仕事を輝かせるコツ【5つ】

結論ですが

仕事を輝かせるには「専門家としての意識を持つ」「自分を責めずに改善する」「仕事の意味を考える」「期待を超える」「原点に帰る」という5つのコツがあります。

この記事は「日々の仕事を輝かせたい人」に向けて書いています。
日常生活に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「仕事を輝かせるコツ」についてわかります。

仕事がつまらない!

そう感じてしまう人は多いかと思います。

今回は、犬飼ターボさんの「仕事は輝く」という本の内容を紹介します。

この本では、有名な「3人のレンガ職人」の寓話をベースに働く意味について考える一冊になっています。

レンガを積んでいる3人の職人がいたときに、その3人はパッと見全く同じようなことをしているように見えるのですが、
「あなたは何をしているのですか?」と聞いたときに、
1人は「レンガ積みに決まってるだろ」と答え、
また別の1人は「これで家族を養っているんだ」と答え、
また別の1人は「歴史に残る大聖堂を作っているんだ」と答える、というお話です。

主人公は「石切り職人」であり、巨大な石を切って積み上げていき、敵から守る外壁を作る仕事をしています。

主人公は、からだが人より小さく、一度に運べる石の量も少ないです。
そんな劣等感から、仕事の意識が低く、ミスが多かったです。

しかし、あるとき「秘宝」が書かれている巻物を買ってから、仕事に対する向き合い方が変わり、仕事で成功をおさめるようになっていく話です。

では、仕事を輝かせるのにはどうすればいいですか?

ということで、今回は「仕事を輝かせるコツ」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.専門家としての意識を持つ

意識の持ちかたで仕事は変わります。

主人公の石切り職人は、からだが人より小さく、一度に運べる石の量も少ない状態でした。
そんな劣等感から、仕事の意識が低く、ミスが多かったです。

しかし、意識を変えて「石切りの専門家」として意識して働くようになってから変わりました。たとえば、親方の動作を一つ一つ観察するようになり、今まで見えていなかった景色がみえるようになりました。

その専門家として提供できる価値は何なのか?
その価値を高めるにはどうすればいいのか?

ということを改めて考えてみましょう。

2.自分を責めずに改善する

自分を責めることに意味はないので、改善することに意識するようにしましょう。

仕事をしていると陥りやすいことは「自責の念」です。
失敗するときに自分を責めたり、落ち込んだりする習慣。この「自責の念」は、自分を落ち込ませるだけなので不要です。

問題が起きたら、自分を責めずに「どうしたらいいのだろう?」と新しい行動を考えるようにしましょう。

つまり、反省する代わりに、ただ行動を変えて改善することを意識するようにしましょう。

3.仕事の意味を考える

自分がおこなっている仕事には意味があります。

①あなたの仕事を「作業」として考えてみましょう。
②あなたの仕事を「意味」として考えてみましょう。

たとえば、自分の場合は…

①作業:「診察」「検査」などをおこなって、「診断」をして「治療」をする。
②意味:患者さんの困っている症状を改善して、健康的でより良い生活を送ることができる。

4.期待を超える

あなたが相手にしている人の期待を超えましょう。

①患者さんは何を期待していると思いますか?
②あなたに期待していることをその人から聞き出しましょう。

顧客が望んでいる期待以上の価値を提供する。

5.原点に帰る

すべてが無意味だと感じた時には、出発点に帰りましょう。

つまり、1番の「専門家としての意識を持つ」に戻って、4番まで順番にさかのぼっていきましょう。

まとめ

今回は「仕事が輝くコツ」について説明しました。

仕事が輝いて楽しくなるか、つまらなくなるかは、自分の意識次第です。

やらなければならないものであれば、楽しい方が良いです。

人生の中で仕事で過ごす時間が大半を占めている人がほとんどだと思います。
今回紹介したコツを取り入れて、日々の仕事を充実させたものになって頂ければ幸いです。

この記事によって「仕事を輝かせるコツ」を取り入れて、笑顔で充実した毎日を過ごす人が一人でも増えて頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。