白湯のオススメの飲み方

結論ですが

白湯の飲み方は、飲む量は「1日700ml-800ml」を限度にして、「朝起床後」「食後」「夜」のタイミングに飲むことをオススメします。

この記事は「健康に関して関心のある」ヒトに向けて書いています。
健康に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「白湯の飲み方」についてわかります。

白湯が体に良いと聞きますが、いかがですか?

このような疑問にお答えします。

「白湯」(さゆ)は、水を沸騰させて水中の不純物をとばして、その後飲める温度まで冷ましたものをいいます。
勘違いされる方もいますが、白湯にはとくに何も入っていないです。

白湯は、美容や健康に良いとされていますが、インド・スリランカなどにおける伝統医学の「アーユルヴェーダ」の考えに基づきます。

では、「白湯」ってどのように飲むといいですか?

ということで、今回は「白湯の飲み方」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

白湯の飲む量

白湯の飲む量は、「1日700ml-800ml」くらいを限度にしましょう。

白湯がいくら健康や美容に良いからといって、飲みすぎてしまっては身体のむくみやミネラルのバランスの乱れ、心臓や血管に負荷がかかってしまいます。

何事もやりすぎはよくないのです。

白湯の飲む量は、「1日700ml-800ml」くらいを限度にしましょう。

白湯の飲むタイミング

朝起床後

白湯を飲むのに最もオススメのタイミングは、「朝起床後」です。

寝ている間に冷えてしまった胃腸を、白湯を飲むことで温められます。
さらに、睡眠中に失われた水分を白湯を飲むことで補うことができます。

一日のはじまりのコンディションを整えるのに、朝起床後のタイミングで白湯を飲むことをオススメします。

食後

食事をしてから30分くらいしたタイミングで白湯を飲むことをオススメします。

食事をしたすぐ後に白湯を飲むと、胃腸に負荷がかかります。
食後30分くらいの胃腸が落ち着いたタイミングで白湯を飲むことで、消化機能をうまく促してくれるでしょう。

白湯にはリラックス効果も期待できるため、夜のタイミングに飲むことをオススメします。

ただし、夜寝る前に白湯をとると、寝ている間にトイレに行きたくなってしまい、目が覚めるおそれがあります。
寝る直前のタイミングは避けて、リラックスしたい夜に白湯を飲むようにしましょう。

まとめ

今回は「白湯の飲み方」について説明しました。

われわれが普段飲んでいる水ですが、そのまま飲むのでなく沸騰させて「白湯」にして飲むことで、さらなる健康効果が期待できます。

白湯を飲むことを習慣にして、健康的に笑顔で過ごせる人が増えることを願っています。

この記事によって「白湯の飲み方」について理解し、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。