休息と休養の違いとは?疲れ知らずの体作りのために

結論ですが、
「休息」は、作業などの間に入れる一時的な短い休みのことです。
「休養」は、体や心を休めて、次に活動する力を蓄えることです。

この記事は「疲労をなんとかしたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「休息と休養の違い」についてわかります。

毎日の疲れをなんとかしたいです!?

このような意見にお答えします。

忙しい日々の中、常に疲れた状態でいる人も多いかと思います。
デスクワークが中心で、肩のコリがひどかったり。
目の疲れ、腰が痛かったり、何かと不調を抱えている人も少なくないです。

うまく疲労回復ができずに、慢性的に疲労を抱えていては、日々の仕事のパフォーマンスを落としてしまいますし、家事・育児・介護など日常の生活にも影響を与えます。

疲労を回復するために「休む」ということが重要です。
「休む」ことには、「休息」と「休養」という考え方があります。
今回は、「休息と休養の違い」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • 「休息」は、作業などの間に入れる一時的な短い休みのことです。
  • 仮眠・マインドフルネス瞑想・シャワーなどがオススメです。
  • 「休養」は、体や心を休めて、次に活動する力を蓄えることです。
  • 休養方法は人それぞれであり、自分に合った休養法を行いましょう。

休息と休養

「休息」と「休養」は、疲労を回復させるために必要です。

そもそも疲労は「これ以上、運動や仕事などの作業を続けると体に害が及びます」という生体アラームの一つです。
ヒトが活動をしすぎてしまって、身体の状態や機能が異常を来さないために、「疲労」を感じるように出来ているのです。

その疲労を回復させる考え方に「休息」と「休養」というものがあります。
「休息」と「休養」は、同じ休むという意味がありますが、実は意味合いが違います。

では、順に「休息と休養の違い」についてみていきましょう。

休息とは

休息とは

「休息」とは、作業などの間に入れる一時的な短い休みのことです。
字のように「息を休ませる」いわゆる「息抜き」のことを言います。

休息の具体例

たとえば、
「1時間の作業」をおこなったら、「10分間の休息」を入れる。
「45分の授業」を受けたら、「15分間の休息」を入れる。
など挙げられます。
次の仕事や勉強をはかどらせるために、いったん集中力や体力をゆるめて休むことが「休息」なのです。

休息の必要性

ヒトの集中力には限界があります。
諸説ありますが、「30分から90分」がヒトの集中力が持続する限界だと言われています。
つまり、長い時間作業していると、集中力が下がってしまい、作業効率が低下しまいます。一旦、休息を入れることで、下がった集中力を回復し、次の作業をはかどらせることが出来るのです。

休息のオススメ方法

オススメの休息方法は、「仮眠」「マインドフルネス瞑想」「シャワー」などがあります。
30分以下の短時間の「仮眠」によって集中力が回復します。最近では様々な効果が知られており「パワーナップ」として取り入れられていたりします。
「マインドフルネス瞑想」は、頭の中から余計な考えを取り除き今ここに専念する方法です。集中力が回復するだけでなく、記憶力・言語能力など上がることが知られています。
やや温かい42度程度の「シャワー」を浴びることで、気分が切り替わります。さらに、集中力が回復したり、学習や記憶力が向上することが知られています。

休養とは

休養とは

「休養」は、体や心を休めて、次に活動する力を蓄えることです。
休息よりも長い時間の休みで、心身のエネルギーをチャージすることを言います。

休養の具体例

たとえば、
「週末にお出かけをして気分転換になった」
「夏休みに旅行に行ってきた」
「温泉に行ってきて癒された」
など挙げられます。
休暇などを利用して、長い時間の休みで体や心のエネルギーをチャージして、次に活動する力を蓄えることが「休養」なのです。

休養の必要性

休養は、疲れてしまった「体」や「心」を休めて、次の活動のために力を蓄えるために欠かせないです。
普段の短い「休息」だけでは完全に疲れがとれないことがあります。しっかりと疲労回復してコンディションを整えるために「休養」が必要なのです。

休養の方法

休養方法は、自分に合った方法をとるようにしましょう。
たとえば、
睡眠が好きな人は、休みの日にたっぷり睡眠をとる。
動物が好きな人は、ペットの散歩に行く、ペットと触れ合う、動物園に行く。
食事が好きな人は、新しいお店に行ってみる、美味しいお店で食事する。
走ることが好きな人は、週末にいつもより長い距離を走ってみる。
など挙げられます。
好きなこと、癒されることは人それぞれあります。
自分にあった気力・体力のチャージする方法を見つけて、積極的におこなってみてはいかがでしょうか。

まとめ

  • 「休息」は、作業などの間に入れる一時的な短い休みのことです。
  • 仮眠・マインドフルネス瞑想・シャワーなどがオススメです。
  • 「休養」は、体や心を休めて、次に活動する力を蓄えることです。
  • 休養方法は人それぞれであり、自分に合った休養法を行いましょう。

今回は、「休息と休養の違い」について説明しました。

忙しい現代人、日々の仕事や家事・子育てなどで疲労がたまっている人は多いです。
疲れのせいで体調を崩してしまうことも…

日頃から自分の体と向き合い、自分の疲労具合を把握するようにしましょう。
そして、「休息」と「休養」をうまく取り入れ、疲労を効率よく回復していきましょう。

疲労がうまく回復すると、仕事のパフォーマンスが上がり、毎日が充実した時間をすごせるはずです。

この記事によって「休息と休養の違い」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送ることが出来ることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です