更年期の「倦怠感」を何とかしたいです【更年期障害】

結論ですが、
更年期の「倦怠感」には、「漢方薬」「ホルモン補充療法」「対症療法」などの治療があります。

この記事は「更年期」について知りたい女性に向けて書いています。
「更年期の症状」に関する悩み・不安・疑問などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「更年期の倦怠感の治療」についてわかります。

最近、体がだるいです…
全然疲れがとれないです…
これって更年期ですか!?

このような不安や悩みにお答えします。

閉経の前後5年間を「更年期」とよばれます。
「更年期」にさしかかると、心身ともに体調を崩しやすくなります。

最近、倦怠感が気になるようになった!

という場合、更年期障害が原因である場合があります。

では、「更年期の倦怠感」にはどのように対応すればいいのか?
今回は「更年期の倦怠感の治療」について説明します。

この記事のまとめ

更年期障害とは

更年期障害とは、「更年期」に現れる様々な症状によって、日常生活に支障を来たす状態のことをいいます。

日本人の「閉経」の年齢は、平均で50歳であり、「閉経」の前後約5年間を「更年期」とよばれています。つまり、更年期の年齢は、おおよそ45歳から55歳までを指します。
更年期には、女性ホルモンである「エストロゲン」が低下することで、ほてり・多汗・イライラ・倦怠感など様々な症状が起こります。

その中でも今回は「倦怠感」について説明します。
では、「更年期の倦怠感の治療」について順にみていきましょう。

更年期の倦怠感の治療1:原因疾患の治療

倦怠感を来す疾患がある場合、その治療を優先して行います。

倦怠感を来す疾患が隠れている場合があります。
具体的にいうと、「貧血」「心不全」「甲状腺機能低下症」などが挙げられます。

「貧血」では、体に十分な酸素が行き渡らず「倦怠感」の他、「たちくらみ」「動悸」「息切れ」などの症状が起こります。
また、「心不全」「甲状腺機能低下症」などの疾患が隠れている場合があります。「胸部レントゲン」「血液検査」などの検査をして評価します。

倦怠感を来す疾患がある場合は、その治療を優先して行うのです。

更年期の倦怠感の治療2:ホルモン補充療法

ホルモン補充療法は、女性ホルモンを補充する治療です。

更年期に低下する女性ホルモンを補うという考え方の治療です。とくに、「ほてり」「のぼせ」といった自律神経症状に対して有効です。倦怠感にも効果がある場合があります。

更年期の倦怠感の治療3:漢方薬

更年期の症状を抑えるために漢方薬が使われます。

女性の3大漢方と呼ばれている「加味逍遥散」「当帰芍薬散」「桂枝茯苓丸」といった漢方薬がありますが、更年期障害ではおもに「加味逍遥散」が使われます。
また、倦怠感に対して疲労を回復する効果のある「補中益気湯」、虚弱に対して「十全大補湯」、貧血に対して「人参養栄湯」などが使われます。

更年期の倦怠感の治療4:対症療法

倦怠感に加えて精神症状が強い場合は、その症状に対する治療薬などが使われます。

たとえば、気分の落ち込みには「抗うつ薬」、不安が強い場合には「抗不安薬」、眠れない状態には「睡眠薬」など症状に応じた薬を使います。

更年期の倦怠感の治療5:その他

更年期障害の治療として、「サプリメント」や「カウンセリング」などが行われます。

「サプリメント」では、「大豆イソフラボン」やその代謝産物である「エクオール」などが使われます。
また、「カウンセリング」では、更年期障害の原因となっている心理状態・生活習慣・社会背景などの原因を明らかにして、受容・共感・サポートなど行われます。

まとめ

今回は「更年期の倦怠感」について説明しました。

更年期にさしかかり、「倦怠感」が気になるようになった時、
どこの科を受診してもいいのか迷ってしまう場合があるかと思います。

そんな時は、婦人科を受診して相談するようにしましょう。

婦人科で対応可能なことは行います。
また、必要があれば他科の医療機関に紹介することも可能です。

婦人科は悩んでいる人の味方です。
勇気をもって受診するようにしましょう。

この記事によって、「更年期の倦怠感」についての理解が深まり、将来も健康的に笑顔で過ごせる人が一人でも多くなることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です