LEPは避妊効果がありますか?

結論ですが

保険適用のピルである「LEP」も排卵を抑制するため、避妊効果はありますが、日本では月経困難症もしくは子宮内膜症以外の目的で処方することはできません。

この記事は「LEPの効果」について知りたい人に向けて書いています。
ピルに関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「LEPの効果」についてわかります。

LEPには避妊効果はありますか?

このような疑問にお答えします。

ピルにはいくつかの種類があります。

大きく分けて、避妊目的で使用する「OC:Oral Contraceptives」(経口避妊薬)
月経症状などの治療目的で使用する「Low dose Estrogen Progesterone」(低用量エストロゲン・プロゲステロン)があります。

では、治療目的で使用している「LEP」には避妊効果もありますか?

ということで、今回は「LEPの効果」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

1.ピルとは

ピルは、おもに「エストロゲン」と「プロゲステロン」というホルモンの成分をふくむくすりのことをいいます。

もともとピルは、妊娠をしないための薬である「経口避妊薬」(OC)として使われていました。
じつはピルをのんでいる人は「月経痛が軽くなる」「月経量が少なくなる」などの効果もあることがわかってきました。

「避妊」目的で使われてきたピルを、月経症状を改善することを目的として「低用量エストロゲン・プロゲステロン」(LEP)製剤がつくられました。

つまり、「経口避妊薬」(OC)と「低用量エストロゲンプロゲステロン製剤」(LEP製剤)の成分はほぼ同じですが、薬を使用する目的が違ってきます。

では、「LEP」にはどのような効果があるのかみていきましょう。

2.LEPの効果

月経困難症

LEPには「月経困難症」を改善する効果があります。

月経困難症とは、月経にともない症状(とくに月経痛)によって日常生活に支障を来す病気です。LEPを使用すると「月経痛」などの月経に関する症状がやわらぎます。

なお、「子宮筋腫」「子宮腺筋症」「子宮内膜症」などがあると、月経痛を助長させますが、このような原因がある場合にもLEPによって改善する効果を発揮します。

子宮内膜症

LEPによって「子宮内膜症」が改善します。

子宮内膜症とは、子宮の内膜のような成分が、子宮の中以外の部位(卵巣・腹膜など)に病変を作る病気です。

月経が来るたびに子宮内膜症は悪化しますが、LEPを使用すると子宮内膜症の病変は改善します。
また、子宮内膜症に対する手術した後の再発を予防するためにもLEPは使われます。

過多月経

LEPによって「過多月経」が改善します。

月経は厚くなった子宮内膜が剥がれておこります。
ピルを使うことで、子宮内膜が厚くなるのがおさえられ、月経の量は少なくなります。

月経前症候群

LEPによって「月経前症候群」が改善します。

月経前症候群は、月経前の不快な症状(イライラしやすい・気分の落ち込み・頭痛・乳房痛など)をともなうものをいいます。
LEPによって排卵がおさえられると、排卵後に形成される黄体から分泌される「黄体ホルモン」(月経前症候群の症状と関与している)がおさえられて、月経前症候群の症状は和らぎます。

避妊効果

LEPには「避妊効果」があります。

ピルを飲むことによって排卵をおさえ受精しないようにします。また、子宮内膜が厚くなるのを防ぎ、着床を防ぎます。それらによって妊娠するのを防ぎ、「避妊効果」を発揮します。

ただし、「LEP」は、日本において月経困難症もしくは子宮内膜症以外の目的で処方することはできません。

3.LEPの種類

LEPには、「先発品」「後発品(ジェネリック)」、フレックスなどの内服方法、配合されるエストロゲン・プロゲステロンの分量などによってさまざまな種類の商品があります。

「フリウェルULD」
「フリウェルLD」
「ルナベルULD」
「ルナベルLD」
「ジェミーナ配合錠」
「ヤーズ配合錠」
「ヤーズフレックス」

まとめ

今回は「LEPの効果」について説明しました。

月経改善目的にピル(LEP)を飲んでいるけれど、避妊効果はあるのかしら?

このような疑問を持つ人は多いです。

自分自身が使っているピルについて、どのような種類であるのか、そしてどのような効果があるのかしっかりと把握しましょう。

ピルをうまく活用すると、女性の生活の質が上がります。
望まない妊娠を防ぐことが出来ますし、月経にともなう症状を改善することもできます。

ピルをどうしようか悩まれている場合には、気軽にかかりつけの婦人科医に相談するようにしましょう。

この記事によって「LEPの効果」について理解が深まり、一人でも多くの人に役に立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。