冬に食べたい野菜7つ【旬の食材】

結論ですが、

旬の食材には、さまざまなメリットがあるので、普段の食事に取り入れましょう。

この記事は「健康のために食事を考えたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「冬が旬の野菜」がついてわかります。

健康のためにどのような食材を選べばいいですか?

このような疑問にお答えします。

われわれのまわりには様々な食材であふれています。

普段の買い物で…

今日の献立は何にしようか?
食材は何を買おうか?
この野菜はいつもより安いな…

このような悩みや疑問があるかと思います。

健康のために、新鮮な野菜や果物、魚介類などの食品を出来るだけ取り入れるようにしましょう。

とくに「旬の食材」には様々なメリットがあり積極的に取り入れることをオススメします。

今回は、今食べたい「冬が旬の野菜」について紹介していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

旬の食材

旬の食材とは

「旬」(しゅん)とは、ある食材が他の時期よりも新鮮に食べられる時期のことをいいます。

日本には四季があります。季節ごとに食べごろを迎える食材があり、それを「旬の食材」「旬のもの」などと言われます。

旬の食材のメリット

旬の食材にはさまざまなメリットがあります。

具体的に言うと、「栄養価が高い」「味が濃くて美味しさが増す」「必要な成分を補える」「価格が安い」「季節を楽しめる」などのメリットがあります。

今の季節に食べたい「冬が旬の野菜」について順にみていきましょう。

1.大根

「大根」(青首大根)は、12月から2月にかけて出回ります。

旬の大根は、甘みがあってみずみずしく柔らかいのが特徴です。冬の時期は、より甘みが増しています。

オススメの調理法は、「鍋の具材」として「煮物」や「おでん」などです。

2.はくさい

「はくさい」の旬は、10月から2月頃の秋から冬にかけてです。

「はくさい」は、寒くなると自身が凍らないように糖分をたくわえるようになり、甘みが増して一層おいしくなります。

オススメの調理法は、「鍋の具材」として「煮物」や「炒め」「蒸し」、「漬け物」などです。

3.ほうれんそう

「ほうれんそう」の旬は、11月から1月頃にかけてです。

「ほうれんそう」は、全国で栽培され、さまざまな品種を栽培法を変えて収穫されており一年中流通していますが、本来の旬は冬です。冬になると、夏と比べてビタミンCが3倍になるとか。

オススメの調理法は、定番の「おひたし」、「鍋の具材」として「煮物」、パスタやサラダなどへの「和えもの」などです。

4.れんこん

「れんこん」の旬は、秋から冬にかけてですが、1年を通してスーパーなどで販売されています。

「れんこん」は、蓮の地下茎を食用にしたものです。
皮をむくと、白い部分が出てきますが、空気に触れると変色しますが、タンニンという成分の影響です。
「れんこん」は、「ビタミンC」と「パントテン酸」が含まれます。とくに「ビタミンC」が豊富に含まれており、冬の風邪予防にうってつけです。

オススメの調理法は、定番の「きんぴら」や、輪切りにして「酢の物」にしたり、「鍋の具材」として「煮物」、「炒め物」などです。

5.長ねぎ

「長ネギ」の旬は、晩秋から春先にかけてです。

「ネギ」は大きく分けて、根元の白い部分を食べる「根深ねぎ」と、葉の部分を食べる「葉ねぎ」があります。
「根深ねぎ」は、「長ネギ」や「白ネギ」と呼ばれるものです。そのまま食べると辛いですが、煮込むと甘くとろりとした口当たりになります。
おいしくなるのは、「根深ねぎ」が冬、「葉ねぎ」は春と言われています。

オススメの調理法は、「鍋の具材」として「煮物」、「焼きネギ」、「マリネ」、スープやサラダに「和えもの」などです。

6.ブロッコリー

「ブロッコリー」の旬は、11月頃から3月頃にかけてです。

「ブロッコリー」は小さな花のつぼみが集まった「花蕾」(からい)という、花茎の部分を食べます。
ブロッコリーは、「ビタミンC」が豊富に含まれます。また、カルシウムの吸収を促す「ビタミンK」や「食物繊維」も豊富に含まれています。

オススメの調理法は、ゆでたり、電子レンジで温めてそのまま食べたり、スープやサラダに「和えもの」などです。

7.小松菜

「小松菜」の旬は、12月頃であり、冬を代表する野菜です。

「小松菜」は、冬の寒さや霜にさらされることで、葉肉が厚く柔らかくなり、あくが抜けて甘みが増していきます。
「小松菜」の栄養価の高さは群を抜いており、「カリウム」「カルシウム」「鉄分」「βカロテン」「ビタミンC」「ビタミンE」「ビタミンK」など豊富に含まれています。

オススメの調理法は、定番の「おひたし」、「鍋の具材」として「煮物」、「炒め物」、サラダへの「和え物」などです。

まとめ

今回は、「冬が旬の野菜」について説明しました。

みなさんにとって「健康」というものがとても大切だと思います。

そして、「健康」のためには「食」というものがとても大切です。

食事によって摂取されたものによって、われわれの体が出来上がるのです。
「医食同源」という言葉がある通り、「食」というものはとても重要です。

さまざまなメリットのある「旬の食材」を取り入れるようにしましょう。

この記事をきっかけに、みなさんの普段の食事を見直して頂ければ幸いです。

この記事によって、「冬が旬の野菜」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送れることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。