ピルの下痢【ピルの副作用】

結論ですが、

ピルの副作用で、下痢が起こる場合があります。

この記事は「ピル」について知りたい人に向けて書いています。
ピルに関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「ピルの下痢」についてわかります。

ピルを使っていますが、下痢を起こしていますが大丈夫ですか?

このような疑問にお答えします。

避妊目的、月経症状の改善目的などでピルを飲んでいる人がいるかと思います。

ピルにはいくつか副作用があります。
吐き気・不正出血・むくみ・乳房のハリ・血栓症など…。
そして、今回説明する「下痢」などあります。

ピルを飲み始めて、下痢があると…

この薬は大丈夫なのだろうか?
このまま続けてもいいのだろうか?

と心配になるでしょう。

では、ピルの下痢には、どのように対処すればいいですか?

ということで、今回は「ピルの下痢」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.ピルの下痢

ピルの副作用で、下痢が起こる場合があります。

便の水分が増えて、液状またはそれに近い状態を「下痢便」といい、通常より少し柔らかい状態のことを「軟便」といいます。
下痢便や軟便を繰り返して、腹部の不快感や腹痛をともなう状態のことを「下痢」もしくは「下痢症」といいます。

ピルの副作用によって、「下痢」が起こる場合があります。

2.ピルの下痢の原因

ピルの下痢の原因として、ピルに含まれるホルモンの成分などによって起こります。

「下痢」は、消化管での水分や栄養分の消化・吸収が不良となる場合に起こります。
ピルに含まれるホルモンの成分には、消化管に影響をあたえて、消化機能が低下してしまう場合があります。そして、「下痢」以外にも「腹痛」や「便秘」などの消化器症状を引き起こすこともあります。

ピルの下痢は、ピルに含まれるホルモンの成分などが原因となっているのです。

3.ピルの下痢の対処

ピルの追加内服を

ピルの下痢が続くようであれば、「ピルの追加内服」をしましょう。

1日に何回も下痢をするような場合、内服されたピルの成分が体内に吸収されていない可能性があります。
ピルを服用してから2時間以内に嘔吐や下痢をしてしまったら、その日はピルを1錠多く服用することが推奨されています。

ただし、1回下痢をした程度であればピルに効果に影響を与える可能性は少ないため、通常通りピルの服用を続けましょう。

他の避妊法を

ピルの下痢が続くようであれば、「他の避妊法」を併用しましょう。

下痢の症状が数日続くようであれば、内服されたピルの成分が体内に吸収されておらず、避妊効果が下がっている可能性があります。
下痢の症状が出ている期間と、下痢が改善してから1週間程度は、コンドームなど他の避妊法を併用することをオススメします。
ただし、ピルの休薬期間や偽薬(プラセボ)の期間に下痢をした場合は、避妊効果に影響を与えることはありません。

ピルの中止を

ピルの下痢が続くようであれば、ピルを中止することを検討しましょう。

ピルの下痢などの副作用は、ホルモンバランスの乱れから起こる場合がほとんどであり、飲み続けていくうちにほとんどが落ち着いてきます。
ただし、ピルを3ヵ月以上継続しても、下痢などの副作用が改善されない場合には、ピルが合っていない可能性があるため、ピルを中止することを検討しましょう。

まとめ

今回は「ピルの下痢」について説明しました。

ピルをうまく活用すると、女性の生活の質が上がります。

月経にともなう症状を改善することができ、仕事やプライベートでも快適に過ごすことをサポートしてくれます。

ピルにはいくつか副作用もあります。

心配のないものもありますが、気を付けなければならない副作用もあります。

ピルだけでなく、くすりを使う場合には、その特性を理解した上で、用法用量や注意点を守って、安全に使うことが大切です。

ピルを使用していて何か疑問をお持ちの方は、気軽にかかりつけの婦人科医に相談するようにしましょう。

この記事によって「ピルの下痢」について理解が深まり、一人でも多くの人に役に立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。