習慣化のコツ【5つ】

結論ですが

習慣化のコツには「ハードルを下げる」「仕組化する」「他人を巻き込む」「ごほうびとバツを活用する」「長期目標を持つ」があります。

この記事は「習慣化のコツ」について5つに絞って説明します。

まとめ

習慣とは

習慣とは、日々の生活の中で「無意識で繰り返して行動している状態」のことです。

たとえば、毎日の歯磨きは、意識をしなくても、当たり前のようにおこなっている人が多いかと思います。

このように何も考えなくても行動できる状態のことを「習慣」とよびます。

一度ものごとを習慣化してしまえば、やる気の有無に関わらず行動することができるので、目標を達成しやすくなります。

では、新しい習慣をつくるためのコツについて順にみていきましょう。

習慣化のコツ1:ハードルを下げる

習慣化のコツは、とにかく「ハードル」を下げることです。

「新しい習慣」を続けること自体を目標にして、それが達成できるように、とにかくハードルを下げた小さな目標を立てるようにします。

たとえば、外でランニングしたい場合には、いきなり「外で30分間ランニングする」という目標ではなく、まずは「5分間のウォーキング」でもいいですし、「運動する恰好で外に出る」から始めてみましょう。

とにかく、「大きな目標」を立てて一度に大きく変えようとせず、「小さな目標」でいいのでしっかりと達成していくようにしましょう。

新しい習慣を取り入れるためには、「ハードル」をとにかく下げることが重要なのです。

習慣化のコツ2:仕組化する

習慣化のコツは「仕組化」することです。

「新しい習慣」を、「いつ」「どこで」「どんなときに」行うか具体的に決めましょう。
そして、その時がきたら自動的におこなうように「仕組化」しましょう。

たとえば、「すでにある別の習慣にくっつける」「何か起これば、新しい習慣をおこなう」(if then プランニング)などの工夫があります。

具体的にいうと、運動習慣を身につけたい場合には「歯磨き」をしたら「腕立て伏せを10回おこなう」、「テレビのCM」になったら「腹筋を10回おこなう」などがあります。

新しい習慣をおこなう状況を決めて、必ず新しい習慣をおこなう「仕組み」を作りましょう。

新しい習慣を取り入れるためには、「仕組化」することが重要なのです。

習慣化のコツ3:まわりを巻き込む

習慣化のコツは「まわりを巻き込むこと」です。

「新しい習慣」を何でも自力で頑張るのではなく、まわりの人を巻き込むことが重要です。

たとえば、朝早く起きる習慣を身につけたい場合には「一緒に朝早起きする仲間をみつけて、朝7時に喫茶店で待ち合わせする」というような具合です。

自分一人ではないため、仲間意識もあるし、強制力が働いて習慣化しやすくなります。

また、「周囲に目標を宣言する」ということを行うと、目標を絶対に達成するんだという強制力が働いて習慣化しやすくなります。

新しい習慣を取り入れるためには、「まわりを巻き込む」ことが重要なのです。

習慣化のコツ4:「ごほうび」と「バツ」を活用する

習慣化のコツは「ごほうびとバツ」を活用することです。

新しい習慣を達成したときの「ごほうび」と、達成しなかったときの「バツ」を準備しましょう。

たとえば、運動習慣を作るときに「3週間連続して運動できたら、欲しかったカバンを買おう」など「ごほうび」を決めます。すると、目標を達成するモチベーションが上がります。

また、反対に新しい習慣が出来なかったときに「バツ」を作ると、目標を絶対に達成しようとする強制力が働きます。

新しい習慣を取り入れるために、「ごほうび」と「バツ」を活用することが重要なのです。

習慣化のコツ5:長期的な目標をもつ

習慣化のコツは「長期的な目標」をもつことです。

何事も目標がないと、「なんでこんなことやっているのだろう?」など疑問に思ってしまい、ものごとを継続することが難しくなってしまいます。

たとえば、「体重を〇kg減らしてモテたい!」「体を引き締めて、夏に海へ行くときに良い体を披露したい!」「運動習慣を身につけて健康的に生きたい!」などの長期的な目標をもつことで、新しい習慣に対する意味を見出され、モチベーションとなります。

日々の小さな習慣の先に、目標の達成が来るようになるのが理想的です。

新しい習慣を取り入れるためには、「長期的な目標をもつ」ことが重要なのです。

まとめ

今回は「習慣化のコツ」について説明しました。

「習慣化のコツ」を身につけると人生が本当に変わります。
「健康」だけでなく、「ビジネス」「勉強」「スポーツ」などあらゆる場面で役に立ちます。

なにか成果を出したいときには、「習慣化のコツ」を活用してみてはいかがでしょうか。
きっと、あなたの人生がより良いものに変わるでしょう。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。