早起きのすすめ【5つのメリット】

結論ですが

早起きは「集中力が高い」「生活リズムが整う」「締め切り効果」「通勤通学に余裕が出る」「体のコンディションが整う」などのメリットがあります。

この記事は「早起きのメリット」について説明します。

まとめ

早起きのメリット1:集中力が高い

早起きのメリットとして「集中力が高い」という点があります。

朝起きたばかりの脳は、すっきりとしていて高い集中力を発揮します。

睡眠中、脳はその日にあった出来事などを仕分けし、脳の中の情報を整理してくれます。
なので、朝起きたときは、脳の中は情報が整理されてスッキリとした状態になっています。

朝の時間は、脳にとってゴールデンタイムとなり、どんなことをおこなうにしても、高い集中力を発揮することができて、作業がはかどるのです。

なので、朝の時間は集中力を要する作業をすることをオススメします。
たとえば、ブログなど文章を書く、仕事で企画書を書く、苦手な科目の勉強をするなど。

日中なかなか進まなかった作業が、朝行うと驚くほどスムーズにこなせるでしょう。

早起きのメリット2:生活リズムが整う

早起きのメリットとして「生活リズムが整う」という点があります。

朝早く起きると、自然と前の日の寝る時間も早くなることになります。

すると、夜遅くまで飲んだり、ネットサーフィンをしたり、だらだらテレビをみたりすることが自然と少なくなるでしょう。

朝早く起きる習慣がつくと、寝る時間が早くなり、夜のダラダラした時間が必然的に少なくなります。

睡眠時間は同じでも、寝る時間がズレて、起きる時間もズレて、朝型の生活リズムに整っていくのです。

早起きのメリット3:締め切り効果

早起きのメリットとして「締め切り効果」を利用できるという点があります。

朝の時間帯に作業をする場合、たとえば自宅で作業をするのであれば、通勤や通学の時間までに作業を終わらせなければ!という時間の制約を受けることになります。
これを「締め切り効果」といって、終わりの時間がわかるため、それまでに終わらせようとさらに高い集中力を発揮することができます。

さらに、朝起きたばかりの集中力が高い状態で作業が出来るため、集中力を要する作業や難易度が高いものを朝のうちにおこなうことをオススメします。
また、やりたい作業があるのであれば、早めに職場に行って、仕事が始まるまでの間、「締め切り効果」を利用して作業を行うこともオススメします。

早起きのメリット4:通勤通学に余裕が出る

早起きのメリットとして「通勤通学に余裕が出る」という点があります。

早起きをする習慣がついていると、まず寝坊をすることがないです。
さらに、早起きをすると、通勤や通学までの時間に余裕が出ます。

電車通勤の人は、通勤ラッシュを避けて、朝の空いている時間帯に電車に乗ることが出来ます。また、忘れ物や急な出来事によって、「一度自宅に戻らなければならない」という事態が起こっても、時間に余裕をもって対応することができます。

朝早く起きて活動することによって「通勤通学に余裕が出る」のです。

早起きのメリット5:体のコンディションが整う

早起きのメリットとして「体のコンディションが整う」という点があります。

睡眠時間のゴールデンタイムは「22時から2時まで」と言われています。
この時間に睡眠をしていると「成長ホルモン」の分泌が活発になり、全身の新陳代謝が促されます。すると、睡眠中に全身の体の細胞が修復されるため、「体のコンディション」が整います。
さらに、「肌のコンディション」も整う効果も期待できるため、うれしいですね。

早起きの生活リズムでは、ゴールデンタイムである「22時から2時まで」の睡眠を意識しましょう。なので、できれば「22時まで」に就寝することをオススメします。

まとめ

今回は「早起きのメリット」について説明しました。

早起きすることで、朝の時間帯を有効活用することができます。

「やりたいと思っていたこと」
「挑戦したいこと」
「途中で挫折していたこと」

早起きをして是非ともチャレンジしてみましょう。

朝時間を活用して人生が変わることでしょう。

「早起き」の習慣をつけて、日々の生活がより良いものになって頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。