HPVワクチンの副反応は?

結論ですが

HPVワクチンの副反応は、頻度が多いものから稀なものまでさまざまあります。

この記事は「HPVワクチン」について知りたい人に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「HPVワクチンの副反応」についてわかります。

HPVワクチンの副反応はどんなものがありますか?

このような疑問にお答えします。

HPVワクチンの接種によって、子宮頸がんを予防することができます。

HPVワクチンは、子宮頸がんの原因である「HPV」(ヒトパピローマウイルス)に対する免疫をつけることが主な目的です。

ワクチンを接種したときに、免疫をつけること以外の反応(注射部位の腫れ、発熱など)のことを「副反応」と言います。

では、HPVワクチンの副反応はどんなものがあるだろう?

ということで、今回は「HPVワクチンの副反応」について説明していきます。

この記事のまとめ


HPVワクチンの副反応

HPVワクチンの副反応は、頻度が多いものから稀なものまでさまざまあります。

副反応のほとんどが、一時的なものが多く、時間経過とともに改善するものがほとんどです。
また、ワクチン接種との因果関係は不明ながら、ワクチンを接種した後に起こった症状についても報告も集めています。その中でも、重い稀な症状も方向されており紹介します。

では、順にみていきましょう。

HPVワクチンの主な副反応

HPVワクチンの主な副反応として、注射部位の痛み・発赤・腫れ、疲労感などがあります。

また、かゆみ、筋肉痛、関節痛、頭痛・腹痛、じんましん、めまい、発熱などが挙げられます。

頻度は低いですが、知覚異常、しびれ感、全身の脱力、手足の痛み、失神、リンパ節の炎症などがあります。

HPVワクチン接種後の稀な重い症状

HPVワクチンの接種によって、稀な重い症状の報告があります。
ワクチン接種後の副反応が疑われる症状について、因果関係を問わず報告を集め、専門家が定期的に分析・評価しています。その中には、これら稀な重い症状も含まれております。

まとめ

今回は「HPVワクチンの副反応」について説明しました。

HPVワクチンの副反応を紹介すると、こわいワクチンなのでは!?

と思う人が多いかと思います。

医療行為すべてに言えることですが、効果などの「メリット」があれば、副作用や副反応などの「デメリット」もあります。

それらを天秤にかけた上で、ワクチンを受けるか判断するようにしましょう。

ワクチン接種後に重い症状が起こるのは、非常に稀です。

さらに、ワクチン接種と因果関係が不明なものがほとんどです。
副反応の研究結果では、HPVワクチン接種をしていない人と発症頻度に差がないとされています。

HPVワクチンによって「子宮頸がん」を予防することができます。

海外の研究では、HPVワクチンが普及すれば、子宮頸がんがほぼ撲滅される可能性も報告されています。

先進国で普及していないのは日本くらいです。

HPVワクチンを打たないこともリスクになるのです。
ぜひ、ご自身の体のこと、改めて考え直してみてはいかがでしょう。

この記事によって「HPVワクチンの副反応」の理解が深まり、子宮頸がんで苦しむ人が一人でも少なくなることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です