熱中症の症状は?【危険なサインに注意!】

結論ですが

熱中症の症状には、「初期症状」「筋肉の症状」「消化器の症状」「脳の症状」などがあります。

この記事は「猛暑」に悩んでいる人に向けて書いています。
猛暑による熱中症を警戒している人に解決方法を教えます。
この記事を読むことで「熱中症の症状」についてわかります。

最近は暑い日が続きますが、熱中症に注意しなければ!

このような悩みにお答えします。

ここ札幌では、連日の暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。

北海道の人は、とくに暑さに弱いです。
さらにエアコンを置いてある家庭は少ないため、「熱中症」が心配です。

では、「熱中症の症状」はどのようなものがあるでしょう?

実は、「熱中症」は命を落としうる病気です。
とくに、小さいこどもや高齢者の方は注意が必要です。

そんな、熱中症は「初期症状」に気づくことが大切です。
初期症状に気づいて、熱中症の重症化を防ぎましょう。

では、今回は「熱中症の症状」について説明していきます。

この記事のまとめ

熱中症の症状1:初期症状

熱中症の重症化を防ぐために、初期症状に早めに気づくことが大切です。

熱中症の初期には、暑さによって汗によって体内から水分やミネラル分が失われます。
すると「口が渇いた感じ」や「多量の汗」が起こり、脱水から「おしっこの量が低下」します。また、「頭痛」や「体のだるさ」「吐き気」などの症状がおこります。

さらに、熱中症による脱水でとくに影響を受けやすい臓器が「筋肉」「消化器」「脳」と言われています。それらの臓器は、機能を維持するために「水分」が多く必要です。

では、臓器別の症状を順にみていきましょう。

熱中症の症状2:筋肉の症状

熱中症によって「水分」や「ミネラル分」などが失われて、筋肉の症状が起こります。

具体的にいうと、「筋肉痛」「しびれ」「こむら返り」などの症状が起こります。
筋肉の収縮は、水分やミネラル分が深く関わっています。熱中症によって、そのバランスが乱れると、「筋肉痛」が起こり、筋肉の「しびれ感」、足がつりやすくなる「こむら返り」などが起こるのです。

熱中症の症状3:消化器の症状

熱中症によって「水分」や「ミネラル分」などが失われて、消化器の症状が起こります。

具体的にいうと、「食欲低下」「胃のムカムカ感」「吐き気」「おう吐」「下痢」などの症状が起こります。
消化器の機能には、水分やミネラル分が深く関わっています。熱中症によって、胃や腸の動きが悪くなり、「食欲が低下」し食べ物を受け付けなくなります。
「吐き気」や実際に「吐いて」しまうことも…。
さらに、「胃のムカムカ感」や「下痢」などの症状がおこります。

熱中症の症状4:脳の症状

熱中症による「高熱」や「水分」「ミネラル分」などが失われて、脳の症状が起こります。

具体的にいうと、「めまい」「立ちくらみ」「頭痛」「けいれん」「意識消失」などの症状が起こります。
熱中症による脱水によって、脳に十分な血流が行き渡らず、「めまい」や「立ちくらみ」が起こります。
高熱によって「頭痛」が起こり、やミネラル分不足などが加わり、さらに重症化すると、「けいれん発作」や「意識を失って」しまうこともあります。

まとめ

今回は「熱中症の症状」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。
温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

熱中症は、命を落としうる病気です。
とくに「小さなこども」や「高齢者」は熱中症によって毎年何人か亡くなっています。

熱中症の初期症状には十分注意して、重症化を防ぎましょう。
そして、暑い夏を健康的に楽しく乗り切りましょう。

この記事によって「熱中症の症状」がわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です