HPV感染による疾患は?

結論ですが

HPV感染によって、子宮頸がん以外にも様々な疾患が起こります。

この記事は「HPV」について知りたい女性に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「HPV感染による疾患」についてわかります。

「HPV」の感染によって、どのような疾患が起こりますか?

このような疑問にお答えします。

「HPV」は、「ヒトパピローマウイルス」という名前のウイルスです。

「HPV」は子宮頸がんの原因で有名です。
しかし、「HPV」は実は他にもさまざまな疾患の原因となります。

では、子宮頸がん以外にどのような疾患があるのであろう?

ということで、今回は「HPV感染による疾患」について説明していきます。

この記事のまとめ

HPVと子宮頸がん

子宮頸がんのほとんどは「HPV」(ヒトパピローマウイルス)というウイルス感染が原因です。

子宮頸部(子宮の入り口に近い部分)にHPVが持続感染すると、「異形成」という前がん病変を経て、「子宮頸がん」に進展します。

さまざまな種類がある「HPV」のうち、がん化するリスクが高い「ハイリスクHPV」(とくに16型・18型など)の感染によって子宮頸がんは起こります。

HPVと良性腫瘍

「HPV」の持続感染によって、さまざまな良性腫瘍が形成されます。「HPV」の型(タイプ)によって、形成される病変が異なります。

尖圭コンジローマ

「HPV」の6型・11型の感染によって、尖圭コンジローマが起こります。

尖圭コンジローマは、性感染症の一つであり、陰部などにできる「とさか状」「隆起性」の病変のことを言います。

尋常性疣贅

「HPV」の2型・4型の感染によって、「尋常性疣贅」(じんじょうせいゆうぜい)が起こります。

「尋常性疣贅」は、皮膚の上に出来上がった小さなイボの病変のことを言います。

青年性扁平疣贅

「HPV」の3型・10型の感染によって、「青年性扁平疣贅」(せいねんせいへんぺいゆうぜい)が起こります。

「青年性扁平疣贅」は、青年期(とくに女性)に多く、顔・おこでに出来る「先端が平らなイボの病変」のことを言います。

HPVと悪性腫瘍

「HPV」のうち「ハイリスクHPV」の感染によって、子宮頸がん以外にもさまざまな悪性腫瘍が形成されます。

たとえば、女性器であれば「腟がん」「外陰がん」。男性器であれば「陰茎がん」。
消化器でいうと、「直腸がん」「肛門がん」。また、「咽頭がん」などの原因になります。

まとめ

今回は「HPV感染による疾患」について説明しました。

HPVの感染は、じつに多くの疾患と深いかかわりがあります。

ちなみに、HPVワクチンを受けることで、「子宮頸がん」を予防することはもちろん、他の悪性腫瘍も予防することができます。

さらに4価・9価のHPVワクチンでは、性感染症の「尖圭コンジローマ」の予防もできます。

HPVワクチンによって、女性の病気を予防するだけではないため、男性もHPVワクチンを接種することをオススメします。

この記事によって「HPV感染による疾患」について理解が深まり、子宮頸がんで苦しむ人が一人でも少なくなることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です