「新型コロナウイルスワクチン」の副反応について

結論ですが

新型コロナウイルスのワクチンの接種によって、副反応が起こる場合があります。

この記事は「新型コロナワクチンを受ける人」に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「新型コロナウイルスワクチンの副反応」についてわかります。

「新型コロナワクチン」を接種しようと思いますが、色々と知りたいです!

このような意見にお答えします。

日本だけでなく世界的に流行している「新型コロナウイルス」
「新型コロナウイルス」のワクチンが開発されて、大規模な接種がすすめられています。
高齢者・妊婦・持病がある人などさまざまな人へ接種をすすめています。

実際、「新型コロナワクチン」を接種したいですが、副反応が心配です!

ということで、今回は「新型コロナウイルスワクチンの副反応」について説明します。

この記事のまとめ

接種部位の腫れ・痛み

新型コロナウイルスワクチンの接種によって、「接種部位の腫れや痛み」の副反応が起こる場合があります。

これは、接種部位にワクチンに含まれる成分に対して、炎症反応が引き起されて起こります。接種部位が赤く腫れて痛くなります。

接種部位の腫れ・痛みに対して、局所を冷却したり、解熱鎮痛剤を使って対応します。

発熱・倦怠感・悪寒

新型コロナウイルスワクチンの接種によって、「発熱・倦怠感・悪寒」の副反応が起こる場合があります。

ワクチン接種によって、体内で免疫反応が起こります。すると、「発熱」したり、全身がだるくなる「倦怠感」がおこったり、寒気がする「悪寒」(おかん)などの症状が引き起こされます。
「発熱」に対して、冷却したり、解熱鎮痛剤を使って対応します。

頭痛、筋肉痛・関節痛

新型コロナウイルスワクチンの接種によって、「頭痛、筋肉痛・関節痛」の副反応が起こる場合があります。

「頭痛、筋肉痛・関節痛」に対して、解熱鎮痛剤を使って対応します。

発疹・かゆみ

新型コロナウイルスワクチンの接種によって、「接種部位の発疹やかゆみ」の副反応が起こる場合があります。

「接種部位の発疹やかゆみ」に対して、局所を冷却したり、抗ヒスタミンやステロイドの軟膏を塗ったりして対応します。

アナフィラキシーショック

新型コロナウイルスワクチンの接種によって、「アナフィラキシーショック」の副反応が起こる場合がごくまれにあります。

これは、ワクチンに含まれる成分に対して、過剰な免疫反応が引き起されて起こります。

全身に発疹ができる、呼吸が苦しくなる、血圧が下がる、意識が消失するなどの症状が起こります。命を落とす可能性のある状態なので、その対応は一刻を争います。

なお、治療は「全身状態の管理」(呼吸・循環器などの管理)に加えて、「アドレナリン」「抗ヒスタミン」などの治療薬、再発予防の「ステロイド」の投与など行われます。

まとめ

今回は「新型コロナウイルスワクチンの副反応」について説明しました。

世界的にも大規模に新型コロナワクチンを接種しており、安全性に関するデータが集まってきております。

世界的に「新型コロナウイルスのワクチン接種」を全面的にすすめております。
人類が、このかつてない感染症による危機を乗り越える切り札となるかと思います。

この記事によって「新型コロナウイルスワクチンの副反応」の理解が深まり、一日でも早く感染が終息することを願っています。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です