暑熱順化の効果【3つ】【夏の健康管理】

結論ですが

暑熱順化の効果として、「発汗量が増える」「塩分喪失が減る」「暑さに慣れる」などがあります。

この記事は「夏の健康管理」について知りたいヒトに向けて書いています。
病気・健康・くすりに関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「暑熱順化の効果」についてわかります。

暑熱順化って何ですか?

このような疑問にお答えします。

最近は暑い日が続きますね。

ここ札幌でも暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。

北海道の人は、とくに暑さに弱いです。

結論ですが、暑熱順化とは、暑さに体が慣れることをいいます。

暑熱順化することによって、暑さに対して楽に過ごせるようになり、夏バテや体のだるさを防ぐことにつながります。

では、暑熱順化にはどのような効果がありますか?

ということで、今回は「暑熱順化の効果」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

暑熱順化の効果1:発汗量が増える

暑熱順化をすると発汗量が増えます。

暑い環境にいると、発汗が促されて、気化熱によって体温の上昇をおさえます。
暑熱順化をおこなうと、汗腺(汗を分泌する部分)の機能が向上し、汗をかきやすくなります。

つまり、暑熱順化によって発汗量が増えるため、体温の上昇を防ぎ、暑さに対して強くなります。

暑熱順化の効果2:塩分喪失が減る

暑熱順化をすると塩分喪失が減ります。

くりかえしですが、暑熱順化によって発汗量は増えます。
汗と一緒に、塩分も失われてしまいますが、暑熱順化によって、汗の塩分を体内に再吸収する機能が向上します。
すると、発汗にともなう塩分喪失が減るようになり、脱水になりにくくなります。

つまり、暑熱順化によって発汗量は増えますが、塩分喪失は減るようになるため、脱水を起こしにくくなります。

暑熱順化の効果3:暑さに慣れる

暑熱順化をすると暑さに慣れます。

暑さに体が慣れることを「暑熱順化」と言うため、当たり前ではありますが…。
暑熱順化によって、夏の暑さにともなう「倦怠感」「だるさ」「意欲低下」などのいわゆる夏バテの症状がおさえられます。

暑熱順化によって、暑さに強い体となり、暑い夏の日にも快適に過ごせるようになるでしょう。

まとめ

今回は「暑熱順化の効果」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。

温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

暑い日にもしっかりと健康管理をして、健康的に楽しく乗り越えましょう。

この記事によって「暑熱順化の効果」についてわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。