アファメーションのやり方

結論ですが

アファメーションとは、なりたい自分になるための、言葉による思い込みづくりのことです。

この記事は「アファメーション」について説明します。

まとめ

アファメーションとは

アファメーションとは、なりたい自分になるための、言葉による思い込みづくりのことです。

アファメーションでは、「わたしはすでに理想の状態である」というポジティブな宣言をすることによって、自分自身を潜在意識から変えることができます。

アファメーションは、ただの願い事ではないです。

願い事では「今とは違う理想の自分になりたい」というもので、現在とは違う理想の自分の姿や状態に思いを馳せます。

一方、アファメーションは「すでに理想の自分になれている」と現在の自分がすでに理想の形になっているという思い込みをつくるのです。

では、「アファメーションのやり方」について具体的にみていきましょう。

やり方1:言葉にしてみる

まずは、理想の自分像を「言葉にしてみる」ようにしましょう。

・なりたい自分
・目指すべき自分
・理想の自分像

これらをイメージすることができたら、言葉にしてみるようにしましょう。

「理想の自分像」を言葉にして自分に投げかけることによって、徐々に意識が変わっていきます。

言葉にするときは、強く気持ちを込めましょう。気持ちを込めて言葉を発することによって、自分に言い聞かせることができます。

まずは、なりたい自分・目指すべき自分・理想の自分像を「言葉にしてみる」ようにしましょう。

やり方2:紙に書き出す

理想の自分像を「紙に書き出す」ようにしましょう。

感情を整理するためには、紙に書き出すことがとても大切です。

なぜなら、手を動かして紙に書き出すことで、脳を刺激して、より明確に自分の感情を整理できるからです。また、後で自分が何を書いたのか再確認することができます。

紙に言葉として書き出すことで、より効果的に感情を整理することができるのです。

やり方3:声に出す

理想の自分像を「声に出す」ようにしましょう。

声に出すということは、最もオーソドックスなやり方です。

声の出し方は、ささやく、つぶやく、叫ぶといった方法があります。
自分自身に伝わるような方法でおこないましょう。

なお、大きな声を出すときは周囲に配慮してください。

やり方4:いつでも見えるように

理想の自分像に関して書いたもの「いつでも見える」ようにしましょう。

たとえば、「部屋の壁」や「パソコンの背景」「スマホの待受け」「トイレの壁」など。

日常生活で自然に目に入るところに、貼り付けるようにしましょう。

私たちは目に入れば、多くの場合それを認識するために自然に読み込みます。

理想の自分像を、頑張らなくても目に入る場所、無意識に目に入ってくるところに貼っておき、「いつでも見える」ようにしましょう。

やり方5:記録をする

理想の自分像になっているエピソードなど「記録をする」ようにしましょう。

アファメーションでは、「わたしはすでに理想の状態である」というポジティブな宣言をすることで、自分自身を潜在意識から変えることができます。

そして、その言葉を信念として強化するために、証拠集めをしましょう。

たとえば、アファメーションで「自分は人に優しい」ということであれば、困った人を助けたエピソードに遭遇したら記録するようにしましょう。
自分が理想とする振る舞いや行動を記録することで、より強化したものになっていきます。

まとめ

今回は「アファメーションのやり方」について説明しました。

・自分に自信がない
・理想の自分になりたい
・人と比べるのに疲れた

このような悩みをお持ちの方に「アファメーション」はオススメです。

アファメーションによって自信がつき、自分の理想に近づくことにつながります。

「アファメーション」を取り入れ、日々の生活がより良いものになって頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。