ピルの休薬期間の避妊効果は?

結論ですが

ピルの休薬期間にも、避妊効果はあります。

この記事は「ピル」について知りたい人に向けて書いています。
女性特有の問題に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事によって「ピルの避妊効果」について理解することができます。

ピルって、休薬期間中も避妊効果を発揮しますか?

このような疑問にお答えします。

ピルって飲み忘れると、避妊効果が落ちると聞いたことがあります。
では、休薬期間ってピルを飲んでいないのですが、避妊効果は大丈夫でしょうか!?

このような疑問を持つ人は多いです。
結論をいうと、ピルの休薬期間にも、避妊効果は発揮します。

ということで、今回は「ピルの避妊効果」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

ピルとは

ピルは、おもに「エストロゲン」(卵胞ホルモン)と「プロゲステロン」(黄体ホルモン)というホルモンの成分を含むくすりのことをいいます。

もともとピルは、妊娠をしないための「OC」(経口避妊薬)として使われていました。

ピルを使っている人は「月経の痛みが軽くなる」「月経の量が少なくなる」などの効果があるということがわかり、それらの治療としても使用されるようになりました。
なお、月経症状の改善を目的としてピルを「LEP」(低用量エストロゲンプロゲステロン製剤)とよばれます。

ピルと避妊効果

ピルを定期的に内服することによって、排卵が抑制され、子宮内膜が薄くなり、「避妊効果」が発揮されます。

ピルを使うことで、排卵が抑制され、子宮内膜が薄くなり、「避妊効果」が発揮されます。
つまり、「排卵の抑制」によって受精を防ぐことができ、「子宮内膜が薄くなること」で万が一受精しても着床することを防ぐことができます。

ピルの飲み忘れと避妊効果

ピルの飲み忘れによって「避妊効果」が低下します。

ピルを使うことで、排卵が抑制され、子宮内膜が薄くなり、「避妊効果」が発揮されます。
つまり、「排卵の抑制」によって受精を防ぐことができ、「子宮内膜が薄くなること」で万が一受精しても着床することを防ぐことができます。

しかし、ピルを飲み忘れてしまったり、正しい飲み方がされていない場合には、避妊効果が十分得られなくなります。

なので、ピルを飲み忘れてしまった時には、他の避妊法をおこないましょう。
また、ピルを飲み忘れた後の経過で妊娠を疑う症状(月経が来ないなど)があれば、早めに受診して相談するようにしましょう。

ピルの休薬期間と避妊効果

ピルの休薬期間も「避妊効果」は発揮されます。

ピルの休薬期間は、子宮内膜が剥がれて、消退出血(月経のような出血)が起こる時期です。
通常の月経期にあたる時期にあたり、通常は妊娠しない時期になります。

排卵期のズレや個人差があるので絶対的なことは言えないのですが、通常飲み忘れなくピルを定期的に内服していれば、休薬期間も避妊効果は発揮され、休薬期間に妊娠することは理論上ないです。

ただし、ピルの休薬期間は消退出血によって出血しており、感染症のリスクが上がるため性交渉を行うことはあまりオススメできません。

まとめ

今回は「ピルの避妊効果」について説明しました。

「ピル」をうまくつかうことで、月経症状をコントロールすることができて、より快適に生活をおくることができます。

さらに、「ピル」によって避妊効果も得られるため、家族計画もサポートしてくれます。

ピルをうまく活用することができると、女性の生活はよりよいものになります。

この記事によって「ピルの避妊効果」について理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。