アップサイクルとは【環境保護】

結論ですが

アップサイクルとは、役に立たない不用品に対して手を加えて、役に立つ製品に作り直すことをいいます。

この記事は「環境保護に対して意識の高い」ヒトに向けて書いています。
環境保護に関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「アップサイクル」についてわかります。

アップサイクルって何ですか?

このような疑問にお答えします。

環境保護する上で不用品をどのように扱うかということはテーマになっています。

不用品を環境負荷がかからないように処分する
不用品に対して新たな視点をもって活用する
不用品を活用して新しいものを生み出す

など様々な方法が思いつきます。

「不用品」に対して手を加えて付加価値を持たせて「役に立つ製品」に生まれ変わらせる。
このような発想が「アップサイクル」なのです。

では、アップサイクルについて詳しく教えてください!

ということで、今回は「アップサイクル」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.アップサイクルとは

アップサイクルとは、役に立たない不用品に対して手を加えて、役に立つ製品に作り直すことをいいます。

本来であれば捨てられる不用品を活用しようとする視点から「アップサイクル」はあります。
アップサイクルでは、役に立たない不用品に対して、デザイン・アイデアなど新しい付加価値を加えることで、別の新しい製品にアップグレードして生まれ変わらせます。

2.アップサイクルとリサイクル

アップサイクルでは、製品の「素材」を活かしますが、リサイクルでは製品を「原料」に戻して活用します。

アップサイクルは、単純な「再利用」や「リサイクル」とは異なります。
リサイクルでは、製品を「原料」に戻して、そこから製品を生み出します。製品を原料に戻すときに、エネルギーが使用されます。
一方、アップサイクルでは、製品そのままの形をなるべく活かすため、環境負荷をおさえることができます。

3.アップサイクルとダウンサイクル

アップサイクルでは製品をアップグレードしますが、ダウンサイクルでは製品をダウングレードします。

アップサイクルでは、製品に対して付加価値が加わり、もとの製品よりも価値が高まった製品が生み出されます。

一方、ダウンサイクルでは、元の製品よりも価値が低くなり、いずれ廃棄され継続性がないものをいいます。

たとえば、不要になった「Tシャツ」から「ぞうきん」を作る、「新聞紙」から「再生紙」を作るなどがあげられます。

4.アップサイクルの実例

インテリア

壊れたソーラーパネルをテーブルとして活用
古くなった運搬用の容器をソファーへ
コンテナを利用して店舗に

昔ながらのアップサイクル

人糞を発酵させて肥料に変える
古くなった着物を染め直したり仕立て直して再利用
着なくなった衣類を綿・絹の繊維に戻して織物に生まれ変わらせる

ファッション

アップサイクルのファッション業界での例として、

既製品のブランドタグをつけかえる「リネーム」
使用していた横断幕の布を活用して「バッグ」へ。
在庫になった商品を「1点物として蘇らせる取り組み」

建築業界

建築業界では、「リノベーション」という手法がアップサイクルの一種といえます。

たとえば、

昔ながらの赤レンガ倉庫を活用する(横浜)
石造りの倉庫を店舗として活用
古民家を再生して地域の集まる場へ

まとめ

「アップサイクル」について説明しました。

環境保護する上で「不用品をいかに減らすか」という視点に加えて
「不用品をどのように扱うか」ということは重要なテーマです。

大量生産・大量消費の時代、地球環境に対してとてつもない影響を与えています。
我々が生活する地球環境がいつまでも安全・安心が続くように、一人ひとりが自覚をもって行動することが大切です。

持続可能な社会を実現するため「SDGs」を掲げて、環境負荷が少ない社会を実現しようとする流れがあります。
その中でも「アップサイクル」という発想が一つの手助けとなるでしょう。

この記事によって「アップサイクル」について理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。