ワクチンの接種間隔は?

結論ですが、
ワクチンは、「生ワクチン」「経口生ワクチン」「不活化ワクチン」「mRNAワクチン」などあり、それぞれの種類によって接種間隔は異なります。

この記事は「ワクチン」について知りたいヒトに向けて書いています。
くすりの疑問・悩み・不安などが解決できればと思っています
この記事を読むことで「ワクチンの接種間隔」についてわかります。

ワクチンを接種しますが、どのくらい接種間隔を空ければいいですか?

このような疑問にお答えします。

新型コロナウイルスの影響もあって、非常に注目を浴びている「ワクチン」です。

これからの季節では、「インフルエンザワクチン」だったり、
婦人科では、「HPVワクチン」など実にさまざまなワクチンを接種するか悩むでしょう。

では、ワクチンの接種間隔はどのようにすればいいのだろう?

ということで、今回は「ワクチンの接種間隔」について説明します。

この記事のまとめ

1.ワクチンの接種間隔(異なるワクチン)

ワクチンは、「生ワクチン」「経口生ワクチン」「不活化ワクチン」「mRNAワクチン」などあり、それぞれの種類によって接種間隔は異なります。

(厚生労働省HPより抜粋)

注射生ワクチン

はじめに「注射生ワクチン」を接種した場合には、次に「他の種類の生ワクチン」を接種する場合には、「27日以上」の間隔をおかなければなりません。
ただし、次に「経口生ワクチン」「不活化ワクチン」を接種する場合には接種間隔に制限はありません。

経口生ワクチン・不活化ワクチン

はじめに「経口生ワクチン」や「不活化ワクチン」を接種した場合には、次のワクチン接種する場合、とくに接種間隔に制限はありません。(他の種類の「注射生ワクチン」「経口生ワクチン」「不活化ワクチン」において)

「mRNAワクチン」

mRNAワクチンの代表である「新型コロナウイルスワクチン」では、他のワクチンを使用する場合には、前後13日以上の間隔をあける必要があります。

2.ワクチンの接種間隔(同じワクチン)

同じワクチンの接種を複数回受ける場合には、ワクチンごとに決められた間隔を守る必要があります。定期接種における代表的なワクチンについてみていきましょう。

HPVワクチン(4価)

(国立感染症センターHPより抜粋)

2回目の接種は、1回目の接種から「1ヶ月以上」(標準では2ヶ月)あけて接種します。
3回目の接種は、2回目の接種から「3ヶ月以上」(標準では1回目の接種から6ヶ月以上)あけて接種します。

※小学6年から高校1年生

インフルエンザ(季節性)

(国立感染症センターHPより抜粋)

2回目の接種は、1回目の接種から「2-4週間」(4週が望ましい)あけて接種します。

※生後6ヶ月以上13歳未満

麻疹風疹(MR)

(国立感染症センターHPより抜粋)

1回目の接種は、「1歳以上2歳未満」に接種します。
2回目の接種は、「5歳以上7歳未満」に接種します。

3.ワクチンの種類

注射生ワクチン

  • 麻疹風疹(MR)
  • 水痘
  • BCG
  • おたふくかぜ

経口生ワクチン

  • ロタウイルス

不活化ワクチン

  • インフルエンザ(季節性)
  • HPVワクチン
  • B型肝炎
  • ヒブワクチン

mRNAワクチン

  • 新型コロナウイルス

まとめ

今回は「ワクチンの接種間隔」について説明しました。

さまざまなワクチンを接種する場合、接種する間隔をしっかりと意識する必要があります。
また同じ種類のワクチンを何回か接種するときにも、接種間隔を守る必要があります。

ワクチンの接種間隔を守って、より安全にワクチンを受けるようにしましょう。

ワクチンの接種間隔についてわからない時は、この記事を参考にしていただければ幸いです。

この記事によって「ワクチンの接種間隔」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立って頂ければ幸いです。

「宮の沢スマイルレディースクリニックホームページ」
https://www.miyanosawa-smile-lc.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です