成熟のう胞性奇形腫っていわれましたがどうすればいいですか?

結論ですが

成熟のう胞性奇形腫の治療は、基本的に手術による治療が行われます。

この記事は「病気を指摘された」女性に向けて書いています。
女性特有の病気に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「成熟のう胞性奇形腫」についてわかります。

卵巣が腫れていると言われて、「成熟のう胞性奇形腫」かも…
と指摘されることがあるかもしれません。

  • 卵巣が腫れているって大丈夫かしら…
  • 奇形って言葉がついていてコワイな…
  • とくに症状がないのに…

などと思うかもしれません。

卵巣が腫れる病気はさまざまな種類があります。
「成熟のう胞性奇形腫」は卵巣腫瘍のひとつです。
良性の「卵巣のう腫」の中で最も頻度が多く、卵巣腫瘍全体の「約20-30%」程度占めます。とくに若年女性に多くみとめられます。

今回「成熟のう胞性奇形腫」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • 成熟のう胞性奇形腫は、脂肪・髪の毛・歯などの組織の成分がたまった卵巣腫瘍です。
  • 成熟のう胞性奇形腫は、「無症状」であることが多いですが、「急激な腹痛」「腹部圧迫感」「がん化」などの症状が起こります。
  • 成熟のう胞性奇形腫は、「卵巣腫瘍核出術」「付属器摘出術」などの手術による治療が行われます。

成熟のう胞性奇形腫ってどんな病気ですか?

「成熟のう胞性奇形腫」は、「脂肪」「髪の毛」「歯」などの組織の成分がたまった卵巣腫瘍です。
良性の卵巣のう腫の中で最も頻度が多く、卵巣腫瘍全体の「約20-30%」程度占めます。とくに若年女性に多くみとめられます。症状がないことが多く、妊娠をきっかけに見つかる場合などがあります。

成熟のう胞性奇形腫はなぜ出来るのですか?

「成熟のう胞性奇形腫」は、卵巣の中に「脂肪」「髪の毛」「歯」などの組織の成分が生じて、袋状の構造の中にたまって、「卵巣のう胞」が形成されて出来ます。
「成熟のう胞性奇形腫」を引き起こす原因ははっきりとわかっていません。
「卵」は受精すると胎児が出来るくらいなので、卵巣にはあらゆる体の構造を形成する能力があります。何かしらのエラーによって、卵巣からさまざまな組織が形成されてしまって「成熟のう胞性奇形腫」が形成されると考えられています。

成熟のう胞性奇形腫はどんな症状がおこりますか?

基本的に無症状

成熟のう胞性奇形腫は、卵巣が腫れているだけであると、基本的に症状はないです。なので、卵巣の腫れに気づかないで過ごす人が多いです。
子宮のがん検診で一緒にエコーをした場合や、妊娠をきっかけに産婦人科を受診して初めてわかる場合も多いのです。

急激な腹痛

成熟のう胞性奇形腫は、基本的に無症状です。しかし、卵巣の腫れが捻じれたり、破裂すると、急激な腹痛を来します。捻じれを解除したり、卵巣のう胞の内容液がお腹の中に広がったりしている可能性があるため、基本的には緊急手術による治療が必要になります。

腹部圧迫感

成熟のう胞性奇形腫は、基本的に無症状です。しかし、卵巣の腫れが大きくなりすぎると、下腹部全体的に圧迫される感じが生じます。
とくに膀胱が圧迫されると、頻尿などの症状が起こります。場所によっては腸が圧迫されて便秘気味になることもあります。

がん化

「成熟のう胞性奇形腫」から「がん化」して「卵巣がん」が発生することがあります。
とくに35歳以上では、約1%が「がん化」するとされており、「悪性転化」として知られています。

成熟のう胞性奇形腫はどんな治療をおこないますか?

「成熟のう胞性奇形腫」は良性の卵巣腫瘍であり、「手術」による治療が基本になります。

卵巣腫瘍核出術

「卵巣腫瘍核出術」は、卵巣の腫れている部分のみを摘出する手術の方法です。
若い人で子供を希望する場合や、卵巣機能をしっかりと残したい人に行われます。
卵巣自体は残るので「成熟のう胞性奇形腫」が再発してくる可能性などがあります。手術の後は、定期的なフォローを受けて再発がないか確認することをオススメします。

付属器摘出術

「付属器摘出術」は、卵巣の腫れている部分と一緒に「卵巣」と「卵管」をあわせて摘出する手術の方法です。
子供を希望しない場合や閉経して卵巣機能がない人などに行われます。とくに閉経後の人に対して、将来的な卵巣腫瘍のリスクに備えて、腫れていない方の付属器も摘出する「両側の付属器摘出術」がおこなわれることが多いです。

まとめ

  • 成熟のう胞性奇形腫は、脂肪・髪の毛・歯などの組織の成分がたまった卵巣腫瘍です。
  • 成熟のう胞性奇形腫は、「無症状」であることが多いですが、「急激な腹痛」「腹部圧迫感」「がん化」などの症状が起こります。
  • 成熟のう胞性奇形腫は、「卵巣腫瘍核出術」「付属器摘出術」などの手術による治療が行われます。

「卵巣」は神秘的な臓器です。
卵巣から「卵」が排卵されて受精すると胎児が出来ます。
卵巣にはあらゆる体の構造を形成する能力があります。

今回説明した「成熟のう胞性奇形腫」には、「脂肪」「髪の毛」「歯」「皮脂腺」などの組織が形成されます。他にも「脳」「視神経」「甲状腺」「骨」「消化管」などの組織が形成されることもあります。

ブラックジャックの「ピノコ」をご存知でしょうか?

「ピノコ」は、「奇形腫」の中で出来たバラバラの臓器をつなぎ合わせて、一人の女児が組み立てられて出来ました。ブラックジャックの神業によるものです。

「成熟のう胞性奇形腫」含めて卵巣腫瘍は基本的には無症状です。
ふだん婦人科を受診していない人は、「子宮頸がん検診」などの機会に一緒にエコーをおこなうようにしましょう。そして卵巣が腫れていないかも確認してもらうことをオススメします。


この記事によって「成熟のう胞性奇形腫」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です