雨の日のランニングのコツ【5つ】

結論ですが、

雨の日のランニングのコツとして、「水たまりに注意する」「車に気をつける」「服装を工夫する」「低体温に注意する」「運動後のケア」などがあります。

この記事は「ランニング」について知りたい人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「雨の日のランニングのコツ」についてわかります。

雨の日に走りたいと思いますが、なにかコツはありますか?

このような疑問にお答えします。

自分はランニングが趣味でして、機会があればマラソン大会に参加しています。

平日は通勤ラン、週末はランニングコースなどを走っており、ほぼ毎日ランニングをしています。

自分は個人的にいうと、雨の日に走るのは苦ではないです。
むしろ雨の日には反対に燃えてきます。

せっかく走りたい気分なのに、雨を理由にして走らないのはもったいないと思います。

では、雨の日に走りたいのですが、なにかコツはありますか??

というわけで、今回は「雨の日のランニングのコツ」についてみていきましょう。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

雨の日のランニングのコツ1:水たまりに注意する

雨の日のランニングのコツとして「水たまりに注意すること」があります。

水たまりに入ってしまうと、シューズがビショビショになってしまいます。
すると、足が重くなってしまい、走りの感覚が変わってしまいます。
また、靴下までビショビショになると、足への摩擦が大きくなってしまい、マメや靴ズレの原因になってしまいます。
さらに、水たまりが意外と深かったりすると、足をとられて転倒してしまう可能性もあります。

雨の日のランニングは、「水たまりに注意」して行うようにしましょう。

雨の日のランニングのコツ2:車に気をつける

雨の日のランニングのコツとして「車に気をつけること」があります。

これは、雨の日だろうと晴れの日だろうと言えることではありますが、車に気をつけて走りましょう。
とくに雨の日では、車からの見通しが悪くなるので、なおさらです。
また、路面が濡れていると、車がブレーキをかけて効いてくるまで時間がかかるため、重大事故につながるリスクが高まります。
さらにドライバー目線でいうと、「まさかこんな雨の日に歩行者はいないだろう」という心理が働き、空いている道路ではスピードを出しがちで、注意もおろそかになりがちです。

雨の日には、とくに「車に気をつけて」ランニングを行うようにしましょう。

雨の日のランニングのコツ3:服装を工夫する

雨の日のランニングのコツとして「服装を工夫すること」があります。

くりかえしですが、雨の日には車に気をつける必要があります。
できるだけ、明るい色のウェアを着て、反射板などのついているものを選び、ドライバーの目につきやすい服装になりましょう。
また、雨の日に走ると、体が濡れるため、思いのほか体温を奪われます。
その日の気温や湿度、雨の降り方にもよりますが、体が冷えない格好で走るようにしましょう。

雨の日には、「目立つ格好」そして「冷えないようなウェア」など「服装を工夫して」ランニングを行うようにしましょう。

雨の日のランニングのコツ4:低体温に注意する

雨の日のランニングのコツとして「低体温に注意すること」があります。

くりかえしですが、雨の日に走ると、体が濡れるため、思いのほか体温を奪われます。
とくに風も強い日であれば、なおさらです。

低体温になると、全身の激しいふるえ、筋肉の硬直、判断力の低下などが起こり、走りどころではなくなります。
体温がさらに下がると、脈拍や呼吸が少なくなり、血圧の低下が起こり、最悪死に至るケースもあります。

雨の日のランニングでは、体温が奪われやすいことを自覚して「低体温に注意する」ようにしましょう。

雨の日のランニングのコツ5:運動後のケア

雨の日のランニングのコツとして「運動後のケアをすること」があります。

雨の中走り終えたら、体がビショビショに濡れているかと思います。
すぐに、着替えたり、できればシャワーや湯船につかって、汗を処理するようにしましょう。できれば、湯船にしっかりとつかって、全身を温めて、疲れも癒すようにしましょう。

また、濡れたウェアは放置すると、においが発生してしまいます。早めに洗濯をしてしまいましょう。
濡れたシューズも、中に新聞紙を入れるなどして、乾きやすいようにしましょう。出来れば、早めに洗うようにしましょう。

雨の日にランニングした後は「運動後のケア」を十分おこなうようにしましょう。

まとめ

今回は「雨の日のランニングのコツ」について説明しました。

ランニングをすると、気分転換になりますし、体力がつきます。

ストレスがたまりやすく、運動不足になりがちな社会人こそ、気軽にはじめられるランニングをオススメします。

そして、走ることに慣れてきたら、是非とも雨の日のランニングに挑戦してみてください。雨の爽快感で、いつもと違ったランニングの魅力に出会えるはずです。

なお、走り終わった後のケアや、濡れたものの処理は怠らずにしましょう。

この記事によって「雨の日のランニングのコツ」について理解が深まり、一人でも多くの人がランニングを楽しんで頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。