漢方薬を飲みやすくする方法

結論ですが、

漢方薬を飲みやすくするために、「漢方薬の前に水・白湯を飲む」「漢方薬を溶かして飲む」「漢方薬をオブラートに包む」「漢方薬に服薬ゼリーを使う」などの方法があります。

この記事は「漢方薬」について知りたい人に向けて書いています。
健康・医療に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「漢方薬を飲みやすくする方法」についてわかります。

漢方薬をもらいましたが、飲むのが苦手です!

このような意見にお答えします。

さまざまな症状をおさえるために漢方薬が処方される場合があります。
婦人科では、月経に関する症状・産後の症状・更年期の症状などに漢方薬が使われる場合が多いです。

漢方薬を出されたけど、味にクセがあって、飲みにくいです!!

このような人は実は多いです。

ということで、今回は「漢方薬を飲みやすくする方法」について説明します。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.漢方薬の基本的な飲み方

漢方薬は、基本的には食前や食間に、水または白湯(さゆ)で服用します。

漢方薬は、基本的には胃に食べ物が入っていない状態のときに飲みます。
食前(食事の30分から1時間前)、食間(食事と食事の間のタイミングであり、食後2時間くらいが目安)に服用します。
漢方薬は、水や白湯(沸かしただけの何も入れていないお湯)で服用します。

つまり、基本的には、漢方薬は、食前や食間のタイミングに水または白湯(さゆ)で服用するのです。

2.漢方薬の前に水や白湯を飲む

漢方薬を飲む前に水や白湯を飲むことで、漢方薬は飲みやすくなります。

漢方薬には、独特な味・におい、粉薬特有のザラザラ感などがあります。
これらが気になる場合には、先に水や白湯を飲むようにしましょう。
水や白湯を口に含んだあとに漢方薬を飲むことによって、口に残りにくくなり、味やにおいも緩和されます。

つまり、漢方薬を飲む前に水や白湯を飲むことで、漢方薬は飲みやすくなるのです。

3.漢方薬を溶かして飲む

漢方薬を溶かして飲むことで、漢方薬は飲みやすくなります。

漢方薬には、粉薬特有のザラザラ感があります。また、粒が細かく、口の中の歯のすき間などに、はさまりやすいです。
そのような場合には、30ml-80ml程度のお湯に溶かして、服用するようにしましょう。
独特の味・においが気にならない人は、この飲み方がおすすめです。

なお、緑茶・コーヒー・牛乳・ジュースなどは漢方薬の効果に影響を与える場合がありますので、一緒に飲むことは控えましょう。

つまり、漢方薬を溶かして飲むことで、漢方薬は飲みやすくなるのです。

4.漢方薬をオブラートに包む

漢方薬をオブラートに包んで飲むことで、漢方薬は飲みやすくなります。

オブラートに包むことによって、漢方薬の独特な味・におい、粉薬特有のザラザラ感など緩和されて飲みやすくなります。
なお、オブラートが口の中に張り付くのが気になる方は、薬をオブラートに包んだまま水に浸すという方法があります。

つまり、漢方薬をオブラートに包んで飲むことで、漢方薬は飲みやすくなるのです。

5.漢方薬に服薬ゼリーを使う

漢方薬に服薬ゼリーを使うことで、漢方薬は飲みやすくなります。

薬を服薬ゼリーで包み込むことによって、漢方薬の独特な味・におい、粉薬特有のザラザラ感など緩和されて飲みやすくなります。
また、ゼリーの味によっては美味しく飲むことができます。

つまり、漢方薬に服薬ゼリーを使うことで、漢方薬は飲みやすくなるのです。

まとめ

今回は「漢方薬を飲みやすくする方法」について説明しました。

漢方薬をうまく活用すると、体質が変わり、症状が改善して生活の質が上がります。
反対に漢方薬が使えないと、治療の幅がせまくなってしまいます。

漢方薬が苦手な方は、是非とも漢方薬を飲みやすくする方法を実践してみてはいかがでしょうか。

漢方薬を活用して、充実した日々を送れることを願っています。

この記事によって「漢方薬を飲みやすくする方法」について理解が深まり、一人でも多くの人に役に立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。