冬の寒さ対策【5つのコツ】

結論ですが、

冬の寒さ対策として「防寒着」「暖房器具」「温めるグッズ」「断熱の工夫」「お風呂・脱衣所・トイレ」などがポイントとなります。

この記事は「健康的に過ごしたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「冬の寒さ対策」についてわかります。

冬の寒さを何とかする方法おしえてください!

このような意見にお答えします。

冬は寒いですね。ここ最近は一段と寒くなっています。

寒さで体が冷えてしまうと、血流が悪くなってしまい、筋肉のコリなどにつながり、体調不良の原因となってしまいます。

また、厳しい寒さの中では、低体温症や凍傷などのおそれがあります。

さらに、室内における急激な温度変化による「ヒートショック」などにも注意が必要です。

では、冬の寒さ対策でオススメな方法ありますか?

ということで、今回は「冬の寒さ対策」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

冬の寒さ対策1.防寒着

冬の寒さ対策として、「防寒着」を着用して温かい格好をしましょう。

外出するときには、コートを着こみ、マフラー・手袋などを着用して、肌の露出部分を少なくするようにしましょう。
また、室内でも「厚手のルームウェア」「ルームシューズ」を利用して、冷えないようにしましょう。

しっかりと、温かい格好を心がけて、寒さ対策をしましょう。

冬の寒さ対策2.暖房器具

冬の寒さ対策として、「暖房器具」をうまく活用しましょう。

室内の寒さ対策として、暖房器具をうまく活用しましょう。
電気代や灯油代などのコストや設置するスペースなどによりますが、暖房器具をうまく使いましょう。
「エアコン」は安全性が高く、小さい子どもがいても安心して使えます。
また、「オイルヒーター」「パネルヒーター」などはスペースをとらないです。「ストーブ」「ファンヒーター」はすぐに部屋を温めることができます。
「こたつ」「電気毛布」「ホットカーペット」は電気代を安くおさえることができます。

部屋に返ってきてすぐや、朝起きたときに部屋が寒いかと思いますので、タイマー機能をうまく活用することをオススメします。
くれぐれも火の元には注意をして、暖房器具は安全に使うようにしましょう。

冬の寒さ対策3.温めるアイテム

冬の寒さ対策として、体を「温めるアイテム」をうまく活用しましょう。

温めるアイテムとして、昔からある「カイロ」や「湯たんぽ」などがあります。
最近では、電子レンジで温めるタイプや電気で充電する「カイロ」や「湯たんぽ」などもあります。
また、「毛糸の下着」や「毛糸の靴下」「腹巻」「ネックウォーマー」「レッグウォーマー」「ひざ掛け」「ブランケット」などを活用しましょう。

冬の寒さ対策4.断熱の工夫

冬の寒さ対策として、室内において「断熱の工夫」をしましょう。

「カーテンを厚手のものにかえる」「窓に隙間テープをはる」「窓に断熱シートをはる」などして窓からの冷気への対策をしましょう。

また、「厚手のカーペット」や「コルクマット」「アルミマット」などを敷いて、床面に対する防寒対策をしましょう。

冬の寒さ対策5.浴室・脱衣所・トイレ

冬の寒さ対策として、「浴室」「脱衣所」「トイレ」など寒くなりやすい場所に注意しましょう。

温かい場所から急に寒い場所に出ると、血管が収縮して血圧が急に上昇します。
室内において、急激な温度の変化によって急激な血圧の変化など体にダメージを受けることを「ヒートショック」とよばれます。

血圧の急変動は、心臓に負担をかけ、「心筋梗塞」や「脳卒中」などの命を落としうる病気につながります。
とくに冬場において、温かい居間から、寒い「浴室」「脱衣所」「トイレ」などに移動するときや、入浴した後に脱衣所に出てくるときに「ヒートショック」に注意が必要です。

「浴室」「脱衣所」「トイレ」など温めるようにするとともに、入浴は40度未満のぬるめのお湯に入り、長湯を避けるようにしましょう。

まとめ

今回は、「冬の寒さ対策」について説明しました。

冬は寒いです。

ここ札幌では本格的に雪が積もっています。
雪かきや雪下ろしなどの作業が大変ですね。
朝早く起きて作業しなければならない人もいるかと思いますので、朝の寒さにはとくに気を付けてください。

また、ツルツル路面によって、滑って転ばないように注意が必要です。
冬場に出歩くときには、慎重に歩くようにしましょう。

この記事によって「冬の寒さ対策」についての理解が深まり、一人でも多くの人が、寒い冬でも快適に健康的に日々の生活を送ることが出来ることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。