【解説】健康寿命延伸のための提言「健康寿命とは」0/10

結論ですが、
「健康寿命」とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことです。

この記事は「健康について関心のある」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「健康寿命」についてわかります。

突然ですが「健康」とはなんでしょうか?

普段当たり前に使っている「健康」という言葉ですが、
改めて「健康ってなにか」と考えると、その意味は意外と難しいです。

健康は良いこと
年を重ねてもいつまでも健康でいたい
病気にならないで健康でいたい
毎日が健康でいきいきとしていたい
あの人は健康的でいいね

など「健康」にはポジティブな印象があるかとおもいます。

これからは人生100年時代です。
長い人生をよりよく過ごすために「健康」について知ることが大切です。
そして「健康寿命」を伸ばすことがポイントになってきます。

2021年2月19日に、国立高度専門医療研究センター6機関の連携による「健康寿命延伸のための提言」が公開されました。
そこには、エビデンスに基づく「健康に過ごすための具体的な予防行動」が10項目に分けて提言されています。
みなさんが健康に過ごすために役立つ内容であり、順に説明していきたいと思います。

今回は「健康寿命」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • 健康とは「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)「社会的」に完全で良い状態にあることです。
  • 健康寿命を伸ばすには「健康増進」と「疾病予防」という2つの視点が大切です。
  • 健康に過ごすための具体的な予防行動が、「喫煙」「飲酒」「食事」「体格」「身体活動」「心理社会的要因」「感染症」「健診・健診の受診と口腔ケア」「成育歴・育児歴」「健康の社会的決定要因」の10項目に分けて提言されています。

健康寿命延伸の提言の概要

2021年2月19日に、国立高度専門医療研究センター6機関(※)の連携によって「疾患横断的エビデンスに基づく健康寿命延伸のための提言(第一次)」が公開されました。
これは、日本人の健康寿命を伸ばすために必要な「予防行動」について提言されています。
健康寿命を伸ばすためには、「小児」「妊婦」「成人」「高齢者」など年齢や状態に応じて、さまざまな疾患を横断的に予防することが必要です。
しかし、予防について疾患横断的にまとめられたガイドラインや指針は今までなかったため、このような提言がされるに至ったようです。

※6機関
国立研究開発法人 国立がん研究センター
国立研究開発法人 国立循環器研究センター
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
国立研究開発法人 国立国際医療研究センター
国立研究開発法人 国立成育医療研究センター
国立研究開発法人 国立長寿医療研究センター

そもそも健康とは?

WHOでは、健康を「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)「社会的」に完全で良い状態であることと定義しています。

「健康」とは何かについて考えると実はかなり難しいです。
何となく健康に過ごすとか、あの人は健康的だとか表現されますが、イメージとして何となくわかりますが「健康」という言葉を定義しようとすると難しいです。

そして専門家たちも「健康」というものをどう定義するべきか長年試行錯誤しています。

WHO憲章で定義されている健康は
「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)「社会的」に完全で良い状態にあることであり、単に疾病または虚弱ではないということではない」
とされています。

「身体的」に良い状態とは、からだを動かすことができることです。
「精神的」に良い状態とは、自分で考えて行動などができることです。
「霊的」(spiritual)に良い状態とは、信じている宗教や信条などが良いということです。
「社会的」に良い状態とは、社会の中でうまく生活していくことが出来るということです。

健康寿命とは?

「健康寿命」とは、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことです。

出産して産まれてきてから、死亡するまでの期間を「寿命」と言います。
それに対して、健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間のことを「健康寿命」と言います。
単に「寿命」を伸ばすだけでなく、「健康寿命」を伸ばすことが、人生をよりよく過ごすために重要になります。
健康でいること、つまり「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)「社会的」に完全で良い状態でいる期間を伸ばすことが重要なのです。

不健康な期間とは?

「不健康な期間」とは、健康上の問題で日常生活が制限される期間のことです。

不健康な期間に大きく影響するものとして、「要介護」の状態があります。
日本人で介護が必要になった要因として…

  • 「認知症」「高齢による衰弱」「関節疾患」「骨折・転倒」で「5割」
  • 「生活習慣病」全体で「3割」
  • 「がん」は「数%程度」(死因として最も多いですが…)

また、年代別にみると、

  • 60歳までは「循環器病」の割合が最も大きく
  • 70歳以上では「認知症」「骨折・転倒」の割合が大きくなります。
  • 「高齢者」では様々な疾患を複数合併していることも多くあります。

つまり、不健康な期間に関連する疾患は、年齢により様々であり、疾患横断的に予防することが必要です。また、単に予防だけでなく再発・重症化も含めて広く予防する必要があります。

健康寿命を伸ばすには?

健康寿命を伸ばす

健康寿命を伸ばすためには、「健康増進」によって寿命(健康寿命)を伸ばすこと、「疾病予防」によって不健康な期間を短くすることが大切です。
これは提言にはないですが、健康に過ごすためには「健康増進」と「疾病予防」という2つの視点が重要です。それぞれ見ていきましょう。

健康増進

健康増進とは、健康を増進させて「生活の質」(QOL)や「健康寿命」などを高めていくことであり、医療者主体でなく、患者自身や住民が主体となって取り組むことが大切です。
よく言われるように、「適度な運動習慣」「栄養バランスのとれた食生活」「十分な睡眠」「規則正しい生活」などが健康を増進するために大切です。

疾病予防

疾病予防は、健康を阻害する可能性のある疾病を予防しようという考えです。
疾病の発症自体を防ぐ「1次予防」、疾病の重症化を防ぐ「2次予防」、疾病による後遺症を防ぐ「3次予防」に分けられています。
とくに健康を阻害する「メタボリックシンドローム」「ロコモティブシンドローム」「認知機能障害」という3大因子があり、それらを予防することが大切になります。

健康寿命延伸のための提言

健康寿命を伸ばすための予防行動などが10項目について提言されています。

いずれも国内外の様々な疫学研究やエビデンスに基づいたものになっております。
疾患横断的に健康を左右する「生活習慣」「生理学的要因」「社会的・物理的環境」について以下の10項目について提言されています。
いずれも、みなさんが日常生活の中で取り組める内容であり、健康に過ごすために是非とも実践して欲しいです。
当ブログではそれぞれの項目についてわかりやすく解説していきたいと思います。

まとめ

  • 健康とは「身体的」「精神的」および「霊的」(spiritual)「社会的」に完全で良い状態にあることです。
  • 健康寿命を伸ばすには「健康増進」と「疾病予防」という2つの視点が大切です。
  • 健康に過ごすための具体的な予防行動が、「喫煙」「飲酒」「食事」「体格」「身体活動」「心理社会的要因」「感染症」「健診・健診の受診と口腔ケア」「成育歴・育児歴」「健康の社会的決定要因」の10項目に分けて提言されています。

みなさんにとって「健康」というものがとても大切です。

しかし、普段の忙しい日常の中で、「自分のからだ」や「健康」について意識する機会はそう多くはないかと思います。

病気をしたときに、はじめて今まで「健康」で過ごせたことがありがたいを感じるようになる人が多いです。そして、病気をしたときには手遅れになっていることもあります。

「健康」である今、健康について考えておくことが必要なのです。

「健康」であることが、「仕事」「家事」「育児」「介護」「遊び」などすべての活動をおこなう上で前提となります。
「健康」であることが、何よりも大切なのです。

人生100年時代です!

長い人生をよりよく生きるために、「健康」について改めて考えてみてはいかがでしょう。

この記事によって、「健康寿命」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送ることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です