夏が旬の野菜【5つ】

結論ですが、

夏が旬の野菜には、「レタス」「トマト」「きゅうり」「とうもろこし」「おくら」などがあります。

この記事は「健康のために食事を考えたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「夏が旬の野菜」がついてわかります。

健康のためにどのような食材を選べばいいですか?

このような疑問にお答えします。

結論をいうと、「旬」の食材を選ぶといいでしょう。

「旬」(しゅん)とは、ある食材が他の時期よりも新鮮に食べられる時期のことをいいます。

日本には四季があります。季節ごとに食べごろを迎える食材があり、それを「旬の食材」「旬のもの」などと言われます。

旬の食材には「栄養価が高い」「味が濃くて美味しさが増す」「必要な成分を補える」「価格が安い」「季節を楽しめる」などのメリットがあります。

では、夏が旬の野菜って何ですか?

ということで、今回は「夏が旬の野菜」について紹介していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

夏が旬の野菜1:レタス

「レタス」は、本来は冬ですが、夏は高原レタスが出回ります。

主な栄養は、ベータカロテン・ビタミンK・葉酸などです。

旬のレタスは、シャキシャキっとした食感があり、そのままおいしく頂くことができます。

夏が旬の野菜2:トマト

「トマト」は、ミニトマト・中玉トマト・大玉トマト・フルーツトマトなど様々な品種があります。
なお、「フルーツトマト」は、ゆっくり育つ冬から春にかけて多く出荷されます。

主な栄養は、赤い色のリコピン・ビタミンC・カリウム・クエン酸などです。

ヘタが新鮮で、皮にハリがあり、ずっしりと重いものを選びましょう。
旬のトマトは、そのままおいしく頂くことができます。

夏が旬の野菜3:きゅうり

「きゅうり」は、「白いぼきゅうり」と「黒いぼきゅうり」があり、日本では「白いぼきゅう」が多く栽培されています。

成分の95%が水分であり、カリウムが豊富に含まれています。脱水予防やむくみに効果があります。

太さが均一で、持ってみてずっしりと重みがあり、色つやが良いものを選びましょう。
きゅうりは、サラダや酢の物・漬け物など生でおいしく頂くことができます。

夏が旬の野菜4:とうもろこし

「とうもろこし」は、コロンブスがヨーロッパに持ち帰り、世界各地で栽培されるようになりました。日本では、明治時代の北海道開拓を機に本格的な栽培がはじまりました。

カロリーが高く糖質が主成分のためエネルギー補給源となります。
また、ビタミンB群・ビタミンE・ナイアシン・葉酸・食物繊維などが豊富に含まれています。

実が先まで詰まっていて、ふっくらとツヤがあるものを選びましょう。
とうもろこしは、ゆっくりと茹でる、電子レンジで加熱などして、おいしく頂くことができます。

夏が旬の野菜5:オクラ

「オクラ」は、古代よりエジプトで栽培されていたようで、実は「Okra(オクラ)」は英語名なのです。日本では、明治時代に入ってきて、沖縄・鹿児島など一部地域で栽培されていたようですが、昭和50年代から一般市場に普及するようになりました。

オクラは、ねばねば成分である「ムチン」「ペクチン」などの水溶性食物繊維が含まれています。また、カロテン・ビタミンB群・葉酸・カリウム・マグネシウムなども豊富に含まれています。

鮮やかな緑で、うぶ毛が多いものが新鮮です。
オクラは、うぶ毛は塩をまぶしてこすり取り、ガクの黒い部分は面取りするようにむきましょう。沸騰したお湯に入れて、硬めに茹でて食べるようにしましょう。

まとめ

今回は、「夏が旬の野菜」について説明しました。

みなさんにとって「健康」というものがとても大切だと思います。

そして、「健康」のためには「食」というものがとても大切です。

食事によって摂取されたものによって、われわれの体が出来上がるのです。

「医食同源」という言葉がある通り、「食」というものはとても重要です。

さまざまなメリットのある「旬の食材」を取り入れるようにしましょう。

この記事をきっかけに、みなさんの普段の食事を見直して頂ければ幸いです。

この記事によって、「夏が旬の野菜」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送れることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。