性感染症を防ぐための行動【5つ】

結論ですが

性感染症を防ぐ行動として、「性行為をしない」「コンドームを着用する」「不特定の相手と性行為しない」「タオル類を共用しない」「カミソリ・歯ブラシの共用をしない」ことがあります。

この記事は「性感染症を防ぎたい」ヒトに向けて書いています。
病気の予防に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「性感染症を防ぐために行動」に関してわかります。

性感染症にかかりたくないですが、どのようにすればいいですか?

このような疑問にお答えします。

実は、病気には予防できるものがあります。

今回紹介する性感染症も予防ができる病気のひとつです。
日常において、少し心がけるだけで性感染症から身を守ることができるのです。

では、性感染症を予防する行動について教えてください!

ということで、今回は「性感染症を防ぐ行動」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.性行為をしない

性感染症から身を守るために「性行為をしない」ようにしましょう。

当たり前ですが、性感染症は、性行為によって感染します。
性行為による濃厚接触、とくに粘膜や皮膚のキズを通じて感染します。

性感染症は、当たり前ですが「性行為をしないこと」によって防ぐことができます。

性感染症から身を守るために基本的には「性行為をしない」ようにしましょう。

2.コンドームを着用する

性感染症から身を守るために、性行為をする場合には「コンドームを着用する」ようにしましょう。

性感染症を防ぐためには、「性行為をしないこと」が重要です。とはいえ、愛するパートナーとのスキンシップや愛情表現のために性行為をする場合があるかと思います。

そのような場合には、コンドームを着用するようにしましょう。
性感染症を100%防ぐことは残念ながらできないですが、感染するリスクを抑えることができます。

性感染症から身を守るために、性行為をする場合には「コンドームを着用する」ようにしましょう。

3.不特定の相手と性行為しない

性感染症から身を守るために、「不特定の相手と性行為しない」ようにしましょう。

不特定の相手と性行為すると、性感染症をうつされるリスクが上がります。
とくに初めての相手でも性行為をするような相手では、性感染症にかかっているリスクが高くなります。
さらに、性行為をする人数が増えれば増えるほど性感染症をうつされるリスクが上がります。

反対にいうと、特定の相手とだけ性行為をしていて性感染症にかかっていないようであれば、お互いに性感染症にかかっていない可能性が高く、性感染症リスクという観点からすると安心できます。

性感染症から身を守るために、「不特定多数の相手と性行為しない」ようにしましょう。

4.タオル類は共用しない

性感染症から身を守るために、「タオル類は共用しない」ようにしましょう。

お風呂の後に拭いた「タオル」、下着などの「衣類」には病変が付着している可能性があります。
そして、タオル類を介して感染させてしまうこともあります。

性感染症から身を守るために、「タオル類は共用しない」ようにしましょう。

5.カミソリ・歯ブラシの共用をしない

性感染症から身を守るために、「カミソリ・歯ブラシの共用をしない」ようにしましょう。

カミソリや歯ブラシには血液が付着している可能性があります。
性感染症の中には血液を介して感染するものがあり、カミソリや歯ブラシから感染してしまうリスクがあります。

血液を介した性感染症から身を守るために、「カミソリ・歯ブラシの共用をしない」ようにしましょう。

まとめ

「性感染症を防ぐ行動」について説明しました。

普段から性感染症にかからないために、できる行動があります。
少しばかりの心がけで性感染症は防ぐことが出来るのです。

「予防に勝る治療なし」という言葉がありますが、性感染症もふくめ、病気は予防することが何より大事です。

性感染症の中でも、クラミジアや淋菌などに感染すると不妊の原因になることもあります。
性感染症によって悩まされないためにも、しっかりと予防をして、ご自身の体を守って下さい。

この記事によって「性感染症を防ぐ行動」について知って、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。