重要度と緊急度

結論ですが

重要度が高く、緊急度は低いものを優先しておこないましょう。

この記事は「重要度と緊急度」について説明しています。

まとめ

成功者たちの特徴

成功者達は、「みんながやらないことを実行に移す習慣」ができています。

自分がやりたいことだけやっても成功につながりません。
成功するためにはみんなとは違ったことをやらなければなりません。
みんながやっていることと同じことをやっても残念ながら成功にはつながらないのです。

多くの成功している人たちがやっていること。

それは「みんながやらないことを実行に移す習慣」をもっています。

みんなが嫌がること、みんながやらないことをやることはとても大変です。
だからこそ、「みんながやらないことを実行に移す」ことができる人が成功者になるのです。

では、どのようにすれば「みんながやらないことを実行に移す習慣」をもてるのでしょうか?

そのヒントとなる考えをみていきましょう。

重要度と緊急度

ものごとを「重要度」と「緊急度」によって分けて考えましょう。

ものごとには、
重要度が高いもの、低いもの。
緊急度が高いもの、低いもの。

つまり、「2×2」の4つに分類することができます。

重要度が高いものとは、最終的な成果につながるもの、あなたのミッション・価値観・目標の達成に結びついているものです。

たとえば、重要な会議のための資料作り、目標を達成するための勉強、健康な体づくりのための運動などがあります。

緊急度が高いものとは、すぐに対応しなければならないようにみえること、今すぐにやるよう働きかけてくるもの、即時の対応が必要なものです。

たとえば、急なトラブルで取引相手がシステムを使うことができない事態、地震が発生して逃げなければならない状況、締め切りが迫っているタスクなどがあります。

成功するためには

重要度が高く緊急度が低いものを

成功するためには「重要度が高く緊急度が低いもの」を優先しておこないましょう。

重要度が高い、つまり自分の最終的な目標に関係するものを優先しましょう。
ただし、緊急度が低いと、残念ながら行動に移すことは難しくなってしまいがちです。

「重要度が高く緊急度が低いもの」を行うことができるかどうか。

そこに成功者とそうではない人との差が生まれます。

緊急度が高いものは誰でもやる

緊急度が高いものは、誰でもやります。

緊急度が高い、つまり必要に差し迫った状況では、誰でもやります。
なので、そこには差がつくことはないでしょう。

重要度が高く、緊急度が高いもの
重要度が低く、緊急度が高いもの

は、誰でも行動にうつすことが出来るのです。
なので、緊急度が高いものでは、成功者とそうではない人との差はつきにくいです。

重要度が低いものは少なくすること

重要度が低いものは少なくすることが重要です。

やるべきタスクが多いほど、重要度が高いものに集中することができなくなります。

重要度が低く、緊急度が高いもの
重要度が低く、緊急度が低いもの

それらのタスクはうまく手放したり、発生しないように仕組化することが大切です。

重要度が低いものを少なくすることによって、
重要度が高いタスクに集中しておこなうことができるのです。

さらには、普通の人はやらない「重要度が高く緊急度が低いもの」を行うことに集中することができ、成功につながるのです。

まとめ

今回は「重要度と緊急度」について書きました。

成功者達は、「みんながやらないことを実行に移す習慣」ができています。

みんながやらないこととして「重要度が高く緊急度が低いタスク」があります。
「重要度が低いタスク」をできるだけ少なくするようにして、
「重要度が高いタスク」に集中するようにしましょう。

とくに、「重要度が高く緊急度が低いタスク」を優先的におこなうことによって、成功につながります。

自分が望む人生をつくりたいのであれば、「重要度が高く緊急度が低いタスク」を意識して行動してみてはいかがでしょう。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。