新型コロナウイルスの女性への影響【国連政策】

結論ですが

新型コロナウイルスの流行によって、女性・女児に対するさまざまな影響があります。

この記事は「健康に関心のある人」に向けて書いています。
健康に関するさまざまな疑問・不安・悩みなどが解決できればと思っています。
この記事を読むことで「新型コロナウイルスの女性への影響」についてわかります。

新型コロナウイルスの世界的な大流行にともなって、世界のあらゆる場所にとても大きな影響が及んでいます。

具体的にどのような影響があるかというと、目に見えるもの、見えないもの、あらゆる影響を与えており把握しきれないです。

ウイルス感染による「健康への影響」だけでなく、感染予防策にともなう「自粛」による「経済的な影響」、自粛にともなう「行動の変化にともなう影響」など様々な影響があります。

そんな中、国際連合(国連)で「新型コロナウイルスの女性への影響」が発表されました。

とくに、国際的に性別による格差のない「ジェンダー平等」を目指しております。

新型コロナウイルスの流行によって、もともとあるジェンダーの不平等をさらに拡大されています。「健康」「経済」「安全」「社会保障」に至るあらゆる領域において、女性に対してとくに影響が及んでおり、ジェンダー格差は拡大しています。

ジェンダー平等を目指す観点で、国際連合による「新型コロナウイルスの女性への影響」について発表されており、今回紹介していきたいと思います。

この記事のまとめ

1.経済への影響

女性および女児は、一般的に収入や貯蓄が少なく、不安定な仕事についていたり貧困な生活をすることが多いです。新型コロナによる経済的な悪影響をとくに大きく受けます。
収入が低い女性では、男性にくらべて、経済的な影響を吸収する余力が小さいです。また、女性は家庭における役割の中心を担っていることが多く、人員削減や解雇による影響を受けやすいです。
さらに、最初の解雇はとくにサービス業で多く行われており、女性の従業員が多い「小売り」「接客」「観光」といった業種が含まれています。
女性は、新型コロナによる経済的な悪影響をとくに大きく受けているのです。

2.健康への影響

新型コロナによる影響によって、女性および女児は、治療や医療サービスを受けるのがより難しくなる可能性があります。
女性には「月経に関連した症状」や「婦人科の病気」などの女性特有の健康問題を抱えます。また、リスクの高い「妊娠・出産」にともなって病気が起こった場合に、医療にアクセスできない可能性があります。
さらに、世界の医療従事者の約70%が女性です。とくに「看護師」「助産師」「コミュニティヘルスワーカー」といった最前線で働く医療従事者のほとんどは女性です。女性がコロナウイルスにさらされる可能性が高くなっています。
新型コロナによる影響によって、女性は医療にアクセスできない可能性があったり、コロナウイルスにさらされる可能性が高くなっているのです。

3.無償ケア労働への影響

新型コロナによる影響によって、女性および女児による目に見えない「無償ケア労働」の上に世界経済や我々の日常生活が成り立っていることが明らかになってきています。
新型コロナによる影響によって、子供たちが保育園・幼稚園・学校に通えなくなったり、高齢者や病気の家族を、家庭においてケアする必要性が増えてきました。また、働いている人も在宅ワークにシフトすることが多く、いわゆる「おうち時間」が増えています。それにともなって、家の中で中心的に働く女性にかかる「無償ケア労働」に対する負担は増えているのです。

4.ジェンダーに基づく暴力の増加

新型コロナによる影響によって、女性および女児に対する暴力が増加しています。
新型コロナによる影響による「経済的」「社会的」ストレスが増しており、人との接触や移動の制限が行われる中で、女性および女児に対する暴力が増加しています。
しかも、「人の密集した家庭」「薬物乱用」が増えてきており、「各サービスへのアクセス」が制限され、「ピアサポートの減少」などによって、こうした状況はさらに悪化しています。
さらに、「おうち時間」が増えていることで、虐待者とともに家庭内に閉じ込められている構造になっています。
新型コロナによるこうした影響によって、女性および女児に対する暴力が増加してきているのです。

5.人道的および脆弱な状況における影響、人権への影響

新型コロナによる影響によって、脆弱であったり、紛争の被害を受けたりといった状況にある女性および女児に、壊滅的な危険をもたらしています。
日本において想像つかないかもしれませんが、世界には、政治体制が不安定であったり、紛争が行われている地域などがあります。
不安定な地域において、警察や治安部隊の移動が制限されると、性暴力やジェンダーに基づく暴力、殺人などが増えてきます。こうした地域で被害を受けやすいのは女性・子供などの社会的な弱者です。
新型コロナによる影響によって、脆弱であったり、紛争の被害を受けたりといった状況にある女性および女児に、壊滅的な危険をもたらしているのです。

まとめ

新型コロナウイルスの世界的な大流行にともなって、世界のあらゆる場所にとても大きな影響が及んでいます。
「健康」「経済」「安全」「社会保障」などあらゆる領域において、影響が及んでいます。
多くの人が影響を受けていますが、とくに女性および女児に対して影響に負担が重くかかっています。
新型コロナ感染によって、もともとあるジェンダーの不平等をさらに拡大されているのです。

ジェンダー平等を目指す観点で、国際連合による「新型コロナウイルスの女性への影響」について発表されており、深く考えさせられます。

国際連合では、「新型コロナウイルスの女性への影響」に対する政策をすすめているようです。

上流での政策が、一般人の目の前の生活が改善されるには時間がかかります。
多くの人にとっては、自分の目の前に起こっていることに対して必死だと思います。それは男性であろうと女性であろうと変わらないかと思います。
ただし、女性に負担がかかりやすくなっているという社会的な構造はあります。
ジェンダー格差が少しでも和らぐよう一人一人が考えて、行動して欲しいと願っています。

この記事によって「新型コロナウイルスの女性への影響」の理解が深まり、一人でも多くの人に役立つことを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です