コンフォートゾーンから抜け出す【3つのコツ】

結論ですが

コンフォートゾーンを抜け出すには「目標を定める」「少しの厳しさを」「習慣の力を利用する」などのコツがあります。

この記事は「コンフォートゾーンを抜け出すコツ」について説明します。

「コンフォートゾーン」を抜け出すコツってありますか?

このような疑問にお答えします。

そもそも「コンフォートゾーン」とは、「安全な領域」「快適な領域」という意味があり、居心地が良い環境に身を置くことをいいます。

人は変化を嫌う生き物であり、基本的には「コンフォートゾーン」にとどまるという習性があります。しかし、

・何か新しいことに挑戦したい
・自分を変えたい
・もっと成長したい

自分の今いる状況を変えて、成長したいときには、この「コンフォートゾーン」から抜け出す必要があります。

では、「コンフォートゾーン」から抜け出すにはどうすればいいのか?

今回は「コンフォートゾーンから抜け出すコツ」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

まとめ

コンフォートゾーンを抜け出すコツ1:目標を定める

コンフォートゾーンを抜け出すコツとして「目標を定める」ということがあります。

自分を変えて、成長したいときには、目標を定める必要があります。

明確な目標がないと、何か物事をおこなうときに、何のためにやっているのかわからなくなり、途中で断念してしまう可能性が高くなります。

たとえば、

・彼女をつくるために、ダイエットをがんばるぞ!
・独立するために勉強をするぞ!
・欲しいものを買うためにバイト頑張るぞ!

だったり。

「明確な目標」があると、それがモチベーションとなって、今ある環境を変える原動力になります。

目標を定めることは「コンフォートゾーン」を抜け出す上で、とても重要となります。

コンフォートゾーンを抜け出すコツ2:少しの変化を

コンフォートゾーンを抜け出すコツとして「少しの変化を」ということがあります。

今ある自分の状況を一気に変えてしまうようなことは、大変負荷がかかります。
人は今ある状況をなるべく変えないようにできているため、大きな変化となると、残念ながら長続きしないものです。

何か状況を変えたいときには、「少しの変化」を意識しましょう。

たとえば、

・読書であれば、本を1日1回は本を開くようにすることから始める
・ジョギングであれば、走る格好をして外に出る
・ダイエットであれば、毎日体重を測定する

など。何か始めるときには、「少しの変化」でいいので、生活を変えてみましょう。

そして、「少しずつ」負荷を増やしていって、目標に近づいていきましょう。

いきなり大きく変わるのではなく、小さく変わるように意識して、「コンフォートゾーン」を少しずつ抜け出すようにしましょう。

コンフォートゾーンを抜け出すコツ3:習慣の力を利用する

コンフォートゾーンを抜け出すコツとして「習慣の力を利用する」ということがあります。

人は習慣の生き物です。

毎日同じような習慣で生活をしています。

その習慣の力を利用してコンフォートゾーンを抜け出しましょう。

たとえば、

・歯磨きの後に必ず「本」を開いてみる
・朝起きて顔を洗ったら「ブログ」を書く
・寝る前に必ず「瞑想」をする

など、自分の今まで習慣にしていることに、新しい何かチャレンジしたいことを加えてみましょう。

すると習慣の力を利用することができて、長く継続しやすくなります。

習慣の力を利用することによって「コンフォートゾーン」を抜け出しやすくなります。

まとめ

今回は「コンフォートゾーンを抜け出すコツ」について説明しました。

人は成長したいとき、変わりたいと思ったとき、コンフォートゾーンを抜け出す必要があります。

コンフォートゾーンから抜け出すと、勇気や自信など、ポジティブなものがたくさん発見できます。まずは最初の一歩からはじめましょう。毎日、少しだけ厳しくして、自分を成長させてみましょう。

「コンフォートゾーンを抜け出すコツ」について知り、日々の生活がより良いものになって頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。