作業のムリ・ムダ・ムラとは?

結論ですが

作業を効率よくおこなうために、ムリ・ムダ・ムラを取り除くことが大切です。

この記事は「作業のムリ・ムダ・ムラ」について説明します。

まとめ

作業のムリ

作業のムリとは、「能力」以上に「負荷」がかかっている状態のことをいいます。

理想的な作業環境では、「能力(キャパシティ)」と「負荷(作業量)」が均衡している状態です。
そして「作業のムリ」とは、作業をする人の能力以上に、作業の負荷がかかっている状態です。たとえば、ある作業を時間内に終える目標を設定して、それを実現できないようであれば「ムリ」が生じているといえます。

人材の能力の問題、人員不足、作業内容や作業計画が不適切などが原因として考えられます。

作業のムダ

作業のムダとは、「能力」に対して「負荷」が下回っている状態のことをいいます。

くりかえしですが、理想的な作業環境では、「能力(キャパシティ)」と「負荷(作業量)」が均衡している状態です。
そして「作業のムダ」とは、作業をする人の能力に対して、作業の負荷が下回っている状態です。たとえば、ある作業を時間内に終える目標を設定して、その目標がクリアして時間が大幅に余ってしまうようであれば「ムダ」が生じているといえます。

人員過剰、作業内容や作業計画が不適切などが原因として考えられます。

作業のムラ

作業のムラとは、ムリとムダの両方が混在し、さまざまなタイミングで発生している状態のことをいいます。

ある部門では、「能力」以上に「負荷」がかかっている状態である一方、他の部門では「能力」に対して「負荷」が下回っている状態。
またあるタイミングでは、「能力」以上に「負荷」がかかっている状態である一方、他のタイミングでは「能力」に対して「負荷」が下回っている状態。
つまり、作業のムラは、空間的・時間的に、作業のムリ・ムダが混在している状態のことをいいます。

人員配置、作業内容や作業計画などが不適切などが原因として考えられます。

ムリ・ムダ・ムラの解消法

作業のムリ・ムダ・ムラの解消法は、適切に人材配置をすることです。

人手不足もダメ、人手が余っていてもダメです。

また、忙しい工程とヒマな工程が時間帯や日によって混在していてもダメです。

うまく、作業内容や作業計画を見直して、作業のムリ・ムダ・ムラが発生しないようにしましょう。

まとめ

今回は「作業のムリ・ムダ・ムラ」について説明しました。

みなさんが行っている作業、今一度見直してみましょう。

そこには必ず「作業のムリ・ムダ・ムラ」が潜んでいるはずです。
「作業のムリ・ムダ・ムラ」を確認して、原因を洗い出し、整理して、解消するようにしましょう。
「作業のムリ・ムダ・ムラ」が解消されると作業効率は上がります。

「作業のムリ・ムダ・ムラ」が解消し、作業効率が上がり、日々の生活がより良いものになって頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。