月経の回数を減らす!フレックス投与法とは

結論ですが

ピルのフレックス投与法によって、月経の回数を減らすことが出来ます。

この記事は「ピル」について知りたい人に向けて書いています。
女性特有の問題に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事によって「ピルのフレックス投与法」について理解することができます。

フレックス投与法って何ですか?

このような疑問にお答えします。

月経の症状がひどすぎてピルを使いたい場合があるかと思います。

じつはピルにはさまざまな種類があり、ピルの飲み方もいくつかあります。

その中でも、月経の回数を減らすことができたり、自分で月経をコントロールすることができる投与法が実はあるのです。
それが「フレックス投与法」です!

では「フレックス投与法」とは何だろうか?

今回は「ピルのフレックス投与法」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

フレックス投与法とは?

フレックス投与法

フレックス投与法は、ピルの飲み方であり、ピルを最長で120日間連続して飲むことが可能です。

連続投与することで、「休薬期間の回数」を少なくすることができ、「消退出血」(月経のような出血)の回数を減らすことができます。

すると、休薬期間にみられる月経のような「腹痛」「頭痛」「乳房痛」などの症状の回数を少なくするなどの効果が期待できます。

従来の投与法

従来のピルの投与法は、「21日間」ピルを服用して、「7日間」ピルを休薬するという方法です。

ピルを服用してから休薬すると、休薬期間に子宮内膜が剥がれ落ちて「消退出血」が起こります。「21日間」ピルを服用して、「7日間」ピルを休薬すると、理論的には「28日型」の月経周期が規則的に来るようになります。

つまり、「28日」の間に1度、休薬期間にみられる月経のような「腹痛」「頭痛」「乳房痛」などの症状を経験することになります。

フレックス投与法の利点

月経回数を減らせる

フレックス投与法によって、月経回数を減らすことが出来ます。

フレックス投与法では、ピルを最長で120日間連続して飲むことが可能です。
つまり、最大で120日間に1回に「月経」(消退出血)の回数を減らすことができるのです。

月経症状を和らげる

フレックス投与法によって、月経症状を和らげることができます。

ピルの効果によって、月経痛や過多月経などの月経に関係する症状を和らげることができます。さらに、フレックス投与法では、「月経」(消退出血)回数も減らせることができるため、月経症状を経験する回数も減らすことにもなるのです。

月経をコントロールできる

フレックス投与法によって、月経をコントロールすることができます。

たとえば、「旅行の予定」や「重要な大会」「イベント」などで月経が来てほしくない日があるとしたら、フレックス投与法を活用することによって月経を避けることができます。

フレックス投与法では、ピルを最短で「24日」以上、最長で「120日」の間、連続して飲むことが可能です。休薬期間に「月経」(消退出血)が起こるため、ピルの服用期間を「24日から120日」の間で調整することによって、月経をコントロールして起こすことができます。

フレックス投与法の注意点

不正出血が3日間以上で4日間の休薬を

ピルの服用期間中に「不正出血が3日間以上」あれば「4日間の休薬期間」を設けましょう。

フレックス投与法では、最長「120日間」連続してピルを飲むことが可能です。
しかし、ピルの服用期間中に「不正出血」(破綻出血)がおこる場合があります。不正出血が「3日間」以上つづく場合は、「4日間」の休薬期間を設けましょう。
そして、「4日間」の休薬期間の後にピルを飲み始めるようにしましょう。

休薬期間は「4日間」を超えないこと

フレックス投与法では、休薬期間は「4日間」を超えないようにしましょう。

「月経の起こしたいタイミング」や「3日間以上の不正出血」があったときに、休薬期間に入るかと思います。休薬期間は「4日間」を超えないようにしましょう。
これは、出血が続いていても、4日間の休薬期間の後はピル内服を再開しましょう。
また、休薬期間後にピルの飲み始めを忘れる場合があるので注意しましょう。

服用期間は「24日間」以上設けること

フレックス投与法では、服用期間は「24日間」以上設けるようにしましょう。

服用期間が十分でないと、休薬期間に「月経」(消退出血)がうまく起こらず、不正出血が起こる原因となります。
出血の有無にかかわらず、「24日間」以上は連続服用をするようにしましょう。
これは、初めてピルを服用する場合も、休薬期間の後に服用する場合も、しっかりと守るようにしましょう。

まとめ

今回は「フレックス投与法」について説明しました。

女性にとって月経とは切っても切り離せない問題です。

「ピル」をうまくつかうことで、月経症状をコントロールすることができて、より快適に生活をおくることができます。

さらに、「ピル」によって避妊効果も得られるため、家族計画もサポートしてくれます。

ピルをうまく活用することができると、女性の生活はよりよいものになります。

この記事によって「フレックス投与法」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。