笑いの健康効果【5つの効果】

結論ですが

笑いによる健康効果として「免疫力アップ」「自律神経が整う」「脳を活性化」「血行促進」「メンタル安定」などがあります。

この記事は「笑いと健康の関係」について知りたいヒトに向けて書いています。
健康に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「笑いの健康効果」についてわかります。

笑いって健康に良いのですか?

このような疑問にお答えします。

結論を言うと「笑い」は健康に良いです。

人には「喜怒哀楽」さまざまな感情があります。
人生において、喜びである「喜」、楽しみである「楽」をより多くすることが大切であると常々思います。
「笑い」によって「喜」や「楽」の感情がもたらされ、人生がより良いものになる「カギ」となります。

昔から「笑い」に関する研究はあり、笑いの健康効果もいくつか知られています。
ということで、今回は「笑いの健康効果」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.免疫力アップ

笑いによって免疫力がアップします。

有名な研究ですが、笑いによって「NK(ナチュラルキラー)細胞」が活性化されます。
「NK(ナチュラルキラー)細胞」は、「がん細胞」の増殖をおさえたり、感染した病原体を退治する働きをします。

つまり、笑いによって免疫力が高まり、「がん」や「感染症」などの病気に対する予防効果も期待できるのです。

2.自律神経を整える

笑いによって自律神経のバランスが整います。

自律神経には、興奮状態となる「交感神経」と、リラックス状態となる「副交感神経」があります。これらのバランスが崩れると、体調不良の原因となります。

笑うことによって「交感神経」が促進され、その後急に低下することによって「副交感神経」が優位となりリラックス効果がもたられます。

笑うことによって自律神経の切り替えが頻繁となり、「自律神経のバランス」が整いやすくなるのです。

3.脳を活性化

笑いによって脳が活性化します。

笑いによって、記憶をつかさどる脳の「海馬」が活性化されて、記憶力がアップします。
また、笑いによって脳波の中のアルファ波が増えてリラックス効果が得られます。
さらに、意思や理性をつかさどる大脳皮質への血流が増加したりして、脳の働きが活発化するのです。

4.血行促進

笑いによって血行が促進されます。

おもいっきり笑ったときの呼吸は、腹式呼吸や深呼吸と同じような状態になります。
すると、酸素がおもいっきり体内に取り込まれることになります。
さらに、呼吸に関する腹直筋や横隔膜などの呼吸筋が運動している状態になります。すると、酸素が必要性が高まることに加えて、横隔膜が動くことによって血液の流れが促されます。

つまり、笑いによって、血行が促進されて、血液が全身に行き渡るようになるのです。

5.メンタル安定

笑いによってメンタルが安定します。

人は表情によって感情が作られます。
笑って楽しそうな表情であると、気分も楽しくなります。
さらに、笑うと「エンドルフィン」という脳内ホルモンが分泌されて、「幸福感」をもたらし、「鎮痛作用」をもたらし痛みを軽減してくれます。

つまり、笑いによって、楽しい気分となり、幸福感を得られ、メンタル安定につながるのです。

まとめ

今回は「笑いの健康効果」について説明しました。

一度きりの人生、楽しく過ごすに越したことありません。

人生楽しまなければ損です!

笑顔を心がけることで、楽しい気分で過ごしましょう。
そして日常の中に笑いを見つけるようにして楽しみましょう。

「笑い」を積極的に取り入れて、素敵な毎日を過ごしましょう。

この記事によって「笑いの健康効果」についての理解が深まり、一人でも多くの人に役立てていただければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。