日光浴のすすめ【5つの効果】

結論ですが

「日光浴」は、骨を強くするだけでなく様々な効果があります。

この記事は「健康について関心のある」人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「日光浴の効果」についてわかります。

コロナの時代、外出の機会が少なくなっているかと思います。
さらに冬の時期は、寒くて外出することがおっくうになるでしょう。

そんなあなたに日光浴がおすすめです。

朝、日光を浴びると気持ち良いと感じるでしょう。
日光を浴びるとともに1日をスタートすると、とても気持ちいいものです。
実は日光には様々な健康効果があります。

今回は「日光浴の効果」について説明していきます。

この記事のまとめ

日光浴の効果1:骨を強くする

日光を浴びると、骨を強くするのに必要な「ビタミンD」が体内で生成されます。
「ビタミンD」は、骨の主な材料である「カルシウム」の腸への吸収を助けてくれます。
骨を強くするには、「カルシウム」や「ビタミンD」を食事から摂取することに加えて、日光を浴びて「ビタミンD」が体内で生成されることが大切です。


日光浴の効果2:精神を安定する

日光を浴びると、「セロトニン」というホルモンが生成されます。
セロトニンは神経伝達物質のひとつで、精神を安定する作用があります。別名「幸せホルモン」とも呼ばれています。「セロトニン」の作用によって、ストレスが軽減し、「うつ病」「パニック障害」などの改善効果があります。

日光浴の効果3:体内時計をリセットする

朝に日光を浴びると、体内時計がリセットされます。
朝の光には、体内時計を「約24時間」に調整する働きがあります。逆に光を浴びないと、人間の体内時計は「約25時間」と言われており、体内時計がズレていってしまいます。
つまり、朝に日光を浴びることによって、「約24時間」に体内時計がリセットされるのです。

日光浴の効果4:睡眠の質を上げる

朝に日光を浴びると、睡眠の質が上がります。
繰り返しになりますが、朝の光には、体内時計を「約24時間」に調整する働きがあります。そのため、夜になると自然に眠くなり眠りにつくことができます。
また、日光を浴びると生成される「セロトニン」は、夜になると「メラトニン」というホルモンに変化します。「メラトニン」は、睡眠を促す作用があり、「睡眠」と「覚醒」のリズムを作るのに大切な役割をしています。
つまり、朝に日光を浴びると、体内時計はリセットされて、夜メラトニンの分泌が促されるため、睡眠の質が上がります。

日光浴の効果5:ビタミンDを生成する

日光を浴びると、「ビタミンD」が体内で生成されます。
「ビタミンD」は、カルシウムの吸収を助けて骨を強くするだけでなく様々な効果があります。たとえば、「筋力アップ」「免疫力アップ」「がん予防」「心疾患予防」「認知症予防」「うつ病予防」「メタボリックシンドローム予防」「糖尿病予防」などの効果があります。
是非とも日光を浴びることで、「ビタミンD」の恩恵に預かりましょう。

日光の浴びすぎに注意

日光の浴びすぎに注意しましょう。
適度な日光浴は骨の健康に役立ちますが、日光の浴びすぎによる紫外線のダメージには注意が必要です。とくに夏場の強い紫外線によって、皮膚へのダメージから「しみ」「そばかす」「しわ」の原因になります。また、将来的な「皮膚がん」につながることもあります。

適度な日光浴を

適度な日光浴をすすめます。
室内で過ごす時間が長い人や美容のため過度に紫外線対策を行っている人は「ビタミンD不足」が心配されます。
冬場であれば「30分から1時間程度」散歩に出かけたり、夏場であれば暑さを避けて木陰で「30分程度」過ごすだけで十分です。
適度に日光浴を楽しむようにしましょう。

まとめ



健康に過ごすために「日光」をうまく活用することが大切です。
これまでみてきたように、日光浴には様々な効果があります。

人間は、昔から日が出てくる時間から活動をはじめて、日が落ちると休むというリズムで生活してきました。太陽の光が、人間の生活のリズムをつくるのに大切なのです。

コロナの影響や、寒い季節のため、室内にこもりがちですが、適度に日光を浴びることをすすめます。

この記事によって「日光浴の効果」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です