冬に食べたい魚介類7つ【旬の食材】

結論ですが、

旬の食材には、さまざまなメリットがあるので、普段の食事に取り入れましょう。

この記事は「健康のために食事を考えたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「冬が旬の魚介類」がついてわかります。

健康のためにどのような食材を選べばいいですか?

このような疑問にお答えします。

われわれのまわりには様々な食材であふれています。

普段の買い物で…

今日の献立は何にしようか?
食材は何を買おうか?
この野菜はいつもより安いな…

このような悩みや疑問があるかと思います。

健康のために、新鮮な野菜や果物、魚介類などの食品を出来るだけ取り入れるようにしましょう。

とくに「旬の食材」には様々なメリットがあり積極的に取り入れることをオススメします。

今回は、今食べたい「冬が旬の野菜」について紹介していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

旬の食材

旬の食材とは

「旬」(しゅん)とは、ある食材が他の時期よりも新鮮に食べられる時期のことをいいます。

日本には四季があります。季節ごとに食べごろを迎える食材があり、それを「旬の食材」「旬のもの」などと言われます。

旬の食材のメリット

旬の食材にはさまざまなメリットがあります。

具体的に言うと、「栄養価が高い」「味が濃くて美味しさが増す」「必要な成分を補える」「価格が安い」「季節を楽しめる」などのメリットがあります。

今の季節に食べたい「冬が旬の魚介類」について順にみていきましょう。

1.コハダ

「コハダ」(コノシロ)は、名前のとおり春の魚の代表です。

コハダの調理は、まずは鱗を取りましょう。小さめのサイズであればそのまま調理して、大きめのサイズは三枚おろしがオススメです。
また、コハダといったら「酢締め」です。軽く塩をふって、酢を数分漬け込むだけで簡単にできます。

2.ブリ

「ブリ」は、小型のものは「ハマチ」や「イナダ」と呼ばれる出世魚で、12月から1月にかけて旬を迎えます。

「寒ブリ」は甘い脂の乗りが特徴です。「刺身」として素材の味を頂いたり、オススメの調理法は「照り焼き」です。

3.タラ

「タラ」は、「鱈」と漢字で書くように冬を代表する魚です。「マダラ」「スケトウダラ」「コマイ」などの種類があります。なお、スケトウダラの卵巣を塩漬けしたものが「タラコ」となります。

「タラ」のオススメの調理法は、「煮つけ」「ホイル焼き」「蒸し焼き」などがあります。この時期「鍋」にいれても良いですね。

4.カレイ

「カレイ」は、種類によって旬が異なりますが、冬から春にかけてが旬となります。

「カレイ」は独特の形から、通常の三枚おろしでなく「五枚おろし」という捌き方が必要になります。やわらかな白身で、ほんのりした旨味が特徴的な魚です。

「カレイ」のオススメの調理法は、「煮つけ」や丸ごとの「からあげ」などです。

5.シシャモ

「シシャモ」は、12月から1月にかけてが旬となります。

「シシャモ」の名前は、実は「アイヌ語」が由来です。
子持ちシシャモとその他のシシャモに分けられますが、子持ちシシャモの方が味わい深く美味しいと感じる方が多いです。

「シシャモ」のオススメの調理法は、「塩焼き」「からあげ」「フライ」などです。

6.フグ

「フグ」は、12月から2月にかけてが旬となります。

「フグ」の調理に関していうと、猛毒をもっているため、「調理師免許」をもっていないと捌いてはいけませんので、ご注意ください。

「フグ」のオススメの料理は、とらふぐの「てっちり」や「てっさ」です。捌かれたフグを使うので、調理自体は簡単に行うことができます。

7.ワカサギ

「ワカサギ」は、1月から2月にかけてが旬となります。

「ワカサギ」というと、氷上で穴をあけて釣りをすることで有名ですね。
「ワカサギ」の調理は、鱗とりくらいです。かなり小ぶりなサイズということもあって、開いたり捌いたりすることはあまりありません。
内臓は苦味はありませんし、骨も身もおいしくいただけます。

「ワカサギ」のオススメの料理は、やはり「唐揚げ」です。「唐揚げ」や「てんぷら」はとても美味しいです。

まとめ

今回は、「冬が旬の魚介類」について説明しました。

みなさんにとって「健康」というものがとても大切だと思います。

そして、「健康」のためには「食」というものがとても大切です。

食事によって摂取されたものによって、われわれの体が出来上がるのです。
「医食同源」という言葉がある通り、「食」というものはとても重要です。

さまざまなメリットのある「旬の食材」を取り入れるようにしましょう。

この記事をきっかけに、みなさんの普段の食事を見直して頂ければ幸いです。

この記事によって、「冬が旬の魚介類」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送れることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。