ポモドーロテクニックとは?作業効率を上げるべし!

結論ですが、
ポモドーロテクニックとは、「25分の作業」と「5分の休息」で行ことで作業効率を上げる時間管理術の方法です。

この記事は「作業効率を上げたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「ポモドーロテクニック」についてわかります。

作業がはかどらなくて困っています!?

このような意見にお答えします。

頼まれた仕事がなかなか片付かない…
仕事がたまっていく一方…
集中力がもたない…

このような悩みをお持ちの人は多いかと思います。

以前、疲労回復するために「休息と休養の違い」を理解することが大切だと説明しました。
今回は、「休息」というものをうまく活用して、日々の作業の効率を上げていく方法を紹介します。
「ポモドーロテクニック」という方法があり、今回説明していきます。

この記事のまとめ

  • ポモドーロテクニックとは、「25分の作業」と「5分の休息」で行ことで作業効率を上げる時間管理術の方法です。
  • ポモドーロテクニックは、「実行する作業を決める」「タイマーを25分に設定する」「25分間の作業を行う」「5分間の休息を取る」「3-5回程度繰り返したら長めの休息を取る」という手順で行います。
  • ポモドーロテクニックでは、「作業をリスト化する」「時間管理を徹底する」「マルチタスクを禁止する」「作業に集中できる環境を」「休息時間のルールを決める」がポイントになります。

ポモドーロテクニックとは

ポモドーロテクニックとは、「25分の作業」と「5分の休息」で行ことで作業効率を上げる時間管理術の方法です。

ヒトの集中力には限界があります。諸説ありますが、「30分から90分」がヒトの集中力が持続する限界だと言われています。
つまり、長い時間作業していると、集中力が下がってしまい、作業効率が低下しまいます。一旦、休息を入れることで、下がった集中力を回復し、次の作業をはかどらせることが出来るのです。

「休息をうまくいれることで作業効率をアップさせる」ことを実践したものが「ポモドーロテクニック」なのです。

ポモドーロテクニックの由来

ポモドーロテクニックは、1980年代にイタリア人の「フランチェスコ・シリロ」によって考案されました。

「25分の作業」と「5分の休息」の1セットのことを「ポモドーロ」と呼ばれます。
「ポモドーロ」とは、イタリア語で「トマト」を意味する言葉であり、「シリロ」がトマト型のキッチンタイマーを使っていたことから名付けられました。

ポモドーロテクニックのやり方

  1. 実行する作業を決める
  2. タイマーを25分に設定する
  3. タイマーが鳴るまで「25分間の作業」を行う
  4. 作業が終わったら「5分間の休息」を取る
  5. 1-4を3-5回程度繰り返したら「20-30分程度の長めの休息」を取る

ポモドーロテクニックの5つのポイント

作業をリスト化する

まずは、やるべき作業をリスト化して目に見える形にしましょう。
そこで、「重要性が高いもの」「緊急性が高いもの」などに分類して、やるべき作業に優先順位をつけるようにしましょう。

やるべき作業をリスト化して、優先順位をつけて作業に取り組むようにしましょう。

時間管理を徹底する

作業時間は、タイマーを使って正確に測るようにしましょう。

「25分」と「5分」を測ることで、正確に「25分の作業時間」と「5分の休息時間」を設けるようにしましょう。
ただし、集中力が持続する時間は人それぞれなので、作業時間を25分でなく、その人に合った時間に増減してもいいです。
また、会社によって決まった休憩時間があれば、その時間を基準に時間設定すると良いでしょう。

作業時間は、タイマーを使って正確に測るようにしましょう。

マルチタスクを禁止する

作業中は「一つの作業のみ」に集中するようにしましょう。

人間の脳は、同時に複数の作業をおこなう「マルチタスク」を苦手としています。
「マルチタスクが得意だ」という人もいます。しかし、「マルチタスク」は短時間で脳が切り替えており、細切れで「シングルタスク」を行っている状態です。そのため、脳に負担がかかり作業効率が低下します。

作業中は「一つの作業のみ」に集中するようにしましょう。

作業に集中できる環境を

作業中は、作業に集中できるような環境を作るようにしましょう。
電話応対や来客対応、同僚からの声かけなどによって、作業が中断してしまうと、集中力がそこで途切れることになります。

作業時間中は、緊急な用事でない限り、他の人からの用件が入らないような環境作りをおこなって、作業に集中できるようにしましょう。

休息時間のルールを決める

休息時間は、頭を休めることに専念しましょう。

休息時間に、スマホをいじったり、メールやSNSをチェックしたりすると、うまく頭を休めないです。すると、次の作業時間に作業効率が落ちてしまいます。
休息時間のルールを決めて、頭をしっかりと休めるようにしましょう。
次に、ポモドーロテクニックでのオススメの休息方法を紹介します。

ポモドーロテクニックでのオススメの休息

ただボーっとする

休息時間は何もしないようにしましょう。
頭の中を解放して、しっかりと休息するようにしましょう。

ストレッチ

作業した姿勢のままでいると、筋肉が硬くなっています。
ストレッチをして、体をほぐすようにしましょう。

立ち上がってみる

座ったままの状態が続くと、筋肉が硬くなってしまいます。
一旦、立ち上がりましょう。軽く歩いてみるのもオススメです。

マインドフルネス瞑想

今ここに意識を向ける「マインドフルネス瞑想」をしてみましょう。
ただ自分の呼吸に集中するだけの「呼吸瞑想」は、気軽にできるのでオススメです。

まとめ

  • ポモドーロテクニックとは、「25分の作業」と「5分の休息」で行ことで作業効率を上げる時間管理術の方法です。
  • ポモドーロテクニックは、「実行する作業を決める」「タイマーを25分に設定する」「25分間の作業を行う」「5分間の休息を取る」「3-5回程度繰り返したら長めの休息を取る」という手順で行います。
  • ポモドーロテクニックでは、「作業をリスト化する」「時間管理を徹底する」「マルチタスクを禁止する」「作業に集中できる環境を」「休息時間のルールを決める」がポイントになります。

今回は、「ポモドーロテクニック」について説明しました。

「休息」をうまく活用すると、日々の作業の効率を上がります。
作業効率が上がると、短い時間で作業が終わるため、時間を生み出すことが出来ます。
すると、

自分の好きなことに時間を使えたり…
睡眠時間に当てたり…
家族と過ごす時間を大切に出来たり…

より充実した毎日につながります。

この記事によって「ポモドーロテクニック」についての理解が深まり、作業効率が上がり、時間に余裕が出来て、一人でも多くの人が充実した毎日を過ごせるようになることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です