白湯の作り方【5つ】

結論ですが

白湯の作り方として、「ヤカン」「ナベ」「電子レンジ」「電気ケトル」「ウォーターサーバー」を使う方法があります。

この記事は「健康に関して関心のある」ヒトに向けて書いています。
健康に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「白湯の作り方」についてわかります。

白湯が体に良いと聞きますが、いかがですか?

このような疑問にお答えします。

「白湯」(さゆ)は、水を沸騰させて水中の不純物をとばして、その後飲める温度まで冷ましたものをいいます。
勘違いされる方もいますが、白湯にはとくに何も入っていないです。

白湯は、美容や健康に良いとされていますが、インド・スリランカなどにおける伝統医学の「アーユルヴェーダ」の考えに基づきます。

では、「白湯」ってどのように作りますか?

ということで、今回は「白湯の作り方」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

白湯の作り方1:ヤカン

白湯の作り方として「ヤカン」を使う方法があります。

1.ヤカンに必要な量の水を入れる
2.フタをして火にかける
3.沸騰したらフタをとり、10-15分ほど沸かし続ける

4.「50度前後」の適温になるまで冷ます

使う水は、水道水・ミネラルウォーター・浄水器の水などお好みのもので大丈夫です。
なお、水道水には塩素が含まれるため、10-15分ほどしっかりと沸騰させることで取り除きましょう。

白湯の作り方2:ナベ

白湯の作り方として「ナベ」を使う方法があります。

ヤカンと同じように以下の通り作ります。

1.ナベに必要な量の水を入れる
2.フタをして火にかける
3.沸騰したらフタをとり、10-15分ほど沸かし続ける

4.「50度前後」の適温になるまで冷ます

白湯の作り方3:電子レンジ

白湯の作り方として「電子レンジ」を使う方法があります。

1.電子レンジ対応の容器(コップ)に必要な量の水を入れる
2.電子レンジにかけ、50度前後の適温に温める

電子レンジでは、沸騰させて塩素を除去するのが難しいです。
そのため、「水道水」ではなく「ミネラルウォーター」や「浄水器の水」「塩素を除去した水」などを使用するようにしましょう。

白湯の作り方4:電気ケトル

白湯の作り方として「電気ケトル」を使う方法があります。

1.電気ケトルの中に必要な量の水を入れる
2.水を沸騰させる
3.「50度前後」の適温になるまで冷ます

電気ケトルも、長時間沸騰させて塩素を除去するのが難しいです。
そのため、「水道水」ではなく「ミネラルウォーター」や「浄水器の水」「塩素を除去した水」などを使用するようにしましょう。

白湯の作り方5:ウォーターサーバー

白湯の作り方として「ウォーターサーバー」を使う方法があります。

ウォーターサーバーの温水と冷水を混ぜて、「50度前後」の白湯を作ります。

もっとも手軽に白湯を作ることができます。

まとめ

今回は「白湯の作り方」について説明しました。

われわれが普段飲んでいる水ですが、そのまま飲むのでなく沸騰させて「白湯」にして飲むことで、さらなる健康効果が期待できます。

白湯を飲むことを習慣にして、健康的に笑顔で過ごせる人が増えることを願っています。

この記事によって「白湯の作り方」について理解し、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。