月経困難症の診断は?

結論ですが、
月経困難症は、月経にともなう症状によって日常生活に支障をきたすものをいい、主に問診によって行われます。

この記事は「月経困難症」について知りたい女性に向けて書いています。
女性特有の疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています
この記事を読むことで「月経困難症の診断」についてわかります。

毎回、月経が来るたびに症状で悩まされてイヤになることありませんか?

月経痛がひどすぎる…
痛みで何もしたくない!
イライラして人に当たってしまう!!

などで困っている女性は多いです。

痛みがひどすぎて、仕事に集中出来なかったり、
洗濯やそうじなどの家事をするのも大変だったり…
何も出来ずに1日が終わってしまうなんてことも…

このように、月経に伴う症状によって日常生活に支障が出てくる場合もあり、「月経困難症」かもしれません。

では、「月経困難症」ってどのように診断されるのだろう?

ということで、今回は「月経困難症の診断」について説明します。

この記事のまとめ

月経困難症とは

月経困難症とは、月経にともなう症状によって日常生活に支障をきたし、治療対象になるものをいいます。

とくに、ひどい「月経痛」で悩まされる人が多いです。痛みがひどすぎて、仕事が出来なくて困ってしまう場合も…。
また、「お腹がハル感じ」や「腹痛」「腰痛」「頭痛」などあらゆる部位で痛みが生じます。

さらに、月経中に気分が落ち込んで「抑うつ」になったり、「イライラ」しやすくなったり、「疲労」を感じやすくなったりします。

問診

月経にともなう症状を問診で確認します。

月経にともなう痛み(月経痛)、腰痛、お腹のハリ、頭痛、吐き気、食欲不振、下痢、抑うつ、疲労感、イライラなどの症状を確認します。さらに、それらの症状の出現する時期や、改善する時期なども確認します。

月経困難症の診断は、おもに問診によって行われます。困っている症状について、しっかりと伝えるようにしましょう。

画像検査

月経困難症の原因となる病変があるか画像検査で確認します。

まずはじめに、「エコー検査」を行うことが多いです。月経困難症の原因となる「子宮筋腫」や「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などの病変がないか確認します。
さらに詳しく評価したい場合には「CT」「MRI」などの画像検査が行われる場合があります。

なお、月経困難症の原因となる明らかな病変がある場合には「器質的月経困難症」と診断されます。

血液検査

血液検査では、炎症反応などを評価します。

月経困難症の原因として、感染症が隠れている場合があります。血液検査によって、「白血球」(WBC)や「CRP」などの炎症反応を検査します。

おりもの検査

おりもの検査で、「クラミジア」「淋菌」などを評価します。

「クラミジア」「淋菌」などは、子宮の入り口から侵入し、お腹の中に感染が広がると腹痛の原因となります。それが月経時に助長されて月経痛につながる場合があります。

おりもの検査では、子宮の入り口から分泌液を採取して、「クラミジア」や「淋菌」などを検査します。ただし、結果が出るまでに時間がかかるので、後日に結果を説明する場合が多いです。

まとめ

今回は「月経困難症の診断」について説明しました。

月経による症状に悩んでいる人は多いかと思います。
そして、症状をガマンして生活している人もいるかと思います。

月経による症状で困っている場合、無理せずに産婦人科を受診しましょう。

月経による症状が治療でやわらぐと、日常生活をより良く過ごせるようになります。
そして、月経痛の原因として、思わぬ病気が見つかる場合もあります。

勇気をもって産婦人科を受診して、相談するようにしましょう。
産婦人科は困っている人の味方です。

この記事によって「月経困難症」についての理解が深まり、受診に対する不安が解消し、一人でも多くの人に役立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です