産後おしっこが我慢できなくなりました【産後の尿漏れ】

産後の悩み

結論ですが

産後の尿漏れを改善するために骨盤底筋体操をおこないましょう。

この記事は「産後の女性」向けに書いています。
この記事を読むことで「産後の尿漏れ」についてわかります。

  • くしゃみや咳をしたときに…
  • 大好きなスポーツを楽しんでいたときに…
  • こどもを抱きかかえたときに…

「尿漏れ」をしてしまった経験ありませんか?
とくにお産後から「尿漏れ」を経験するひとが意外とおおいです。
多くは自然に治っていくことが多いですが、ずっと続いてしまうひともいます。
尿漏れはデリケートな問題であり、なかなか人には相談しにくいかと思います。

今回は「産後の尿漏れ」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • 産後の尿漏れは、妊娠・出産による「骨盤底筋」へのダメージが原因です。
  • 産後の尿漏れを改善するために「骨盤底筋体操」をおこないましょう。
  • 「骨盤底筋」がうまく機能しなくなると、「尿漏れ」以外にもさまざまな症状につながります。

なぜ産後の尿漏れがおこるのですか?

結論ですが、妊娠・出産による「骨盤底筋」へのダメージが原因で産後の尿漏れとなってしまいます。

二足歩行の人間は、「膀胱」「子宮」「腸」などの臓器がさがってこないように「骨盤底筋」や「靱帯」などによって骨盤の底の部分が支えられています。
妊娠すると、徐々にお腹の赤ちゃんが大きくなって、羊水量も増えて、子宮が重たくなっていきます。すると、「骨盤底筋」に荷重がかかり、過度に伸ばされてしまいます。
また、経腟分娩でのお産では、赤ちゃんが産道を通過するときに「骨盤底筋」にダメージが加わることになります。
すると、「骨盤底筋」がうまく機能しなくなってしまい、「膀胱」「子宮」「腸」などの臓器が下がってしまったり、排尿を我慢できなくなってしまい「産後の尿漏れ」につながります。

産後の尿漏れにはどうすればいいですか?

結論ですが、産後の尿漏れを改善するために「骨盤底筋体操」をおこないましょう。

産後の尿漏れは、妊娠・出産による「骨盤底筋」へのダメージのため機能しなくなっていることが原因です。産後自然に改善してくることが多いですが、「骨盤底筋」の機能を回復することが産後尿漏れの改善につながります。
「骨盤底筋」は他の筋肉とおなじようにトレーニングによって鍛えることができ、「骨盤底筋体操」が有効です。
「骨盤底筋体操」は自分で簡単にできるものもありますが、はじめは指導を受けてから行うのが良いでしょう。一般的に理学療法士など医療従事者が指導しますが、産婦人科を受診すればパンフレットをもらったり指導を受けられる所があります。

「骨盤底筋」によってこんな症状もおこります

「骨盤底筋」がうまく機能しなくなると、尿漏れ以外にもさまざまな症状につながります。

腟がゆるい感じがする

「骨盤底筋」のダメージによって、腟の締まりが悪くなります。
すると、腟内に空気が入りやすくなり”おなら”みたいに出てくることがあります。また、お風呂に入っているときに腟内にお湯が入ってきたりすることがあります。

排便・排ガスが我慢できなくなる

「骨盤底筋」のダメージによって、肛門の締まりが悪くなります。
すると、便が我慢できず漏れやすくなってしまったり、おならを我慢できなくなってしまいます。

将来の「骨盤臓器脱」につながる

「骨盤底筋」がうまく機能しなくなってしまうと、支えている「膀胱」「子宮」「腸」などの骨盤臓器が下がってきてしまいます。
下がりすぎて体の外に出てくるようになると、「膀胱脱」「子宮脱」「直腸脱」などの「骨盤臓器脱」につながります。

まとめ

産後の尿漏れは、妊娠・出産による「骨盤底筋」へのダメージが原因です。

産後の尿漏れを改善するために「骨盤底筋体操」をおこないましょう。

「骨盤底筋」がうまく機能しなくなると、「尿漏れ」以外にも「腟のゆるい感じ」「排便・排ガスが我慢できなくなる」「将来の骨盤臓器脱につながる」などさまざまな症状につながります。

「骨盤底筋」による症状はデリケートであり、人になかなか相談できないため、悩みは深いです。

意外と多くの人が「産後の尿漏れ」で悩んでいます。
産後健診などで勇気をもって担当医に相談してみるようにしましょう。

すこしでも快適に産後の生活が送れるようになることを願っています。