春が旬の食材【食と健康】

結論ですが、
旬の食材には、さまざまなメリットがあるので、普段の食事に取り入れましょう。

この記事は「健康のために食事を考えたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「春が旬の食材」がついてわかります。

健康のためにどのような食材を選べばいいですか?

このような疑問にお答えします。

われわれのまわりには様々な食材であふれています。
普段の買い物で…

今日の献立は何にしようか?
食材は何を買おうか?
この野菜はいつもより安いな…

このような悩みや疑問があるかと思います。

健康のために、新鮮な野菜や果物、魚介類などの食品を出来るだけ取り入れるようにしましょう。

とくに「旬の食材」には様々なメリットがあり積極的に取り入れることをオススメします。
今回は、今食べたい「春が旬の食材」について紹介していきます。

この記事のまとめ

旬の食材

旬の食材とは

「旬」(しゅん)とは、ある食材が他の時期よりも新鮮に食べられる時期のことをいいます。
日本には四季があります。季節ごとに食べごろを迎える食材があり、それを「旬の食材」「旬のもの」などと言われます。

旬の食材のメリット

旬の食材にはさまざまなメリットがあります。
具体的に言うと、「栄養価が高い」「味が濃くて美味しさが増す」「必要な成分を補える」「価格が安い」「季節を楽しめる」などのメリットがあります。

今の季節に食べたい「春が旬の食材」について順にみていきましょう。

1.魚介類

さわら

「さわら」(鰆)は、名前のとおり春の魚の代表です。
オススメの調理法は「お刺身」や「焼き霜づくり」です。また、時間とともに傷みやすいので「西京焼き」や「幽庵焼き」にすることで作り置きも可能になります。

タイ

「タイ」(鯛)と名前がつく魚がたくさんありますが、一般的には「まだい」(真鯛)を指すことが多いです。
「タイ」はクセがなく、「塩焼き」「煮つけ」「椀物」「炊き込みご飯」まで、どんな風に調理しても美味しく頂くことが出来ます。

かつお

「かつお」(鰹)は、毎年「初かつお」として食卓にのぼる、春を代表する魚です。
パサつくため、加熱調理には向かず「お刺身」や「たたき」食べるのが一般的です。
また、「かつおぶし」「なまりぶし」「酒盗」「缶詰」などの加工品があります。

アサリ

「アサリ」は、水温が20度ほどになると産卵のため、身が肥えて旬をむかえます。春と秋の2回、旬の時期があります。
オススメの調理法は「刺身」「味噌汁」「酒蒸し」です。

ハマグリ

「ハマグリ」(蛤)は、産卵の前の春の時期に旨みをたくわえ、身はふっくらしていきます。
2枚の貝殻がピタリと重なることから、夫婦円満の象徴の縁起物とされています。
ハマグリは、「焼き」はもちろん「煮ても」「蒸しても」おいしく頂けます。

2.果物

いちご

「いちご」は、12月頃から出回り、5月頃までが旬です。
「ビタミンC」が豊富に含まれており、風邪予防・疲労回復・肌荒れなどに効果があります。また、赤い色素の「アントシアニン」は、眼精疲労・視力回復に有効とされています。
「表面に光沢があり、ヘタの部分まで赤くなっているもの」が美味しいイチゴです。

夏みかん

「夏みかん」は、名前とは裏腹に、春が旬の果物です。
「ビタミンC」が豊富に含まれており、「シネフィリン」とともに風邪予防の効果があります。
「全体的に濃い黄色で、ハリがあるもの。ヘタの部分が緑色で、ずっしりと重いもの」が美味しい夏みかんです。

キウイフルーツ

「キウイフルーツ」は、中国が原産ですが、ニュージーランドで品種改良されたものが多く出回っています。
「ビタミン」の他、「食物繊維」「カリウム」「葉酸」「ポリフェノール」などの栄養素が豊富に含まれています。
「頭とおしりを押してみて、少しへこんで弾力がある状態」が熟して美味しいキウイフルーツです。

サクランボ

「サクランボ」は、「セイヨウミザクラ」や「スミミザクラ」などの桜の木になる実です。
「ビタミン」の他、エネルギー源の「ブドウ糖」、貧血予防の「鉄分」などの栄養素が豊富に含まれています。
「大きめで、ツヤがあり、全体が真っ赤に色づいており、軸が太くて緑色のもの」が美味しいサクランボです。

アンデスメロン

「アンデスメロン」は、ハウス栽培されているので通年で出回っていますが、旬は5月から6月です。
血圧改善効果のある「カリウム」や、粘膜を健康に保つ「βカロテン」などの栄養素が含まれています。
「キレイな丸みを帯びていて、色にムラがなく、網目がくっきりとしていて細かく均等に広がっているもの」が美味しいアンデスメロンです。

3.野菜

春キャベツ

「春キャベツ」は、3月から5月にかけて出回ります。
ふわっと丸くて柔らかい食感が特徴です。
「ビタミンC」や「ビタミンK」「キャベジン」「食物繊維」「グルタミン酸」などの栄養素が含まれています。

アスパラガス

「アスパラガス」は、春先から芽が出始め、秋まで収穫できます。
しかし、ホワイトアスパラは旬が短く、5月下旬から6月にかけての半月間ほどしか出回りません。
「ビタミン」や「カリウム」を含んでおり、疲労回復効果がある「アスパラギン酸」、血管の健康を保つ「ルチン」などの栄養素が含まれています。

新ジャガイモ

「新ジャガイモ」は、九州で生産されたものが多く、冬に植えて春に収穫されたものが多いです。それに対して、「一般的なジャガイモ」は北海道で生産されたものが多く、冬から春先に植えて秋に収穫し貯蔵されて出荷されるものが多いです。
「ビタミンC」が豊富に含まれており、一般的なジャガイモの4倍程度と言われています。また、皮ごと調理が可能であり、「ビタミン」「ミネラル」などの栄養素が摂れます。

ながいも

「ながいも」は、大きく分けて「ヤマノイモ」「ジネンジョ」「ダイジョ」の3つの種類に分かれます。すりおろしたナガイモの「とろろ」でよくご存知だと思います。
胃もたれ予防効果のある「ジアスターゼ」や、ビタミンの一種である「ナイアシン」、「タンパク質」「カリウム」「食物繊維」などの栄養素が含まれています。

たけのこ

「たけのこ」は、ご存じのとおり「竹の芽」の部分です。なお、その名前の「たけのこ」(筍)は、一旬(10日間ほど)で竹まで生長してしまいます。
疲労回復効果のある「グルタミン酸」「チロシン」「アスパラギン酸」などの「アミノ酸」や、「カリウム」「食物繊維」などの栄養素が含まれています。

まとめ

今回は、「春が旬の食材」について説明しました。

みなさんにとって「健康」というものがとても大切だと思います。
そして、「健康」のためには「食」というものがとても大切です。

食事は人の口から体に入ってくる大切なものです。
食事によって摂取された栄養によって、われわれの体が出来上がるのです。
「医食同源」という言葉がある通り、「食」というものはとても重要です。

さまざまなメリットのある「旬の食材」を取り入れるようにしましょう。
この記事をきっかけに、みなさんの普段の食事を見直して頂ければ幸いです。

この記事によって、「春が旬の食材」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送れることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です