クラミジアの自然治癒は?

結論ですが

クラミジア感染症は、基本的には自然治癒することはないです。

この記事は「クラミジア」に悩まされているヒトに向けて書いています。
病気に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「クラミジア感染症の自然治癒」に関してわかります。

クラミジアにかかりましたが、自然に治りますか?

このような疑問にお答えします。

相手がクラミジアだった
おりものの量が増えた
性交渉の後からおりものが変である

このような場合、クラミジアに感染している可能性があります。

場所が場所だけに、受診するのもためらわれるかもしれません。
しかし、勇気を出して受診するようにしましょう。

とはいえ、クラミジアって自然に治るのですか?

ということで、今回は「クラミジア感染症の自然治癒」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.クラミジアとは

クラミジア感染症は、「クラミジア・トラコマティス」という病原体による感染症であり、主に性行為によって感染をおこします。

クラミジア感染症は、「クラミジア・トラコマティス」という病原体による感染症です。
感染する部位によって「性器クラミジア感染症」「咽頭クラミジア感染症」「クラミジア性結膜炎」などがあります。

クラミジアは、主に「性行為による粘膜どうしの接触」によって感染します。
反対に、粘膜どうしの接触を伴わない「コンドームを適切に使用した性行為」では感染することはほとんどなく、「お風呂場」「空気感染」などの間接的な感染はほとんどありません。

2.クラミジアの症状

クラミジアは、性行為をした「1週間~3週間程度」で発症し、「発熱」「帯下異常」「腹痛」「咽頭痛」「眼球結膜炎」などの症状がおこったり、「不妊症」「異所性妊娠」などの病気にもつながります。

クラミジアの潜伏期間は、男性も女性も「1週間~3週間程度」です。

女性の場合、クラミジアは「子宮の入り口」に感染し、「子宮の中」「卵管」を通じて「お腹の中」にまで感染が広がり、「発熱」「帯下異常」「腹痛」などの症状が起こります。
また、炎症が卵管に波及し卵管の癒着・閉塞がおこると、「不妊症」や「異所性妊娠」のリスクとなります。

また、オーラルセックスなどによって口腔内粘膜に感染すると「咽頭痛」、眼球の結膜に感染すると「眼球結膜炎」などが起こります。

3.クラミジアの治療

抗生剤

クラミジアは、抗生剤のくすりを使って治療します。

軽症であれば飲み薬で外来で治療していくことが多いですが、症状が重度の場合は、入院した上で抗生剤の点滴薬で治療することになります。

治療効果判定を

クラミジアの治療後は、治療効果の判定を受けましょう。

クラミジアの抗生剤による治療が終わってから3週間以上あけて治療効果判定をおこないます。
なぜかというと、耐性菌などにより抗生剤治療で失敗してしまう可能性があること、治療期間に性行為をしてしまい新たに感染する可能性があるからです。

必ず、クラミジアの治療がきちんとされているか効果判定を受けましょう。

性行為を控える

クラミジアの治療中は、性行為を控えるようにしましょう。

クラミジアは「性行為」によって感染します。
十分に治療されていないうちに性行為をすると、他の人にうつしてしまう可能性があります。すると、自分が治療完了したときに、パートナーがクラミジア感染をしていて、自分にうつされてしまう「ピンポン感染」の可能性があります。

するといつまで経っても治療が完了しないということにもなりかねません。

担当医から治療が完了したと言われるまでは性行為を控えましょう。

4.クラミジアの自然治癒

クラミジア感染症は、基本的には自然治癒することはないです。

ただし、クラミジアに感染しても軽症であり症状に気づかない場合があります。
たとえば、「軽度の帯下異常」「軽度の腹痛」で症状に気づかず、不妊症の検査を受けてはじめてクラミジアの感染していると判明する場合があります。

また、風邪や他の病気で抗生剤による治療が行われて、一緒にクラミジアが治療されてしまい、自然治癒したようにみえる場合もあります。
このような場合、クラミジアを治療の目標としていないため、不完全な治療になることもあるため注意が必要です。

クラミジアは放置していても自然に治るものではなく、無自覚のうちに深刻化していく場合があります。少しでも疑いがある場合には、勇気をもって受診して検査を受けるようにしましょう。

まとめ

「クラミジア感染症の自然治癒」について説明しました。

クラミジア感染症が疑わしい場合、勇気をもって受診して相談しましょう。

クラミジアは、基本的には自然治癒しないですし、気づかないうちに子宮内や卵管に感染が広がり、不妊症の原因となってしまうリスクもあります。

病変の場所が場所だけに受診をためらうかもしれませんが、勇気をもって受診するようにしましょう。

婦人科は困った人の味方です。

この記事によって「クラミジアの自然治癒」について知って、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。