ピルの飲み忘れを防ぐ【5つのコツ】

結論ですが

ピルの飲み忘れを防ぐには「28日タイプを選ぶ」「食後の習慣にする」「ピルシートに日付や曜日など記載する」「家族の協力」「アプリの利用」などのコツがあります。

この記事は「ピル」について知りたい女性向けに書いています。
「ピル」に関する疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「ピルの飲み忘れを防ぐコツ」についてわかります。

「避妊」や「月経による症状をやわらげる」ため、ピルを飲んでいる方も多いかと思います。
ピルを使っている場合に、問題となるものに「ピルの飲み忘れ」があります。

ピルの飲み忘れを防ぐために、出来ることはありますか?

このような疑問にお答えします。

月経開始とともにピルを飲み始めます。
そして「1日1錠」毎日飲むことによってピルの効果が発揮されます。

ピルを飲み忘れてしまうと、ピルの効果が期待できなくなったり、思わぬ症状が起こります。ピルの飲み忘れを防ぐことはとても重要です。

ということで、今回は「ピルの飲み忘れを防ぐコツ」について説明します。

この記事のまとめ

ピルの飲み忘れ

ピルの飲み方は、まずは月経開始とともにピルを飲み始めます。
そして「1日1錠」毎日規則的に飲むことによってピルの効果が発揮されます。

しかし、ピルを飲み忘れてしまうと、「避妊効果」が低下し、望まない妊娠につながってしまったり、「不正出血」「月経がずれる」などの症状が起こったりします。

人間なので、くすりを飲み忘れてしまうことがあるかと思います。

では、どうすればピルの飲み忘れを防げるのか?

「ピルを飲み忘れないコツ」を順に説明していきます。

ピルを飲み忘れないコツ1:「28日タイプ」を選ぶ

とくに経口避妊薬では、「28日タイプ」を選ぶようにしましょう。

経口避妊薬の多くは「21日タイプ」と「28日タイプ」のものがあります。
「21日タイプ」では、「7日間の休薬期間」から「次のシートを飲み始めるタイミング」でピルを飲み忘れることが多いです。

一方、「28日タイプ」では、何も考えずに「28日間」ピルを服用すればいいので、ピルを毎日飲む習慣が途切れないため、ピルを飲むことが習慣化され、ピルの飲み忘れを防ぐことができるのです。

ピルを選ぶときには「21日タイプ」ではなく「28日タイプ」のものを選びましょう。

ピルを飲み忘れないコツ2:食後の習慣にする

ピルを飲むことを毎日の食事とともに習慣にしましょう。

日々の生活の中で誰でも習慣化されていることがあるかと思います。
たとえば、朝起きて「顔を洗う」「メイクする」「歯を磨く」「ごはんを食べる」など。

「すでにある習慣」に、「新しい習慣」を取り入れるようにするとスムーズに習慣化されます。
「食事という習慣」に「ピルを飲む」という習慣をプラスして、ピルを飲むことを習慣化しましょう。

ピルを飲み忘れないコツ3:ピルのシートに日付や曜日など記載する

「ピルのシート」に付属のシールなどを貼って、日付や曜日など記載しましょう。

ピルのシートに日付や曜日など記載しておくと、1つ1つのピルを飲むべき日がいつなのかわかるようになります。
すると、万が一ピルを飲み忘れた場合に、どの日のピルを飲み忘れたのかはっきりとわかるようになります。また、本当にピルを飲み始めたかどうか確認することも出来ます。

ピルを使い始めるときには、「ピルのシート」に日付や曜日など記載するようにしましょう。

ピルを飲み忘れないコツ4:家族の協力

ピルの飲み忘れを防ぐために家族に協力してもらいましょう。

ピルを飲む時間になったら、パートナーや家族の人に「くすりを忘れずに飲んだのか?」と確認してもらうようにしましょう。
なかなか恥ずかしくて頼みにくいかもしれません。しかし、他の人も巻き込むことで、ダブルチェック機構が働くため、ピルの飲み忘れを防ぐことが出来ます。

とくに忘れっぽい人は、家族に協力してもらいましょう。

ピルを飲み忘れないコツ5:アプリを利用する

ピルの飲み忘れを防ぐためにアプリを使用するようにしましょう。

くすりの飲み忘れを防ぐためのアプリがさまざまあります。
ピルを飲む時間を設定することで、スマホに「くすりを飲むタイミングです」という通知が来るというものです。
先ほどの「家族の協力」でもそうですが、何かしらの方法で「リマインド」が来ることで、ピルを飲み忘れを防ぐことができます。

「家族の協力」が難しい一人暮らしの人では、アプリを活用してみてはいかがでしょう。

まとめ

今回は「ピルを飲み忘れないコツ」について説明しました。

ピルの正しい飲み方を確認し、ピルの飲み忘れがないようにすることが大切です。

ピルはきちんと飲んで効果が発揮します。

ただし、悲しいことに「ヒト」というのは忘れてしまう生き物です。
ピルを飲み忘れることがあるかと思いますが、今回紹介したコツを使って、ピルの飲み忘れを防ぐようにしましょう。

また、どうしてもピルを飲み忘れる時はあるかと思います。

そのときは、あわてずに対応方法を確認するようにしましょう。

この記事によって「ピルを飲み忘れないコツ」についての理解が深まり、ピルを正しく理解し、ピルをうまく活用して、女性の生活の質が上がることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です