冬季うつ病にご注意を!【冬の健康管理】

結論ですが、

冬季うつとは、「冬にうつ病になること」をいいます。

この記事は「健康的に過ごしたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「冬季うつ病」についてわかります。

「冬季うつ病」ってなんですか?

このような疑問にお答えします。

冬は寒いですね。ここ最近は一段と寒くなっています。

寒さで体が冷えてしまうと、血流が悪くなってしまい、筋肉のコリなどにつながり、体調不良の原因となってしまいます。

また、厳しい寒さの中では、低体温症や凍傷などのおそれがあります。

さらに、冬の日照不足から「冬季うつ病」などにも注意が必要です。

では、冬季うつ病ってなんだろう?

ということで、今回は「冬季うつ病」について説明していきます。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

この記事のまとめ

冬季うつ病とは

冬季うつ病とは、「冬にうつ病になること」をいいます。

夏が過ぎて、秋から冬になっていくと、日が短くなっていきます。
なんとなく鬱々とした感じ、気分が晴れない、気分が落ち込むなどの症状を起こす人が増えてきます。
これは気のせいではなく、「季節性感情障害」という病気からくる症状です。

季節の変わりめ、とくに日照時間が短くなる秋から冬にかけてみられることから「季節性うつ病」「冬季うつ病」(ウインター・ブルー)などとよばれます。

冬季うつ病の原因

冬季うつ病の原因は「日照不足」です。

日光を浴びると「セロトニン」の分泌量が増えます。
「セロトニン」は、日中に眠気をもたらす「メラトニン」の分泌をおさえたり、食欲をおさえる効果、気分を落ち着かせる効果などあります。

冬は日照時間が短くなり、セロトニンの分泌量は減ります。
すると、日中に眠くなったり、食欲が出て食べ過ぎてしまったり、気分が落ち着かず、うつ状態になりやすくなったりします。

つまり、冬の日照不足によって「冬季うつ病」が引き起こされるのです。

冬季うつ病の症状

冬季うつ病では、一般的なうつ病と症状が似ていますが、特徴的な症状もあります。

うつ病と似ている症状

  • 気分が落ち込むことが多くなる
  • 疲れやすくなる
  • 体を動かす、何かを始めるのがおっくうになる
  • 集中力が落ちる
  • 楽しめていたことが楽しく感じられなくなる
  • 以前はできていたことが上手くできなくなる
  • 食欲がなくなる

冬季うつ病に特徴的な症状

  • 過食になる(食欲がなくなるという方もいます)
  • 過眠になる

冬季うつ病の対策

日光にあたる

冬季うつ病を予防するために積極的に「日光」にあたるようにしましょう。

冬季うつ病の原因として「日照時間」が短くなり「日光」にあたる時間が減少することが挙げられます。

日光を浴びると体内では「セロトニン」という物質が分泌されます。

繰り返しですが、「セロトニン」は、日中に眠気をもたらす「メラトニン」の分泌をおさえるとともに夜間の「メラトニン」分泌を促す効果、食欲をおさえる効果、気分を落ち着かせる効果などあります。

セロトニンの分泌を促すため、日光に当たる時間を増やす工夫をするほかに、自宅内や職場をなるべく明るくするようにしましょう。

なお、冬季うつの治療として、1~2時間程度、2,500~10,000ルクスの高照度の人工光を照射する「光ボックス」という方法もあります。

栄養バランスの良い食事

冬季うつ病を予防するために「栄養バランスの良い食事」を心がけましょう。

肉、魚、大豆などのタンパク質にはセロトニンの生成に必要な必須アミノ酸のひとつ、「トリプトファン」が多く含まれています。
セロトニン不足になりがちな冬こそ、意識して摂取するようにしましょう。

また、ビタミン、ミネラルなどの栄養素もバランスよく摂取するように心がけましょう。

規則正しい生活リズム

冬季うつ病を予防するために「規則正しい生活リズム」を心がけましょう。

とくに、寝る時間・起きる時間などの規則正しい睡眠スケジュールが大切です。

冬季うつ病の発生には「体内時計」の乱れも大きく関わっています。

日照時間が短くなる冬は、言ってみれば「時差ぼけ」のような状態に近くなり、一日のリズムが乱れやすくなります。

さらに朝日光を浴びることで、一日のリズムが作られるのですが、日照不足の季節では体内時計が乱れやすくなっています。

寝る時間・起きる時間を決めて、規則正しいリズムのよい日々を送るように心がけましょう。

適度な運動

冬季うつ病を予防するために「適度な運動」を行うようにしましょう。

ウォーキングなど一定のリズムで行う適度な有酸素運動は、「セロトニン」の分泌を促します。さらに、交感神経の活性をおさえ、リラックスした状態をもたらす副交感神経を優位にしてくます。

寒い冬こそ「適度な運動」を心がけるようにしましょう。

まとめ

今回は、「冬季うつ病」について説明しました。

冬は寒いです。
そして、朝起きても外は暗かったり、日が落ちる時間が早かったりします。

夜が長く、なかなか活動的になりにくい季節ではあります。

しかし、冬はうつ状態になりやすいですが、負けずに冬も楽しく乗り切っていきたいです。

この記事によって「冬季うつ病」についての理解が深まり、一人でも多くの人が、冬も快適に健康的に日々の生活を送ることが出来ることを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。