夏バテ対策【5つのポイント】

結論ですが

夏バテ対策として、「暑さを避ける」「室温を上げる」「軽い運動」「栄養バランスの良い食事」「こまめな水分補給」などのポイントがあります。

この記事は「夏の健康管理」について知りたいヒトに向けて書いています。
病気・健康・くすりに関して理解を深めるお手伝いができればと思っています。
この記事を読むことで「夏バテ対策のポイント」についてわかります。

夏バテを予防するために出来ることはありますか?

このような疑問にお答えします。

最近は暑い日が続きますね。

ここ札幌でも暑い日が続いて、かなりしんどい人が多いかと思います。
北海道の人は、とくに暑さに弱いです。

夏バテとは、夏の暑さによる体調不良の総称です。

疲れやすい
体がだるい
食欲がない
寝不足

などの症状があります。

人間は恒温動物であり、常に同じ体温を保つようになっています。
しかし、長時間、高温多湿な環境にいることで、体温を調節する機能が崩れてしまい、夏バテの症状が出るのです。

では、夏バテを予防するために、どうすればいいでしょう?

ということで、今回は「夏バテ対策のポイント」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

夏バテ対策1:暑さを避ける

夏バテを予防するために「暑さを避ける」ようにしましょう。

屋外では、できるだけ涼しい日陰を歩きましょう。
長時間外にいて暑いと感じるようであれば、お店の中に入って涼んで休憩するのも良いでしょう。
また、屋内では、扇風機・エアコンなどで温度や湿度を適切に調整するようにしましょう。

夏バテを予防するために暑さを避けましょう。

夏バテ対策2:室温を上げる

夏バテを予防するために「室温を上げる」ようにしましょう。

「室内と外の温度差が5度以上ある」「室温が25度以下の場所に長くいる」場合に夏バテになりやすいとされています。

冷房の温度は「28度」くらいを目安に設定しましょう。
また、公共の機関では、自分で温度設定することができない環境では、直接冷房に当たらないようにしたり、上着を羽織ったりと工夫しましょう。

夏バテを予防するために、室温の設定を上げましょう。

夏バテ対策3:軽い運動

夏バテを予防するために「軽い運動」をするようにしましょう。

暑い時期に運動をすることで、発汗が促され、汗腺の機能があがります。
また、自律神経の働きが良くなり、体温調整の機能が向上します。

さらに、軽い運動やストレッチなどを行うことで、全身の血行が促されて、心身ともに疲労回復につながります。

夏バテを予防するために軽い運動をするようにしましょう。

夏バテ対策4:栄養バランスの良い食事

夏バテを予防するために「栄養バランスの良い食事」をするようにしましょう。

暑い夏の日に不足しやすい「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」など意識して摂取するようにしましょう。
ビタミンの中でも、「ビタミンB1」は疲労回復に欠かせない栄養素であり、とくに意識して摂取したいです。

食材として「うなぎ」「豚肉」「オクラ」「とまと」「きゅうり」などオススメです。

夏バテを予防するために、栄養バランスの良い食事をしましょう。

夏バテ対策5:こまめな水分補給

夏バテを予防するために「こまめな水分補給」をするようにしましょう。

暑い日は知らず知らずのうちに汗をかいて水分が失われているものです。
のどが渇く前から、こまめに水分補給をしましょう。
なお、水分とともに塩分も補給することで、効率的に体内に水分が吸収されます。

夏バテを予防するために、こまめな水分補給を心がけるようにしましょう。

まとめ

今回は「夏バテ対策」について説明しました。

連日の暑さでやられている人は多いです。
温暖化の影響なのか、今年の夏はとくに暑いです。

夏場の暑い日には「夏バテ」に注意しましょう。
暑い日にもしっかりと健康管理をして、健康的に楽しく乗り越えましょう。

この記事によって「夏バテ対策のポイント」についてわかり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。