こむら返りの予防法は? 

結論ですが

こむら返りの予防法は、「水分補給」「電解質補給」「体を冷やさない」「適度な運動」などがあります。

この記事は「こむら返り」に悩んでいる人に向けて書いています。
症状に悩んでいる人の解決方法を教えます。
この記事を読むことで「こむら返りの予防法」についてわかります。

いたたた…
朝起きたら足がつった!?
最近、足がつりやすいです!!

このような悩みにお答えします。

寝ていると、突然足をつって、目が覚める。
このような経験あるかと思います。

足が痛くてうまく動かせない…

そして、このような状況になったときにどのようにすれば良いでしょう?

また、こむら返りはクセになりやすいです。
こむら返りが起こりやすくなってしまったら、どのようにすれば良いでしょう?

今回は、「こむら返りの予防法」について説明していきます。

この記事のまとめ

こむら返りとは?

こむら返りとは、ふくらはぎの筋肉が、けいれんすることをいいます。

一般的には、ふくらはぎの筋肉が、急につってしまうことをいいます。
医学的には、「有痛性筋けいれん」といって、強い痛みをともなう筋肉のけいれんのことをいいます。

急に「こむら返り」は襲ってきます。
そして「こむら返り」が何回も起こりやすくなった場合、どうすればいいのでしょう?

今回は「こむら返りの予防法」について説明します。
では、順にみていきましょう。

こむら返りの予防法1:水分補給

水分補給によって、脱水を予防しましょう。

脱水によって、こむら返りは起こりやすいです。
大量の汗や下痢などで脱水状態になると、体内の水分バランスが乱れ、電解質異常が起こります。そして、筋肉のけいれんにつながり、こむら返りが起こります。

水分補給によって、脱水を予防し、こむら返りを予防しましょう。

こむら返りの予防法2:電解質補給

電解質を補給しましょう。

体内の電解質によって、筋肉の収縮のバランスが保たれています。
電解質の異常が起こると、筋肉の収縮のバランスが乱れてしまい、筋肉のけいれんにつながり、こむら返りが起こります。

栄養バランスの良い食事を心がけて、電解質を補給し、こむら返りを予防しましょう。

こむら返りの予防法3:体を冷やさない

体を温めて、冷やさないようにしましょう。

とくに下半身の冷えによって、筋肉への血流が悪くなります。
筋肉へ十分な血流が行き渡らないと、筋肉の収縮のバランスが乱れてしまいます。
そして、筋肉のけいれんにつながり、こむら返りが起こります。

体を温めて、冷やさないようにして、こむら返りを予防しましょう。

こむら返りの予防法4:適度な運動

屈伸運動、ストレッチなど適度な運動をしましょう。

筋肉の疲労によって、こむら返りは起こりやすいです。もともと筋力がないと、すぐに疲労しやすいです。適度な運動をして筋力・体力をつけておきましょう。
そして、ずっと同じ体勢だと筋肉が凝り固まってしまうため、屈伸運動・ストレッチなど適度な運動をして、筋肉のコリを予防しましょう。

適度な運動をおこなって、こむら返りを予防しましょう。

こむら返りの予防法5:その他

「ハイヒール」は足に負担がかかるため控えるようにしましょう。
とくに、ふくらはぎへの筋疲労をまねき、こむら返りにつながります。

また、「重い掛け布団」を使わないようにしましょう。
重い掛け布団によって、足首が伸ばされた状態で、固定化されてしまいます。すると、ふくらはぎがずっと収縮した状態となるため、筋疲労からこむら返りにつながります。

「ハイヒール」や「重い掛け布団」は避けて、こむら返りを予防しましょう。

まとめ

今回は「こむら返りの予防法」について説明しました。

朝起きたら足がつった!?

痛みが落ち着くまで様子をみようと思っても、
また筋肉に力が入ってしまい、さらに痛くなることも…

こむら返りは、とてもツライ症状です。
そして、こむら返りはクセになることが多いです。

こむら返りになりやすくなった場合…
「水分補給」「電解質補給」「体を冷やさない」「適度な運動」など是非とも試してみてください。

この記事によって「こむら返りの対処法」がわかり、人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です