ピルの飲み方は?【21・28・フレックスとは?】

結論ですが

ピルは月経が開始したら飲み始めます。そして「21日タイプ」「28日タイプ」「フレックス」など様々な飲み方があります。

この記事は「ピル」について知りたい女性向けに書いています。
「ピル」に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「ピルの飲み方」についてわかります。

「避妊」や「月経による症状をやわらげる」ため、これからピルを飲みはじめたいと思うかもしれません。

はじめてピルを使う場合には…

どのようにピルを飲めばいいのだろう?

このような疑問にお答えします。

ちなみにピルは月経開始とともに飲み始めます。
そして、その後の飲み方にはいくつかの方法があるのです。

ということで、今回は「ピルの飲み方」について説明していきます。

この記事のまとめ

ピルの飲み方

ピルは月経開始日に飲み始めます。

そして、ピルの種類によってさまざまな飲み方があります。
具体的にいうと「21日タイプ」「28日タイプ」のピルがあったり、「フレックス飲み」などの方法があります。

では、順番にみていきましょう。

ピルの飲み方1:21日タイプ

「21日タイプ」のピルの飲み方は、「21日間」ピルを服用して、「7日間」ピルを休薬します。

「21日タイプ」のピルでは、全部で「21錠」のくすりが入っており、すべて薬効のある「実薬」が入っています。
具体的な飲み方は、月経が開始してからピルを飲み始めます。そして「1日1回1錠」を同じ時間に飲みます。そして、「21日間」ピルを服用して、「7日間」ピルを休薬します。
すると、休薬期間の間に「消退出血」(月経みたいなもの)が起こり、理論的には「28日型」の周期で月経が規則的に来るようになります。

そして、「7日間」ピルを休薬した後に、次のシートの1錠目から飲み始めるというのを繰り返していきます。

ピルの飲み方2:28日タイプ

「28日タイプ」のピルの飲み方は、何も考えずに「28日間」ピルを服用します。

「28日タイプ」は、全部で「28錠」のくすりが入っていますが、「21錠」は薬効のある「実薬」で、残りの「7錠」は薬効のない「偽薬」(ぎやく)が入っています。

具体的な飲み方は、月経が開始してからピルを飲み始めます。そして「1日1回1錠」を同じ時間に飲みます。そして、「28日間」ピルを服用します。

「28日タイプ」では、「21日間、実薬を内服」→「7日間、偽薬を内服(休薬期間)」
となるため、結局は「21日タイプ」と同じとなります。
「28日タイプ」では毎日ピル飲む習慣がつくため飲み忘れを防ぐことができるのです。

そして、「28日間」ピルを内服した後に、次のシートの1錠目から飲み始めるというのを繰り返していきます。

ピルの飲み方3:フレックス飲み

フレックス飲みでは、「最長120日間」連続してピルを飲むことが出来ます。

最長120日間なので、それ以下の日数でも連続して内服することが可能です。
原則をおさえて服用すれば、自分の月経をコントロールすることができます。

フレックス飲みをうまく活用すれば、月経回数を減らすことができ、月経にともなう症状の悩みが少なくなります。

フレックス飲みの原則

  1. 休薬期間は「4日間」を超えないこと
  2. 「4日間」の休薬後は、出血の有無に関わらず服用を開始すること
  3. 出血の有無にかかわらず「24日間」以上は連続服用をすること
    (初めて薬を内服するときも、休薬期間の後も)

注意点

フレックス飲みでは、最長120日間連続してピルを飲むことが可能です。

ただし、連続内服中に出血(「破綻出血」とよばれます)がおこる場合があります。
出血が「3日間」以上つづく場合は、「4日間」の休薬期間を設けましょう。
「4日間」の休薬の後に、ピルを飲み始めるようにしましょう。

まとめ

今回は「ピルの飲み方」について説明しました。

ピルの飲み方はいくつかあります。
とくに初めてピルを飲む場合には、飲み方がわからず不安になるかと思います。

ピルはきちんと飲んで効果が発揮します。
ピルの飲み方がわからない場合には、担当医や薬剤師からきちんと説明を受けましょう。

この記事によって「ピルの飲み方」についての理解が深まり、ピルをもっと身近に利用して、女性の生活の質が上がることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です