意が必要です。
  • 他にも「アルコール」「カフェイン」「喫煙」など嗜好品にも注意が必要です。

感染症に注意が必要な食べもの

リステリア

リステリア菌は食中毒をひきおこす菌です。
健康な人では感染しても病気を引き起こすことは少ないですが、妊娠している人は健康な人の約20倍リステリア菌に感染しやすいといわれています。
感染した場合、「流産」「早産」「死産」につながったり、赤ちゃんに「髄膜炎」「敗血症」などの命に関わる感染症を引き起こす可能性があります。

注意が必要な食材
ナチュラルチーズ(加熱殺菌されていないもの)、肉や魚のパテ、生ハム・スモークサーモンなど

トキソプラズマ

動物に多くみられる原虫で、成人の2-3割が感染しているといわれております。
健康な人が感染しても病気を引き起こすことは少ないですが、妊娠している人が初めて感染すると赤ちゃんに「先天トキソプラズマ症候群」が生じる可能性があります。「先天トキソプラズマ症候群」は視力障害・脳障害・精神運動障害などが引き起こされます。

注意が必要な食材
馬刺し・牛刺し・レバ刺しなど十分な加熱されていない肉、加熱されていないミルクなど

また、トキソプラズマは「猫の糞」に含まれていることがあり、猫との接触に注意が必要です。

サルモネラ菌

サルモネラは食中毒を引き起こす菌で、妊娠中でなくても注意が必要です。
激しい下痢による脱水や、子宮収縮につながる可能性があり注意が必要です。

注意が必要な食材
生卵、加熱が不十分な肉など

注意すべき食材

レバー

レバーは、先ほど説明した「トキソプラズマ」感染の原因となる食材です。
また、レバーは「ビタミンA」が豊富にふくまれており、ビタミンAの過剰摂取につながります。ビタミンAの過剰摂取によって先天疾患のリスクが上がります。

ピーナッツ

妊娠中のピーナッツの摂取によって、産まれてくる赤ちゃんのアレルギーに影響する可能性が報告されています。ただし、完全に結論は出ていないので、控えられるのであれば控えた方がいい食材だと思います。
また、ピーナッツは栄養価が高く、食べすぎるとカロリーを多く摂取してしまう可能性があり注意が必要です。

ひじき

ひじきにはごく微量ですが、発がんリスクのある「ヒ素」が含まれています。「毎日4.7g(乾燥時)以上の大量のひじきを継続的に摂取しない限り実際の影響はない」と厚生労働省は発表しています。

一部の魚介類

マグロ・サケなどの魚の体内には水銀が残留しているものがあり、食べると水銀も体内に取り込まれることになります。妊娠中に水銀が大量に摂取されると、お腹の赤ちゃんの発達などに影響をあたえる可能性があります。

嗜好品など

アルコール

妊娠中のアルコール摂取によって、「流産」や「死産」につながる可能性があったり、「胎児性アルコール症候群」(FAS:Fatal Alchohol Syndrome)とよばれる先天異常などが生じる可能性があります。
安全なアルコール摂取量は判明していないため、妊娠中は基本的にはアルコール摂取を控えましょう。

カフェイン

妊娠中のカフェイン摂取によって「流産」や「低出生体重児」(生まれる赤ちゃんの体重が軽くなること)リスクがあがります。賛否両論ありますが、ほかにも「胎児形態異常」(赤ちゃんの形の異常)「早産」「新生児死亡率」があげられます。
妊娠中の安全なカフェイン摂取量はわかっていないですが、妊婦のカフェイン摂取量は「1日あたり200-300mg以下」が目安となります。

喫煙

妊娠中の喫煙によって「母親自身」だけでなく「赤ちゃん」「まわりの人々」にも健康上の影響をもたらします。とくに「赤ちゃん」への喫煙の影響は将来にわたりますので、禁煙をしましょう。

まとめ

妊娠中は「リステリア」「トキソプラズマ」「サルモネラ」など食事からの感染に注意が必要です。

「レバー」「ピーナッツ」「ひじき」「一部の魚介類」などの食材に含まれている成分に注意が必要です。

「アルコール」「カフェイン」「喫煙」など嗜好品にも注意が必要です。

妊娠中は少しでも赤ちゃんが良い環境で育つために、食べものや飲みものなど様々な制限があり、とてもストレスがたまりやすいかと思います。

一人だとなにかと大変だと思いますので、パートナーふくめ周りも巻き込み、お互い協力して、「食べもの」に対して取り組んでいきましょう。

母子ともに健やかに妊娠期間をおくれることを願っています。