アクティブレストとは?【休養・疲労回復】

結論ですが、
アクティブレストとは、疲労しているときに、あえて体を軽く動かすことによって休養する方法のことです。

この記事は「疲労を回復させたい」ヒトに向けて書いています。
自身の健康への疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「アクティブレスト」についてわかります。

毎日の疲れをなんとかしたいです!?

このような意見にお答えします。

忙しい日々の中、常に疲れた状態でいる人も多いかと思います。
デスクワークが中心で、肩のコリがひどかったり。
目の疲れ、腰が痛かったり、何かと不調を抱えている人も少なくないです。

うまく疲労回復ができずに、慢性的に疲労を抱えていては、日々の仕事のパフォーマンスを落としてしまいますし、育児・掃除など日常の生活にも影響を与えます。

休みの日はゴロゴロしているのに、疲れがとれないという経験はありませんか?

家でじっとしているだけでは、疲れを解消するのが難しいものがあります。
そこで注目されているのが「アクティブレスト」です。
疲れているときには、軽く体を動かして疲労をとるという発想です。

今回は、「アクティブレスト」について説明していきます。

この記事のまとめ

  • アクティブレストとは、疲労しているときに、あえて体を軽く動かすことによって休養する方法のことです。
  • アクティブレストには、「疲労回復」「代謝の改善」「メンタルの安定」などの効果があります。
  • アクティブレストのオススメの方法として、「ウォーキング」「ストレッチ」「ヨガ」などがあります。

アクティブレストとは

アクティブレストとは、疲労しているときに、あえて体を軽く動かすことによって休養する方法のことです。

疲労している時に、あえて体を動かすことで、血流が改善します。すると、血流に乗って「酸素」や「栄養」を全身に届けてくれるのです。また、血流が改善すると、疲労物質も効果的に排出されて、疲労回復の効果が得られます。

パッシブレストとは

パッシブレストとは、疲労しているときに体を動かさない「安静」「休養」「睡眠」などの方法のことです。

疲労しているときに、少しでもエネルギーを使わないようにして、筋肉などを休めることによって、体を回復させる方法です。
「アクティブレスト」(積極的休養)に対して、「パッシブレスト」(消極的休養)と呼ばれています。

アクティブレストの効果

1.疲労回復

アクティブレストでは、体を軽く動かすことによって、全身への血流が良くなります。

すると、血流に乗って「酸素」や「栄養」を全身に届けてくれます。また、筋肉をほどよく刺激することで、硬くなった筋肉がほぐれます。さらに、血流の巡りが良くなり、疲労物質も効果的に排出されます。
以上から、アクティブレストによって、疲労回復効果が期待できるのです。

2.代謝の改善

アクティブレストを習慣にすることで、継続的に軽い運動ができるようになります。

運動する時間が少しでも長くなることになり、何もせずにいるよりカロリーが消費されることになります。さらに、アクティブレストによる軽い短時間の運動によって、運動習慣がつくことにもつながります。
運動をする体質となり、代謝の改善にもつながるのです。

3.メンタルの安定

アクティブレストのような軽い運動は、メンタルの安定にも役立ちます。

軽い運動をすると、「セロトニン」という脳内物質が分泌されます。
この「セロトニン」という物質は「幸せホルモン」とも呼ばれており、心のバランスを保つ役割を持っています。
アクティブレストによって、不足した「セロトニン」が分泌されて、自律神経のバランスを整えたり、イライラやストレスを改善させたりして、「メンタルの安定」につながるのです。

アクティブレストの方法

1.ウォーキング

「ウォーキング」は、気軽にできる有酸素運動でありオススメです。

日々の生活の中で、通勤のときに一駅前で降りていつもより歩く距離を長くする、積極的に階段を使うなど、意識して運動を取り入れるようにしてみてはいかがでしょう。
また、休みの日こそ、散歩やショッピングなどに出かけて、歩く距離をかせいでみましょう。

「ウォーキング」に慣れてきたら、軽い「ジョギング」を行ってみましょう。
ただし、アクティブレストでは、息が上がらない程度の軽い強度で行うようにしましょう。
運動に対する負荷は人それぞれあるため、無理のない強度で、余裕を持って続けられるテンポやリズムを意識しながら取り組みましょう。

2.ストレッチ

ストレッチによって、凝りかたまった筋肉を伸ばすようにしましょう。

とくに、デスクワークなどでは、頭や目はフル活動していても、足腰などの筋肉は同じ状態のままでいると固まりやすくなります。
定期的に「背伸び」をしたり、立ち上がって「足腰」を伸ばしたりして、積極的に体を動かして伸ばすようにしましょう。
また、座りながらでも出来るストレッチとして、手で「つま先」をつかむようにする動きは「ももの後ろ」が伸ばされてオススメです。
是非とも日常にストレッチを取り入れてみてはいかがでしょう。

3.ヨガ

ヨガには、ストレッチ効果に加えて、呼吸を整えることで心身ともに安定することにつながります。

ヨガのポーズで、体が伸ばされることで血行が改善します。また、筋肉がほどよく伸ばされることでストレッチ効果があります。さらに、呼吸を整えることで、自律神経のバランスが整い、心身ともに安定させることができます。
ヨガでは、無理をせずに「気持ちいい」と感じる程度の強度でおこないましょう。

まとめ

  • アクティブレストとは、疲労しているときに、あえて体を軽く動かすことによって休養する方法のことです。
  • アクティブレストには、「疲労回復」「代謝の改善」「メンタルの安定」などの効果があります。
  • アクティブレストのオススメの方法として、「ウォーキング」「ストレッチ」「ヨガ」などがあります。

今回は、「アクティブレスト」について説明しました。

日々の立ち仕事やデスクワークなどで、同じ姿勢でいると、筋肉は凝り固まってしまうものです。
休養しているにも関わらず、だるさ・肩こり・腰痛などが解消されない場合には、「アクティブレスト」を取り入れてみてはいかがでしょうか?

疲労が回復して、スッキリした状態で心身ともに整うようになるでしょう。
仕事のパフォーマンスは上がり、充実した時間を過ごすことがきっとできるはずです。

この記事によって「アクティブレスト」についての理解が深まり、一人でも多くの人が健康的に日々の生活を送れるようになることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です