コンフォートゾーンとは?

結論ですが

コンフォートゾーンとは、ストレスや不安がなく、限りなく落ち着いた精神状態でいられる環境のことをいいます。

この記事は「コンフォートゾーン」について説明します。

「コンフォートゾーン」って何ですか?

このような疑問にお答えします。

コンフォートゾーンとは、ストレスや不安がなく、限りなく落ち着いた精神状態でいられる環境のことをいいます。

人は変化を嫌う生き物であり、基本的には「コンフォートゾーン」にとどまるという習性があります。しかし、

・何か新しいことに挑戦したい
・自分を変えたい
・もっと成長したい

自分の今いる状況を変えて、成長したいときには、この「コンフォートゾーン」から抜け出す必要があります。

では、「コンフォートゾーン」について一緒にみていきましょう。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

まとめ

コンフォートゾーンとは?

コンフォートゾーンとは、ストレスや不安がなく、限りなく落ち着いた精神状態でいられる環境のことをいいます。

コンフォートゾーンとは、「安全な領域」「快適な領域」という意味があります。
心理学では、ストレスや不安がなく、限りなく落ち着いた精神状態でいられる環境のことをいいます。

・何か新しいことに挑戦したい
・自分を変えたい
・もっと成長したい

このように思ったら、「コンフォートゾーン」を抜け出す必要が出てきます。
しかし、慣れ親しんで落ち着いている環境である「コンフォートゾーン」にふだんいるため、そこから抜け出すことは実は難しいです。

ではコンフォートゾーンを抜け出した先には、どのようなゾーンがあるのかみていきましょう。

コンフォートゾーンなど3つの状態

コンフォートゾーン

くりかえしですが、「コンフォートゾーン」は、ストレスや不安がなく、限りなく落ち着いた精神状態でいられる環境のことをいいます。

ラーニングゾーン

「ラーニングゾーン」は、なにか新しいことを始めるときの不安や緊張感があり、新しいことを学習するのに最適な負荷がかかった環境のことをいいます。

ラーニングゾーンでは、適度な「ストレス」や「負荷」であるため、作業パフォーマンスが向上し、成長しやすい環境となります。

パニックゾーン

「パニックゾーン」は、ラーニングゾーンを越えてさらに不安レベルが高くなった環境のことをいいます。

「パニックゾーン」では、「ストレス」や「負荷」が許容範囲を越えて高すぎる状態となります。成長は期待できるのですが、同時に失敗するリスクが大きくなり、病気やケガなどを起こして潰れてしまう可能性も高くなります。

「ラーニングゾーン」をこえて「パニックゾーン」に入るような難しい作業は、できれば避けた方がいいでしょう。

コンフォートゾーンを抜け出す

コンフォートゾーンを抜け出すコツとして「目標を定める」「少しの変化を」「習慣の力を利用する」などあります。

自分が成長するための理想は「コンフォートゾーン」を抜け出して「ラーニングゾーン」に身を置くことです。「パニックゾーン」まで達してしまうと、作業パフォーマンスは落ちて、病気やケガで潰れてしまうため避けるべきでしょう。

では、コンフォートゾーンを抜け出すためにどうすればいいのか?

まずは、具体的な目標を設定しましょう。
コンフォートゾーンを抜け出すモチベーションの上がるような目標を立てましょう。

次に「少しの変化を」意識して「習慣の力を利用」しましょう。
一気に大きく変えようとすると「パニックゾーン」に入ってしまい潰れてしまったり、長続きしないものです。
そして、「習慣の力」をうまく利用して、目標に向かって「少しずつの変化」を継続するようにしましょう。

まとめ

今回は「コンフォートゾーン」について説明しました。

人は成長したいとき、変わりたいと思ったとき、コンフォートゾーンを抜け出す必要があります。

コンフォートゾーンから抜け出すと、勇気や自信など、ポジティブなものがたくさん発見できます。
まずは最初の一歩からはじめましょう。
毎日、少しだけ厳しくして、自分を成長させてみましょう。

「コンフォートゾーン」について知り、日々の生活がより良いものになって頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。