低用量ピルとは?

結論ですが

低用量ピルとは、「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンの成分を含むくすりのことをいいます。

この記事は「低用量ピル」について知りたい女性向けに書いています。
「低用量ピル」に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「低用量ピル」についてわかります。

低用量ピルって何ですか?

このような疑問にお答えします。

ピルを使いたいと思っていますが、よく「低用量ピル」って耳にします。

低用量以外のピルってあるのですか?
他にはどんな種類がありますか?
そもそもピルってどんな薬ですか?

さまざまな疑問が出てくるかと思います。
ということで、今回は「低用量ピル」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

低用量ピルとは

低用量ピルとは、おもに「エストロゲン」(卵胞ホルモン)と「プロゲステロン」(黄体ホルモン)というホルモンの成分を含むくすりのことをいいます。

もともとピルは、妊娠をしないための「OC」(経口避妊薬)として使われていました。

ところが、ピルを使っている人は「月経の痛みが軽くなる」「月経の量が少なくなる」などの効果があるということがわかり、それらの治療としてピルが使われるようになりました。

現在では、ピルの中でも「低用量ピル」が主流に使われています。
ということで、今回は「低用量ピル」について見ていきましょう。

低用量以外のピル

低用量以外のピルとして、「超低用量ピル」「中用量ピル」「高用量ピル」などがあります。

ピルの成分のうち、含まれる「エストロゲン」の量によって、「超低用量ピル」「低用量ピル」「中用量ピル」「高用量ピル」などに分類されます。

ピルのうち「エストロゲン」が50ugより少ないものを「低用量ピル」、30ugより少ないものを「超低用量ピル」といいます。

また、「低用量ピル」が登場する1999年より前には「中用量ピル」「高用量ピル」が主流として使われていました。
治療効果は高いのですが、副作用の頻度が多かったようです。
そのため、現在では副作用が少なく、安全性と確実性の高い「低用量ピル」や「超低用量ピル」を使用することが主流になっています。

低用量ピルの効果

避妊効果

低用量ピルは「排卵をおさえること」によって避妊効果を発揮します。

正しくピルを使用すれば、ほぼ確実な避妊効果が期待できます。
また、ピルを長期にのんでいた場合でも中止すれば妊娠することが可能であり、将来の妊娠のしやすさに影響をあたえない避妊方法です。

月経痛

低用量ピルによって月経の痛みをやわらげます。

「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などがあると、月経の痛みの原因になります。ピルには、そうした原因がある月経痛もやわらげる効果があります。

過多月経

低用量ピルによって月経の量を少なくなります。

ピルには子宮内膜が厚くなるのをおさえる効果があるため月経の量は少なくなります。

月経前症候群

低用量ピルによって月経前症候群の症状が改善します。

月経の前に不快な症状をともなうものを「月経前症候群」といいます。
「イライラしやすい」「気分の落ち込み」「頭痛」「乳房痛」などの症状がありますが、低用量ピルによってそれらの症状がやわらぎます。

子宮内膜症

ピルをのむと子宮内膜症にともなう月経の痛みや、腹痛・腰痛などをやわらげます。

子宮内膜症にともなって卵巣が腫れることがありますが、ピルを使うとその卵巣の腫れを小さくする効果があります。
また、子宮内膜症にともなう卵巣の腫れに対する手術をおこなった場合、手術のあとに卵巣の腫れが再発するために使われることもあります。

低用量ピルの注意点

低用量ピルには「血栓症」「吐き気」「不正出血」「胸のはり」などの副作用があり注意が必要です。

とくに「血栓症」は命をおとしうる副作用です。
ふくらはぎの腫れ・痛み、歩行時の痛み、息切れなどの症状が出てきた場合には、早めに受診して担当医に相談するようにしましょう。
40歳をこえてピルを使っている場合には、とくに注意が必要です。

また、ピルの飲み始めには「吐き気」「不正出血」「胸のはり」などの症状が多くおこりますが、服用を続けていくうちに症状はおさまってきます。2-3シートくらい続けると、ほとんどの症状はおさまります。

まとめ

今回は「低用量ピル」について説明しました。

女性と月経は切っても切り離せない問題です。

「低用量ピル」をうまく活用することによって、月経とうまく付き合い、よりよく生活することができます。

ただし、くすり全般的にいえることですが、副作用などの注意すべき点もあります。
安全にピルを使えるように、心配な症状があった場合には、担当医と相談するようにしましょう。

この記事によって「低用量ピル」についての理解が深まり、一人でも多くの人に役立てていただければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。