01思考の危険性

結論ですが

物事は「0」か「1」のような単純ではなく、グラデーションがあります。

この記事は「01思考の危険性」について説明しています。

まとめ

01思考とは

「01思考」とは、物事を「0」か「1」か、「白」か「黒」か、賛成か反対か、みたいに判断する思考のことをいいます。

たとえば、環境問題を考えるときに、化石燃料を使うことの是非があります。

片方の人たちは、化石燃料を使うと地球温暖化がすすむので、使うべきではないと主張します。
しかし、何も考えずに化石燃料をまったく使わないようになったら、ほとんど多くの人の生活が困ってしまうでしょう。
とくに、食べ物を運べなくなってしまうため、ふだんお店で食べ物を買っている人は餓死してしまうでしょう。また、モノが運べなくなるため、日常生活や仕事にも支障を来すでしょう。

もう片方の人たちは、地球温暖化の原因は化石燃料を使うことによるCO2排出というのは、あくまで仮説であるため、生活や経済への影響を考えると今のままで良いと主張します。
しかし、仮説であっても実際に気温が上昇していることを痛感する場面は多く、原因の一つと考えられているものを無視するわけにもいけません。

では、今後もエネルギーを使っていくのであれば、必要なエネルギーを少なくするためにどうすればいいのか、風力発電・火力発電などの他のエネルギーでいかにまかなえるのか、エネルギーを効率よく保存する蓄電技術の開発、などさまざまな課題がみえてきます。

化石燃料を使うこと以外にも対立する問題はいくつもあります。
しかし、相手の意見を否定するだけでは、ますます極端な意見になっていくのです。

01思考の危険性

発想力が乏しくなる

「01思考」では、思考が単調となり発想力が乏しくなります。

「01思考」では、物事を判断する上で確かにわかりやすいです。
しかし、物事は単純ではないことが多いです。
いくつかの問題が複合している場合が多いです。
そもそも複合している問題に気づけなかったり、その問題に対する解決策を考えられる視点に欠けてしまうのです。

人間関係のトラブルが起こりやすくなる

「01思考」では、人間関係のトラブルが起こりやすくなります。

「01思考」において、ものごとの優劣や善悪をはっきりとさせようとするため、争い・妬み・恨みといった負の感情が生じやすいです。

たとえば、仕事で同僚とトラブルがあったときに「どちらも悪かったので気を付けよう」で済む話が、「間違っていたのはどちらなのか、決着をつけよう」と、いつまでもトラブルの話をし続けてしまいます。

「01思考」では、人間関係を悪くする原因にもなりえるのです。

あいまいな状況での判断ができない

「01思考」では、あいまいな状況での判断ができなくなります。

物事に「白黒をつけたがる」という特徴は、「あいまいさを嫌う」とも言い換えられます。
つまり、自分があいまいな状況に置かれることは苦手だということになります。
今までに経験したことのない問題、正解のない問題、難しい複雑な問題に直面したときに、物事を進んでいくためには、「あいまいさ」に対してどうすればすればいいのか向き合わなければなりません。

「01思考」では、「あいまいさ」が苦手であり、うまく判断や決断ができず、不確実性の高いビジネスの現場では、置いて行かれてしまうのです。

01思考を乗り越える

失敗を受け入れる

「01思考」を乗り越えるには、失敗を受け入れましょう。

「失敗は成功のもと」といわれるように、失敗によって人は学び成長していきます。

失敗しているということは、何か新しいことに挑戦している証でもあります。
失敗をおそれずに何事にも挑戦するとともに、失敗を受け入れる心の準備も必要です。

最低限だけ出来ればいい

「01思考」を乗り越えるには、最低限だけ出来ればいいと考えましょう。

「今の自分に出来ること」を完璧にしようとすると、少しの失敗も受け入れることが出来なくなってしまいます。
「自分ができる最低限」を見つけると良いでしょう。物事を進めていく上で、高い理想はもたなくてもいいのです。

自分の基準に疑いをもつ

「01思考」を乗り越えるには、自分のもつ考え方や判断の基準が本当に正しいのか疑いを持ちましょう。

自分の考えがどうなのか、他の人に聞いてみたり、アドバイスを伺ったり、他の人に意見を求めたりしましょう。
すると、自分では気づかない価値観や価値基準に気づくことでしょう。
それによって、自分の考え・やり方・効率の悪さ・改善点などに気づくことが出来るかもしれません。また、価値観が広がり、ものごとをみる視野が広がるかもしれません。

まとめ

今回は「01思考」について書きました。

何か物事がうまくいかないときには「01思考」に陥っていないか考え直してみましょう。

とくに、難しい課題や正解のない問題に対して、向き合うときに「01思考」では解決しないと気づくはずです。

物事は「白」か「黒」だけでなく、「グレー」があって、その濃淡によってグラデーションがあります。
「0」か「1」だけでなく「あいまいな領域」に向き合って進むことが求められるでしょう。これからの時代、不確実なことがますます増えていくかと思います。
「01思考」を乗り越えて、さらに成長していきましょう。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。